41.今の世相は自分の能力への疑念がつくり上げている

 

巷(ちまた)の噂という その人の話を信じ込んでしまう

( 信じる・信じない は ホントに自分勝手でいいのに・・・ )

 

『 今は起業の時代 』『 雇われない生き方が大流行 』

『 これからは 一つくらい資格 は 持っていないとね 』

『 フリーターは 何もしていない 単なるヒマ人 』

 

『 埋もれたくなければ 必死になれ! 』

『 売れるモノを売らないと 売れない人になる 』

『 あなたが居なくても 代わりはいくらでも居る 』

 

信じる・信じないは ホントに自分勝手でいいのに

自分自身に( 自分勝手に )刺さる言葉はありましたか?

 

 反応したくなくても 反応してしまうのはなぜ?

 

自分自身の欠損 を その言葉で埋めてしまうのが

今の自分にとって『 ちょうどいい 』 から 目一杯ハマる

( その人にとって は ドハマりな状態 )

 

 ハマった後 実際の行動・実行に

 移すことができるかどうか・・・に疑問符が付きませんか?

 

自分自身の欠損 を その言葉で埋めてしまうのが

今の自分にとって 別の『 ちょうどいい 』がハマります

 

 よくよく考えると 必要ないものに 手を出している

 よくよく考えると 必要ないものに 気を取られている

 

よくよく考えないといけないことを 拒否しているのは なぜ?

 

『 フリーターは 何もしていない 単なるヒマ人 』

 

これを例に掲げていきます

( 他の語句にある何らかの背景は読み取ってください )

 

 ・ 単なるヒマ人 とは 思われたくない ( 拒否 )

 ・ 何もしていない人 には なりたくない ( 拒否 )

 ・ フリーターであることに 自分では懲りている ( 後悔 )

 

『 忙しくしよう / 何かはしよう / 今のままではいけない 』

 

 具体的ではない 間接的な自己批判に対して 動揺して焦ってしまい

 充分に考えられない状況で 後ろめたい感情をつかまれてしまった

 ( と思われたくもないので 自分から対象をつかみに行った )

 

対策は 後ろから解釈すればいいですよね?

 

 自分自身の後ろめたい感情を解体する

 充分に考えられる状況をつくり出す

 具体的な批判かどうかを考え直す

 

自分自身の急所を他人にエグられないでくださいね

 

 

【 編集後記 】

 

ついつい意識して ある人を二度見してしまう

無意識に反応して 振り返って 手を振ってしまう

 

「 わたしは その人のことを 何とも 思ってなーい 」

( 過剰反応して 否定して 音信不通になって 後悔する? )

 

 ウソを見抜いてほしいのか ウソを見抜いてほしくないのか

( 相手の生活状況を考えて 残酷無残に 蹴落とすのか!? )

 

男女・年齢・世代観・倫理観で 考え方が変わるんでしょうねー

 

 

 

42.何年持つかを考えながら行動する

 

業を起こして すぐ お客さんが 来ることはないです

業を起こして すぐ 安泰が 手に入ることもないです

 

 だいたい半年くらい ・ ・ ・ 無給生活でも大丈夫かなぁ

 2年 無給生活に耐える状況をつくっても 危険な人は危険です

 

『 すぐ足が止まる なかなか一歩目が出ない 』

 

それまで 時給労働者としてしか 生活をしていない人が

たくさんの人と渡り合うようになるまで どれだけの時間を要するのでしょう?

 

『 環境変化への慣れ 頭脳の転換 』

 

起業した人としての考え方・行動の仕方に入れ替わるまで

どれだけの時間を要して どれだけ無給に耐えられるのでしょう?

 

 ハッキリ言ってしまうと へこむ機会が異常に多いです

 

どれだけ世間を知らないのかにも 気付かされますが

自分に自信を持ち切るまでの期間だけ 金銭が必要になります

 

( 1ヶ月の生活費 × 自分に自信を持ち切るまでの月数 )

・ ・ ・ で 済まないのが 実際の起業後の生活です

 

ホントは お金をそんなに使わなくてもいいんですけど

よく分からないところに足を踏み入れたり 浪費したりします

 

 得るものがある会合もあれば 得るものがない会合もあります

( 選ぼうとしても こればかりは 何とも言えないところがあります )

 

そのときどきの自分に合った位置が 次々変わる時期だと

消えていくお金の額面も予測できないんですね

 

 無給生活3年分は事前につくっておいてください

 ・ ・ ・ いくら?

 

( 12万円×36ヶ月= ・ ・ ・ )

 

 

【 編集後記 】

 

値段が高ければいい催し事だろうと行ってみて

ボッタくられただけだった ・ ・ ・ 人も居ると思います

 

自分が下心を持っているかいないかですが

下心があるうちは どこにも出かけない方がいい気がします

 

安値の会合に 一回行ってみて その人たちと話してみて

得るものがあったかどうか 考えてみる

 

なければ 高値になったとしても おそらく

得るものがないだろうと 見積もりをしてほしいんですね

 

 通常『 金銭なりの 』得るものがあります

 

 

 

43.絶対的な自信ではなく覚悟ができなければ降りたほうがいい

 

自信があっても できない人って できないんですよねー

 

「 起業して成功する自信はあるの? 」「 あるよ 」

「 起業しないの? 」「 しないよ 」

「 何で? 」「 失敗したくないから 今のままでいい 」

 

自信という単語の意味を教えて欲しいくらいです

 

自信 : 単語の意味 )

 自分で自分の能力や価値などを信じること

 自分の考え方や行動が正しいと信じて疑わないこと

 自己を信頼する心

 

自分の能力や価値を信じて 考え方や行動が正しいと信じて疑わなくて

自己を信頼しているなら 起業すればいいのにと思うかもしれないですが

起業したくない人に 起業すればと言ったところで 動くわけないですよね

 

覚悟 : 単語の意味 )

 悪い事態(に多大な努力がいるの)を予測して心の準備をすること

 迷いを去り道理を悟ること

 

 危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して

 それを受け止める心構えをすること

 

危険・不利・困難を想定して先回りした上で

それでも何かあったときに受け止めることができる なら

起業しても大丈夫なんじゃない?

 

 失敗したくないから 今のままでいい という

 確信的な自信を持っていることが正解かもしれない

 

自信よりも覚悟の意味が分からないかもしれないですが

鳴かず飛ばずが3年続いても 身も心も折れないなら大丈夫です

 

『 起業って そこまで 芽の出ないものなの? 』

( 危険・不利・困難を どの次元で想定するかです )

 

自分の能力を信じていても 危険・不利・困難が

降ってこないわけないですよね

 

 起業生活を送る上で どんな危険・不利・困難が

 降ってくるかを どこまで事前想定できますか?

 

どこまでも 事前想定して 解決策を出してみて

それでも 危険・不利・困難は降ってくると考える

 

 「 そのときは そのときでしょ 」

 と 前向きに 心構えしておいてください

 

 

【 編集後記 】

 

根拠のない自信だけでやっていける人も居る

過去の背景に やっていけるだけの下積みが隠れています

 

 希望的観測で起業すると 絶望的な実情に失望します

 

失望した後に 悪い事態を予測して受け止める

心構えができるよう立て直せると望みは持てますが

 

危険・不利・困難などが 降ってくることを

危険・不利・困難が 降ってきた後に想定して先回りする

 

 二次災害が起きそうな状況で 一次災害の処理をしながら

 二次災害と一次災害の解決に全力を尽くす力は残っていますか?

 

『 隠れた下積みを持っている分野なら・・・ 』

( それでも 希望的観測で突き進もうとしないでね )

 

 

 

44.一つに絞って砕け散るほうが危険

 

自分が取り組むことを 一つに絞り込んで

さらにその中の 一分野限定で 業を起こす

それが上手くいかなかった場合 潔くあきらめる

 

 失敗とは言わないまでも たくさんの失策を繰り返して

 失策からの気付きや修正の中で 業としての形が仕上がります

 

『 コマや弾が 一つしかない状況で 業を起こす 』

 

それなら 今の生活を続けながら余った時間で練り上げて

『 複業 』の形で 実践をした方がいいと思います

 

 「 今の生活から 降りるな! 」と 言っています

 

収入断絶がどれだけ心身に響くかは

降りないと分からないのですが

目安として書いておきますね

 

 時給1000円での労働で 収入が月17.6万円

 手取りで 残14万円ちょうどくらい

 家賃(一応5万円にします )を引いて 残9万円 

 食費を高めに 1日1000円 引いて 残6万円

 

 光熱費( 電気・水道・ガス・電話 )を

 2万円までに抑えてもらって 差し引き 残4万円

 

『 月4万円 が 最低貯金額 』

 

 無給生活3年分の費用が事前に必要だとしたら

 月12万円×36ヶ月 = 432万円

( 月4万円で108ヶ月ですよね )

 

アルバイトを9年続けて 無給生活3年で

成果が出なければ ・ ・ ・ 完全終了です

 

 その途中で コマや弾がなくなると もう事件です

 

自信と覚悟の違いが分かった今

それでも事件を起こしたいのかどうか ですよね

 

 

【 編集後記 】

 

売れない店で たくさんの売れないものを見て

その中で たまたま売れたものを見た

 

 たまたま売れたものを見ていく中で

 よく売れているものがあった

 

その よく売れているモノが売れるモノで

そのよく売れているものに 絞り込むと

成果が出るかもしれない

 

 売れない店だから 思い切りのいい

 そんな冒険みたいなことができるわけもなく

 結局 自信があるもので玉砕を繰り返す

 

もし仮に意思決定権が自分にあった場合どうします?

 

 その売れたものだけをピックアップして

 勝負をかける勇気と覚悟を伝えられますか?

 

「 どうせ玉砕するんだから 思い切ろう! 」

( とは ・ ・ ・ 言えない状況です )

 

意思決定権があるのに 最終権限はなかったりします

( 最終責任だけは取らされてしまう・・・なぜ? )

 

 

 

45.生活をラクにしたいだけなら就職した方が苦労しない

 

『 フリーター 起業 』 と 打ち込む人向けに書いていきます

 

フリーター・時給労働者として働いていると

早く生活をラクにしたいと考えると思います

 

 それでもどうにもならないから『 フリーター 起業 』

 と 打ち込み 今の自分に合った上乗せを考えようとします

 

今の自分に合った上乗せを考えているうちに

今の自分に上乗せをして就職した方が早く生活がラクになります

 

 同じだけの期間 頑張ってみて 3ケタの収入を得るのか

 希望の職業に就くことができるのか どちらが有益ですか?

( 3ケタとは 100円から999円のことを 言ってます )

 

かつては聞いただけでも いかがわしい

怪しいネットビジネスですが あまり抵抗ないですよね

 

 抵抗ない状況になっても いかがわしくて

 怪しいことには 変わりはないですよね

 

ところで『 フリーター 起業 』と打ち込むのはなぜですか?

 

 フリーターになったから 起業を決めるのですか?

 

起業して事業を軌道に乗せようとするうちは

準備期間を含めて 肩書きのない時給労働者でも構わない

 

 その方が 自分の時間を間違いなく確保できて

 空いた時間も自分のために 使いやすくなる

 

そういった自分の時間の使い方まで考慮に入れて

起業を決めているなら 別の単語が打ち込まれます

 

 余計な苦労をしたくなければ 就職をしてしまった方が

 自分自身も周囲の生活もラクになります

 

 

【 編集後記 】

 

ハッキリとしたことは書きたくないと言っても

ボカしたところで意味が通じないなら 厳しく書いた方が

ヘンに期待を持たせて引っ張るより いいですよね?

 

( おかしなことを思い付かなければ やってられない )

 

そんな肩書きがあっていいの? と 社会全体で考えて欲しい

・ ・ ・ 一般論しか 返ってこないですけどね

 

 

 

46.就職挫折したと感じているなら悔しさの根元とまっすぐ向き合う

 

『 就職失敗 フリーター 』

ブログのアクセス解析で たまにあった単語です

 

 就職活動の単なる延長戦に入るだけです

 

学卒無業 イコール ゲームセットの図式をどうにかしないと

これから非正規社会がどんどん加速していきます

 

「 正規労働者として働くこと自体に魅力があるのか? 」

 

 組織に所属する 業を起こして 生きていく

 何かのプロになって 実力で生きていく

( その他は思い付かないので 割愛します )

 

極論ですが 生涯賃金を何かの手段で 手に入れられれば

個人としては万々歳ですよね( ・・・違和感はあります )

 

 就職してふつうの社会人として 地道に活動していれば

 フリーターという文字を目にすることはありません

 

調べることも 熱心に読み込むことも ありませんよね

 

 調べてみて まともな情報に出逢えましたか?

 

学卒時との大きな違いは 情報量が圧倒的に少なくなり

既卒扱いで 経験者と同等の転職市場に放り込まれること

 

 勝てない勝負を挑まなければならない と

 勘違いさせられますが 動いてみないと分かりません

 

就職挫折して悔しいなら なぜ悔しいのかを

自分に 真正面から 問いただしてみませんか?

 

 「 なぜ フリーター生活をしているの? 」

 「 なぜ 就職活動を しないのですか? 」

 「 今の生活で 不満に感じること は? 」

 

今の生活の不満を 限りなく掲げてみてください

 

 すべてを撤収して就職活動に入る方が

 最終的に得になるかもしれませんよ

 

 

【 編集後記 】

 

どっちつかず に なって欲しくないですけど

どっちつかず に なるような文章を書いています

 

 自信を失くしたあとに どっちつかずの文章を目にすると

 鵜呑みもできないし 自力での判断もできなくなりますよね

 

起業するのか 就職するのか そのままなのか

( フリーター・時給労働者で居続けるのか )

 

 決めるだけなのに 決めることができなくて

 フリーター・時給労働者で居続けてしまう

 

居続けてもいいよ と 超・合理化抑制社会が

非正規労働者/フリーターで居続けることを歓迎している

 

 受給合致で 脱・肩書きへの抵抗心が薄れ消えていく

 

抵抗し続けたいなら 私生活時間を完全整理して

少しずつ 抵抗力を養っていってください

 

 

 

47.無難にソツなくでは立ち直れなくなり枯れてしまう

 

起業したいけど目立ちたくない 無難に起業したい

 

悪目立ちまでする必要はないですけど

無難に無難に を 考えていると機会ロスも増えていきます

 

どこかで強引でもいいから 機会を無理やりつかまないと

軌道に乗せるチャンスがなくなっていきます

 

『 金銭が枯れる・持ち時間が減る・意欲が消える 』

 

目の前の機会を見逃すことでも 一期一会がなくなり

出会えたはずの人と出会えなくなってしまいます

 

 気になる講座の申し込みが 年一回あって 

 今回は 時間がないから見送ろう!

 

もう少し 力も付いていて 恥ずかしくない自分で受講したい

そんな想いもあると思うんですよね

 

 一年後 気持ちが枯れていませんか?

 一年後 同じ講座があるのでしょうか?

 

自分をジャンプアップさせたいときに 飛ばない・・・

 

 飛ばなくていい 飛ぶほどのことをしたくない

 ブサイクなところを他人に見せたくない

 

何度も繰り返すと いろいろなことに 今さら感をおぼえて

立て直したいときに身動きできなくなります

 

 勉強して恥をかく機会は 何度でも与えてもらえるのですが

 恥をかいてまで勉強したくないし その姿を見せたくない

 

そんなこんなしているうちに 金銭的な体力が消え

意欲があっても 余力がなくなっていくわけです

 

 無難に過ごすと有り難いものに 出会えなくなる かも?

 

 

【 編集後記 】

 

『 「 ない肩書き 」 に 「 住む 」こと 』

しかも永住権が取れるかもしれないのは 不本意ですよね

 

 生き抜くことも可能で 社保完備なら

 厚生年金等の老後資産形成までしてくれる

 

これを広めたとしても 信じない人も居れば

全否定する人や批判・批評証明する人も出るかもしれません

 

 節制生活をして 時間のつかい方さえ うまくなれば

 認めてもらえるために あとは無限に行動すればいいだけ

 

それを 就職活動に生かすのか 起業後の業に活かすのか

自由に考えて 行動すればいいだけなんですよね

 

『 かしこい二重生活 』目指してください

 

 

 

48.起業するつもりで勉強を続ければ就職は可能

 

どういうことで業を起こして 生涯を生き抜いていきますか?

 

 この答えが出て 実際にその分野での勉強を続けて

 いろいろな人に会いに行き 話しをしていくうちに

 知識が増え 自分でも講座を開くことができるようになる

 

自分から目立とうとしなくても 勝手に角が立って

目立ちたくなくても 憶えられ一目置かれるようになります

 

 そこまで勉強する覚悟ができている

 そこまで実際に勉強して 実践に移している

 

これで分かってくれない会社があるとしたら

その会社の方がなくなればいい と 言っても

・ ・ ・ 言い過ぎではないですよね

 

 『 視点が違う 深みが違う 』

 問題点は 組織に居続ける器かどうか です

 

「 どうせ雇ってもらえない と あきらめていたので 」

「 事前予習のつもりで 頑張り続けていました 」

 

 業界の勉強は 勝手にしている

 会社の勉強は 面接時に読み込む

 

問題はどこまで 意識を高く持って行くことができるかです

 

 就職後にも勉強をしなければならないなら

 すでに その勉強は済ませていることになります

 

起業するつもりで勉強する覚悟ができたなら

その勉強時間は 何がどうあってもつくり出せますよね

 

 もし就職したくなったときは

 その時間すべてをシフトチェンジすれば

 就職活動時間に入れ替わります

 

万が一の時のための知識として 片隅に入れておいてください

 

 

【 編集後記 】

 

世の中そんなに甘くない どこのダレが言ったんだ?

世の中は甘い と ナメ切ったことも言えない

 

 真実は 誰にも分からないはずなのですが

 分かったように言う人は ホントに分かってる人?

 

冷静沈着・黙っている人に聞いた方が

真実を教えてくれるかもしれません

 

 その黙っている人がインターネットに

 文字を残したり は しませんよね?

 

( 本当に大切なことは 画面にはないかも )

 

 

 

49.就職よりも起業の方が苦しいので逆転という発想では対応できない

 

『 フリーター 一獲千金 』『 フリーター 逆転 』

最近はアクセスがほぼなくなりましたが 一時期よく来てました

 

 一獲千金しないといけないくらい追い込まれている

 逆転しないといけないくらい苦しい状況にある

 

発想を逆にすればいいんですよね

 

『 逆転しなければならないくらい 追い込まれたのは なぜ? 』

『 一獲千金でいけないくらい 追い込まれているのは なぜ? 』

 

 なぜ そうなったのかを考えると 残念ながら戻るしかない

 

 自分自身の信用力が無職生活の継続で落ちたから

 世間で言われる生涯賃金との差が歴然としてしまったから

 

気付いた時から埋めれば 何年分かの遅れで済むわけですが

そこには行き着かず なぜか無茶な方法をしてでも 埋めようとする

 

 そして・・・さらに深みにハマり どうしようもなくなる

 

余計なことさえしなければ 余計な時間を浪費しなければ

通常の実生活に 戻ることができるにもかかわらず ・ ・ ・

 

 苦しいのであれば 雇われるための努力 雇われないための努力を

 時給労働者としての実生活ではない 私生活時間につぎ込めばいい

( と思うのですが ・ ・ ・ 意見として 厳しいですか? )

 

逆転したければ 逆転できるだけの時間の使い方を憶えて

逆転できるだけの期間 敢えて埋もれてください

 

 埋もれた後 堂々とできれば 「 逆転しないといけない 」

 という感覚は もう どこかに消えて なくなっていますよ

 

 

【 編集後記 】 

 

読みたい内容 望んでいる内容と かけ離れていることを感じながら

書くことは ハッキリ言って苦痛ですが いいことばかりも書けません

 

 この肩書きを持つ人たちを 間違った方向に進ませるのは

 どこのダレ で どのような力 を 持つ人たちなのか?

 

『 勝手に 影響を受けて 勝手に 進んだだけ 』

( そう言われてしまうのがオチ なんですよね )

 

そして言い放った人は 言ったことさえも憶えていない

あれから20年 ・ ・ ・ ウマい言葉が 出てこない。。。

 

 

 

50.逃げる思想が崩壊する思想へとつながる

 

『 フリーター - 最も被り続けたくない肩書き 』

 

かぶり続けたくなくても かぶり続けないといけないときは

逃げずに かぶり続けないといけない肩書きです

 

 変化を起こしたくない環境の中で

 就職・転職・理想実現の追求を強制され

 

 実生活・私生活ともに 矯正の監視体制に入っている

 ( と 自信を失ったために 思い違いをしてしまっている )

 

 最適な生き直し方 を 業務時間外の私生活時間で考える

 『 無職・時給労働者・( 起業準備者 ) 』

 

背負い続けていると逃げたくなり 無理やり肩書きを外そうとして

ジタバタすると 肩書きが 自分にどんどん めり込んでいく

 

『 逃げるわけにはいかないが 身動きがとりにくい肩書き 』

 

 そのままでも生活が維持できるから 変化を起こしたくない

 なぜか 就職・転職・理想実現の追及を強制される

 追求過程を すべて監視されているように感じて 仕方がない

 

でも実際は 最適な生き直し方を 業務時間外の私生活時間

しかも家族の誰にもジャマされない 行方不明時間を使って

どのように生きていくかを結論付けてから 堂々と生き直しを始める

 

 考えないといけないのは 気付いたその地点からの

 生き直し方についてであり 就職・転職・理想実現の追及ではなく

 他人ではなく 自分が納得する未来の見据え方を見つけること

 

過去には参考資料はあるが 答えそのものはない

答えがあるように言うと 過去に逃げてしまいます

 

 就職に逃げると就職がイヤになり フリーター戻りをしてしまい

 起業に逃げようとすると 業を起こすことができなくなります

 

前にも後ろにも道がないのに 進め! と 言われると

どうしていいか分からないにもかかわらず 進め! と また言われる

 

『 フリーター 八方塞がり 』

実は フタやスキマが開いているかもしれない

糸のこ や 紙やすり が 落ちているかもしれない

 

 道はあるかも? 道はある 道を見つけた

( このフタを開けた先 この格子戸の向こうに )

 

逃げなければ 何か道が見つかるはずなんですよね

どれだけ時間が掛かるか 分からないですけど 見つかります

 

 ないと思って 逃げだしたり 家族や周囲が焦り慌てて

 一般論を鵜呑みにするから どんどんもつれていくんです

 

自分が逃げる思想になっていないか

周囲や家族が逃げる思想に陥っていないか

 

冷静に見抜いたうえで 自分の気持ちも

冷静に見つめ直してくださいね

 

 

【 編集後記 】

 

『 お金の味 』『 僕は君たちに武器を配りたい 』

『 武器としての決断思考 』『 武器としての交渉思考 』

 

読解がほぼ不可能な超・難読本ですが役に立ちます

( どういうススメ方なんだ? )

 

刺さりますが 何を書いているのかわからない部分もあります

読み終わった直後ではなく 一週間後に 謎が解けたりします

 

気になった方は じっくり読んでみてくださいね