【 駄々っ子将棋卒業法 】

棋力に自信が持てない 繊細で忍耐力がない

それでも 王道将棋に取り組み 激辛将棋を身に付ける方法

( 将棋倶楽部24のような ネット将棋で強くなりたい方向けです )

 

 

01.1日5局未満にする

 

1局指すごとに、疲れとストレスが溜まります。

 

将棋倶楽部24でのレーティング対局の場合

同レートの人と5局対局して

 

5勝0敗で 80-00 で プラス80

4勝1敗で 64-16 で プラス48

3勝2敗で 48-32 で プラス16

2勝3敗で 32-48 で マイナス16

1勝4敗で 16-64 で マイナス48

0勝5敗で 00-80 で マイナス80

 

うーん 1つごとの点差が

大きいような小さいような ・ ・ ・

 

5局指すことで疲れとストレスだけでなく

消費・浪費した時間も、かなりのものとなります。

 

負けたことで気分が悪くなり

レーティングが下がったことで低評価を与えられ

さらに イライラカリカリしてしまいます。

 

たとえ5連敗でも ガマンしてその時点で打ち切る

「(これ以上指しても アツくなって 勝ち目はないなぁ)」

 

 

 

冷静になるのが一番ですよね

 

 

 

【 編集後記 】

 

 

インターネットでの対局で

1日5局指した場合 5連続で指し続けます?

それとも 合間に休憩を入れながら指してます?

 

負けた場合 プチっと来て そのまま連続対局に入る

勝った場合でも 勢いを失くすと負けそうだから そのまま指す

 

気分転換を対局中に入れられるといいのですが

早指しの場合 持ち時間がないですよね?

 

 

対局時の イイ息抜き方法があったら 教えてくださいねー

 

 

 

02.指さない日があっても構わない

 

『 健康のため指し過ぎに注意しましょう 』

 

ネット将棋で 不摂生生活や夫婦喧嘩が絶えない

将棋を知らない人にとっては 「 んなアホな・・・ 」 ですが

 

健康を害しそうになるくらい指したことを

一度は やったことがあると思います。

 

ネット中毒ならぬ ネット将棋中毒

毎日 指さなければ 気が済まない

 

ガッツリ指して当たり前 指さないなんて考えられない

しない人には「 分からんなぁ 」 な 世界ですよね

 

将棋倶楽部24で 多数局指してみて

終わってみれば 前日と同じ点数

 

 

『 何も変わらないなら 指さなければいい 』

 

 

いや まぁ そうなんですけど・・・ 指したくない?

それなら 1日1局のみで 完全真剣勝負は いかがですか?

 

 

 

【 編集後記 】

 

1日1局で と 決めて指してみて・・・

勝てばいい 勝てばいいんですけど 負けるんです

 

これがまた 何とも悔しくて 指したくなるんです

真剣に指しているのに 気が抜けて見落として負ける

 

切れモードに入りそうになるんですけど

そこをガマンして その時点で打ち切る

 

 

「 よし! 今日は打ち切って ガマンできた 」

 

 

この冷静さが将棋にも活かせるときがいつか来る(かも?)

 

 

 

03.1週間に1局でも勝負勘は消えていかない

 

対局を1週間に1局にしても 勝負勘は消えていきません

ホントかな? と 思うんですけど あまり鈍らない気がします

 

聞いた話なんで 根拠は?と言われると困るのですが

個人差はあると思います

 

テキトーに指して やさぐれて

点数ガタ落ちになった人が 荒れた将棋を毎日指す

 

真剣に取り組んでいる人は

1週間に1局だけ 時間を掛けてじっくり指す

 

 

どちらが身になると思いますか?

 

 

テキトーくんは テキトー対局を1ヶ月に 約100局

真剣勝負さんは 真剣勝負を1ヶ月に 約4局

 

 

どちらの中身が濃いと思いますか?

 

 

 

身になる中身の濃い将棋を指したいと思いません?

 

 

 

【 編集後記 】

 

実は 自分のために書いているでしょ?

「 はい、もちろんです 」

 

時間も点数も無駄にしたくないですし

同じように やさぐれて困った経験がある

 

そのような人のために 読んでもらいたいなぁ

と 思って 書いてみました

 

 

上を目指して 実践して

実際に 到達するにはどうすればいいか?

 

 

自分で考えたことをまとめてみて それを読み返して

その都度 反省材料を見つけて 見つめ直せば いいかも?

 

 

 

04.戦型を知り尽くしているなら堂々と指す

 

初手56歩とか 早石田って うっとーしくないですか?

 

インターネットの将棋で 相手が見えないからって

好き放題 やり放題指してんじゃないの? と 思いません?

 

ある点数の層を超えると

そういう将棋を指す人が極端に減ります

 

 

最も多い層が 初段から2級当たり・・・

 

 

指すのが 楽しくてしょうがないのか

振り回して勝つのが 楽しくてしょうがないのか

 

どちらでもいいのですが

やられている方は 終始 気分がよくない

 

実際に 相手が目の前にいる対局でも

そういった将棋をする人が多い層なので

 

その地点を通り抜けるには

そういった戦型を知り尽くす必要が出てきます

 

知り尽くすと振り回されることなく

対処することができるようになります

 

 

その戦型の結論 と てん末は知ってますよー と

手の内を知り尽くしていると言わんばかりに堂々と指す

 

棋理に反している指し方の場合

まっすぐ対処されると 実際 手詰まりになって困ります

 

時間がないから 相手が見えないから

好き放題やっているのか・・・と モメてはダメですよ

 

 

【 編集後記 】

 

奇襲大全 や B級四間飛車の達人

読んでいて 楽しいですよね

 

たまには使いたいけど 指す機会がない

だからネットでね・・・ なるほどー

 

勝てばいいんですけど

指された人の身にもなって欲しいなぁ

 

たまの1局がそういった将棋に巻き込まれると

勝っても負けても もう1局指したくなりますよね

 

 

・・・でも 我慢です

 

 

05.通常の序盤で大丈夫

 

負けが込むと どう指していいのかわからなくなる

何をやっても勝てない場合 奇襲や奇法を使いたくなる

 

指し慣れてなければ

振り回したところで負けますよね

 

アツくなっていると どうやっても勝てない

よくない相手に 当たっても勝てない

 

居るんですよね

特定の形のみ 実力以上の力を発揮する人って

 

弱り目に祟り目 ・ ・ ・

みたいなことに なる人はなります

 

それでも結局 勝つ状態に戻るには

普通どおり 普段通り 通常の戦型で

通常の駒組み・序盤で勝てるようになります

 

 

日を改める 気持ちを落ち着ける

今日なら大丈夫という日まで 指さない

 

 

そして 普通の形で指す

 

 

強い人は変わったことはしていませんよね?

 

 

 

【 編集後記 】

 

ゴキゲン中飛車が一戦型になりましたね

5筋位取り中飛車という響きが古く感じます

 

角道を開けたままの振り飛車も 普通のことになり

力戦型が体系化されることも 情報化時代の賜物ですね

 

歳をとると ついていけなくなるじゃないか ・ ・ ・

 

 

 

06.振り飛車はできるだけ指さない

 

参考程度に読んでください

 

言われたんですよねー 振り飛車は指すなって

意味が分かる方は 将棋に関わった時期が古い人かもしれません

 

変化が少ないから 巻き込まれにくい

落ち着いて 駒組みに専念できる

玉が堅くて 戦場から遠い

 

駒がぶつかってからも 変化が少なくて楽

読みが複雑にならないから 時間を消耗しない

 

 

『 強くなるための力が付かない 』

と 思われていたのでしょうか?

 

 

実際に言われてたんですよねー

「 振り飛車みたいなもん指すから 強くならん 」

 

 

初手から緊張感を持たなくていい状況が

スイッチの入りが遅いとか 読みが充実しない

 

そういった言い分があるのでしょうか?

 

 

 

【 編集後記 】

 

角道を開けたままの振り飛車を指していると

初手から緊張感で充満しているのですが ・ ・ ・

 

時代も変わりましたよね

 

 

 

 居玉のままで 超・緊張。。。

 

 

 

07.得意形に限らず自由に指していい

 

得意戦法を持っていると

無理やりその戦型に持っていこう

その戦型でないとモヤモヤして落ち着かない

 

別の意味で 不安を持ったりしませんか?

 

 

定跡に詳しいなら自由に指しても

どの形を指しても それなりの形に収まります

 

 

『 指し回しが分からない ・ ・ ・ 』

 

 

うん・・・そうです そうなんですけど・・・

対得意形決め打ちでヒドイ目に遭ったことはないですか?

 

 

「( あ・・・ これは 決め打ちで狙われてる )」

そう感じた時点で 回避する手順を選ぶようにしてください

 

 

 

【 編集後記 】

 

こだわることで 自分で自分に 拘束される

「 コレ以外 できないんだよねー 」

 

駒落ちを憶えさせられたときに

いろいろと憶えさせられませんでしたか?

 

昔は 将棋大観

今では 駒落ち革命 プロに勝った など

 

駒落ちを指すことで 自然にいろいろな囲いや

いろいろな攻め方や戦型を憶えることになります

 

上手番を持つとバランス感覚も身に付きますよね

 

 

たまーに 読み返すと

おもしろい発見に出逢うかもしれませんよ

 

 

 

08.相手にしぶとさを伝えるように指す

 

どうしても投了しないといけない場面は別にして

まだまだ粘る余地がありそうなときも投げてしまう

 

投げっぷりが良過ぎるのもどうかと思います

 

不利な将棋を指し続けるくらいなら

一から指し直せばいい めんどくさいし・・・

 

相手の方ももちろん思っていますよ

「 はよ 投げろよ・・・ 」って

 

それでも指すうちに芽が出てきたりします

「 もしかして まだイケるかも? 」

 

中盤での均衡場面がずっと続くときや

少しだけ有利なんだけど押し切れないときに

 

しぶとい手を指されることがあって

「( うわ~ この将棋長くなりそう・・・ )」

と思ったことはありませんか?

 

コレ 指される側に回ると迷惑なんですけど

指す側に回ると案外自分自身が見えてきたりします

 

 あ・・・こういう踏ん張りが利かないのが

 自分の弱いところなんだなぁ

 

ホントね リスクもないし投げたいし

投げた方がラクなんですけど ・ ・ ・

せめて 見込みがなくなるまで指す

 

このくらいは指してみたくないですか?

 

 

 

【 編集後記 】

 

『 端一本で勝つ 』

 

対振り飛車での対局で どうしようもなくなって

端攻めしか頼るところがなくて 端攻め一本で勝つ

 

相手し過ぎて負けた有利な方が悪いんですけど

囲いの急所なので しょうがないですよね

 

普段 もぐってるから 端攻めできないんだけどね

( でも 99 11には 棲んでません )

 

 

 

09.1局ごとに整理するために詳細に記帳する

 

1局ごとに 戦型・ひとり感想戦後のメモを整理して

2行くらいの書き置きをつくります

 

何手目○○→○○ 詰み 逃がす など

 

手帳の誰も読まない部分などで

まとめて読み返すことができるように

一か所に固め書きしておくと便利です

 

イヤーな将棋を指した後

続けて指したいような 指したくないような感じになりません?

 

そんなときに事務的・機械的に読み返してみると

将棋における『 あの日あのとき 』 が 回想されます

 

あー あのとき

この形の対策 って 書いてるわ

( やってないまま 同じ負け方してる )

 

あのときの棋譜に 対策があるとか

忘れていた書籍の内容とかも思い出せるかもしれませんよ

 

 

 

【 編集後記 】

 

強くなるためにやっておくことって

どれだけあるのかなぁ ・ ・ ・

 

コレが書くためのきっかけになっています

 

思考総整理のついでに

趣味の分野でも書き切ってしまおう

と思い立って はや 数ヶ月が経ちます

 

 

趣味に関してのことって 書きやすい分野かも?

 

 

 

10.負けるわけがないと思って指す

 

自信があって淡々と指すのも 一理

気合を乗せて指すも 一理

 

「( まるで 勝てる気がしない )」

それでも マウスを放さないのは なぜ?

 

惰性で指しても 時間の浪費にしかならないのに

他にやることがないから そのまま負け続けてしまう

 

 

「( 指さなければよかった・・・ )」

 

 

他人の将棋を観戦するか 棋譜をながめ直すか

参考棋譜を見続けるか で 距離を置いてみる

 

 

 

 マウスから手を離せば

 それ以上は負けないから・・・

 

 

 

【 編集後記 】

 

インターネット将棋で他人の将棋の観戦を続けるほど

おもしろくないことはないなぁ ・ ・ ・ と 思ってました

 

自分の手と強い人の手が一致するかどうか

一緒にウンウン考えながら観るのがいいらしいです

 

強い人は なぜ 当たり前の手を時間一杯考えるのか

謎の手が 何手後に理解できるようになるのか

 

自分に『 ない 』 指し回しを目にすると

強くなった気がしません?