31.時間がもったいないなら開業届を出してから悩む

 

『 脳がヒマになったら ロクなことはしない 』

 

じぶん時間が間延びしたら 遊び始めようとしませんか?

本末転倒時間をつくったために やさぐれて自分に嫌気がさす

 

ここまでは 時間が余り過ぎたときのことを書きましたが

起業したい以前に 自分が支援したい対象の人を

いち早く支えたいなら 開業届を出して悩んでください

 

 開業届を出す必要があるかどうかですが

 税制申告・納税すれば 届も要らないです

 ・ ・ ・ 気持ちの問題だけなんですけどね

 

フリーター / 時給労働者 / 正規労働者 問わず

その肩書きを降りる・降ろす必要が あるかどうかですが

極論ですが 別段 降りる必要もないわけです

 

『 どの道 時間の使い方を憶えないといけない 』

『 支援対象となる人の生活時間を知る必要がある 』

 

そのまま 気持ちだけ 一段上乗せして 活動量を増やす

降りなければ 収入問題は発生しません

 

 ケジメのためという まじめな問題があるのですが

 資金どん詰まり が 起きたときにどうします?

 

解放されて じぶんだけの持ち時間で 日々を過ごして

あとは お金を 自力で 稼ぐだけ ・ ・ ・ 『 だけ? 』

 

 開業届を出す前と出した直後で変わるものは 特に何もありません

『 お金を稼いでいない自分自身 が そこに居るだけ 』です

 

開業前から 「( こんなことをしている場合じゃない! )」 と

いつもいつも考えているのなら どんなことをすればいいのでしょう?

 

 どんなことをすればいい? が 決まっていないうちに

 降りてしまうことは 流れ者になること と つながってしまいます

 

『 開業前と開業後では ホントは 何も変わらない 』

 

前に進まない限り 自分の背中の真後ろから

足場がどんどん崩れていくと 覚悟をしておいてください

 

 

【 編集後記 】

 

起業ごっこをしたいのか 業を起こして

本当に人のために役に立ちたいのか

 

ココに焦点を当てている書籍を手にしたことはありますか?

 

起業したい人のための書籍は

起業した後は どうすればいいの?

 

本当に人の役に立ちたいなら その書籍は

インターネット経由で 知ることができるの?

 

直球や正答が書籍にあるわけではないので

転用力を駆使して 答えを見つけ出してくださいね

 

 

 

32.未来は自分で手探りでつくっていく

 

『 フリーター 未来が見えない 』

 

この肩書きを背負う人 独特の表現なのですが

本当は フリーターだけじゃないんですよね

 

今日の24時間と明日の24時間の使い方が分からない

そんな日々が毎日続くのが 学卒無業/フリーター です

 

分からないなら 自分でどんどん勝手に決めてつくっていけばいい

誰にも遠慮・気兼ねすることなく どんどんつくってください

 

 今日の予定・明日の予定

 その次の日の予定 もっともっと先の予定

 

予定を立てようとして分からなくなるなら

5年・10年先から戻ってきて 今日の予定をつくる

 

そうなると 10年先から今日までの予定が埋まります

 

 組織に属するわけではない生き方で

 10年先から今日までの予定を決めると

 私生活時間の10年分の使い方が決まります

 

未来のことには 文句を言われないので

好き勝手に決めて 好き勝手に予定変更もしてください

 

 本当に 気ままに決めていいんです

 

『 決めない人は なぜ 決めないのでしょう? 』

 

 上手くいかないかもしれない

 でも 上手くいくかもしれない

 

未来のことは分からない だから ・ ・ ・

やるの? やらないの?

 

 ヤイヤイうるさいかも?と思うなら

 人前で やらない! って 言い切って

 コッソリやれば いいんじゃないですか?

 

 

「 実は コッソリやっていて 上手く いったんだー 」

 

 就職 ・ 転職 ・ 起業 ・ 趣味 そのほか

 当てはまるものは いろいろありますよね

 

手さぐりで未来を決めて 掘り進めていくことは

苦しいですけど 充実感は 間違いなくあります

 

 勝手に決めていい未来なのに 決められないのは

 決められない ではなく 決めたくない ですよね?

 

 

【 編集後記 】

 

未来を自分勝手に決めて

責任を取れるように 毎日生活すれば 

肩書きはどうあろうと 関係ないですよね

 

世の中に居る フリーターではない肩書きの人 全員が

毎日 責任が取れる行動をしているかどうかですが ・ ・ ・

 

どう考えても してませんよねー

 

 当てやすいところに 当てる

 ぶつけやすいところに ぶつける

 

好き勝手失礼に この肩書きだけに焦点を当てて

無礼千万な論説を展開していると思えば よくないですか?

 

 

 

33.顧客が居るか居ないかは実行してみないと分からない

 

自分がしようとしていることに

顧客が居るか居ないかを知りたいなら

 

 生活を回しながら 肩書きを降ろさない状態で

 実践してみてください

 

実行するのは肩書きを降ろして ケジメをつけてから

・ ・ ・ 居なかった場合 どうなります?

 

 実行する前から 自信がないだけで 居ないと判断する

 自信を持ち過ぎて 居ると判断してしまう

 

実行して初めて分かることは 実行して理解してください

 

 自分のこころの声 『 居ない どうしよう・・・ 』

 自分以外の人の声 『 どうしようもないねー 』

 

「( なんで 業を起こす前に 実行してなかったの? ) 」

「 ごっこ や ままごとじゃないのに よく起業したね 」

 

ココまで言われると 本気で腹が立つ以前に

立ち直れなくなりませんか?

 

 実行してみないと分からないのなら

 リスクがないときに 実行してくださいね

 

 

【 編集後記 】

 

『 夢を かなえる人は 夢以外の全部を頑張る 』

『 夢を かなえられない人は 夢を語ることだけを頑張る 』

 

夢をかなえる人は 夢を語るヒマなんてないくらい

毎日忙しく 物静かに バタバタしています

 

 決めて動いている人は スキがなく

 ムダ話に参加することも 滅多にない

 

狩りには出ず 一生懸命育てて

忍耐強く 刈りを待っています

 

 そういった人にも

 会ってもらえるようになってくださいね

 

 

 

34.力技にならないよう淡々とこなしていく

 

『 努力・忍耐・根性 』という言葉が死語になりました

『 スマートに頑張る 』・ ・ ・ どういうことでしょう?

 

 気合を入れたところで 実力が変わるわけでもあるまいし

 耐え忍んだところで 現状が良くなるわけでもあるまいし

 踏ん張ったところで 何がどう変わるわけでもない

 

決められた予定を時間通りに 淡々と

何の感情も持たずに 粛々と進めていく

 

予定が決まっていなければ 予定を決めて

その埋まった予定を どんどんこなしていく

 

『 寝る時間 起きる時間 遊ぶ時間 休む時間 』

これらも全部 予定の中に押し込んで 入れていきます

 

時間がズレ込んでも 修正をかけて

時間を削るのか 後ろに持って行くのか 予定をズラすのか

 

もうホントに 退屈なくらい 何の感情も持たずに

メンタルが どうだこうだとなることなく こなしていきます

 

『 機械のように働く 』

 

自分の意思で決めたことを自分の意思がないように働く

すべては予定表通りというルーチンワークです

 

 習慣化できれば精神的な要素は いらないですよね

 

 

【 編集後記 】

 

時間割通りに生きることはいいことなのでしょうか?

いいことで時間割を組めば 時間割通りはいいことです

 

 時間割通りのいいところは

 長い長い時間が経ったときに分かります

 

「 予定を組まなかったら どうなっていただろう・・・ 」

 

1年・2年・3年と経つと 大きく差が出てきます

 

問題は ・ ・ ・ 2年半から3年の時期に

大きな差が 目に見えて あらわれることもあることです

 

『 3年で 生き方上手になる 最適な毎日をつくる 』

 

 1000日後を考えての1日目は

 何をして どこに向かっているのか 自分も他人も分からない

 

そんなところから 初日が始まります

 

 

 

35.1円を生み出すことの苦しさを知ると就職のありがたさが分かる

 

何もないところからはじめて 対価を受け取るまで

実践してみると 1円以上のお金を得ることの大変さが分かります

 

アマゾンリンクを貼付することは 自分以外の仕組みです

 

この『 仕組みをつくる 』ところからはじめて

仕組みに修正をかけながら 一回目の利益を得る

 

 一回目の利益は つづけて利益を生み出せるものでないなら

 継続的に利益を生み出すことができる仕組みに つくりかえる

 

継続的に利益を生み出すことができて 人の役に立つものであれば

堂々と自分以外の人に「 こういうことをやっています 」と言えます

 

 あとは 無限に 『 知ってもらえばいいだけ 』

 

どこのダレに対しても 堂々と言えることが条件になります

 

 どこのダレに対しても 堂々と言えることをして

 継続的に利益を生み出すことができる仕組みをつくり

 無限に知ってもらって 常に仕組みが回るように 仕上げる

 

誰にも知られていないところから 目一杯考えて

最初から最後まで じぶん一人の力で 実行してみてください

 

 他人がつくった仕組みを自分のものにしたくなります

 

それほどまでに つらく・苦しく・しんどいのですが

非正規・正規問わず 会社や組織に属すると 忘れてしまいます

 

 忘れてしまうから会社や組織に対して文句を言い

 自分ひとりでやっていく と いきり立ってしまいます

 

仕組みをつくることができる人は ホントに少ないので 

『 そんな人 居ない! 』と考えますが ・ ・ ・

会社・組織でお金を払う人 が その位置にいるかもしれません

 

『 役員ではなく 創業者 』『 社長ではなく 経営者 』

です ・ ・ ・ 会って話したことはありますか?

 

じっくり時間を取ってもらって 考え方を吸収できましたか?

 

「 ( まるで会社での役員面接じゃないか・・・ ) 」

 

 ではなく オンではなく オフとして 話をして

 理念の共感をして どうすればその会社の課題を解決できるか

 損得関係なく 会社の急所を指摘して 解決策を提示できるかどうか

 

二次ではなく 三次元( リアル )では

このような活動 が 日々行われています

 

 このような苦しい取り組みの中で お金が動いているわけですが

 大げさですが そこに割り込んで 経済活動に参加するわけです

 

『 自分が思い考えていることと違うから 就職したくない 』

「 じゃあ 一人孤独に 頑張って! さようなら 」

 

 ここまで深く 考えないといけないわけではないですが

 ここまで深く 考える人にはなっていて欲しい と 思っています

 

 

【 編集後記 】

 

どこのダレと 渡り合っていきたいか? を 考えなくても

イヤでも釣り合いをとらないといけないから 勉強させられます

 

『 意識高い系 は 二次元なのか 三次元なのか 』

 

どちらになるのでしょうね

 

 

 

36.会社に依存しない能力を身に付け続ける

 

会社に依存しない 自分自身に依存する能力を身に付ける

頼るのは自分自身 戻ってくるところも自分自身 と なります

 

『 世界の中心 の 俺が 叫ぶ 』みたいに

わがまま放題のワンマンになれ と いうわけではないですよ

 

 依存しないということは いつ会社組織に捨てられても

 大丈夫なようにする ということにつながります

 

( 元々 捨てられているようなものですけど・・・ )

 

かつて 『 フリーターを捨てよう! 』 と 銘打った

名刺を持っていたのですが 「 社会から完全自立してね 」

というメッセージ性を持たせてつくり上げた名刺だったんですね

 

 結構 難しいんですけど いつの間にやら 日本国民全員が

 共有しないといけない考え方として 定着してきました( よね? )

 

( 気付いていないのは 旧態依然の論を展開する 他責論者だけです )

 

 捨てられてもいいように 自分から捨ててしまう

 捨ててしまって 自分で 自分を 再構築すればいい

 

自分自身のカラダ一つだけが残ったときに

何をしていくと生き残っていくことができるのだろう?

 

 こういった訓練を学生時代から積み上げれば

 自立的に生きる方法を 手に入れたうえで

 組織所属という方法も選択できることになります

 

学生ではない人として 今からでも 遅くはないと思うか

もう遅いとあきらめるか どうします?

 

 リストラされたくなければ 自分で自分をリストラする

 セルフリストラを推し進めてください

 

 

【 編集後記 】

 

インターネットでの問題点は何なのだろう?と思っていたのですが

 

 たまたま検索されてしまえば 化石のような文献・言葉は

 いつのものでも 有効となってしまうこと でしょうか?

 

『 信じたい・すがりたい 人にとっては 絶好の言い訳材料 』

 

フリーター論説がいつのものか分からないにもかかわらず

枯らしてしまっていいくらいの 相当古いものでも ・ ・ ・

 

『 あきらめたい人が 信じさせられてしまう 』

毒な言葉が たくさんたくさん 論として展開されています

 

 図書館文献なら 古びたり越年劣化するのですが

 検索結果は上位に来れば 『 有効 』も なんかネ

 

 

 

37.資金が貯まるのを待っていても始められない

 

『 お金が貯まってから起業したい 』

お金が貯まらなければ起業しないんですよね

 

 お金が貯まらない薄い収入で 起業を望んでいて

 持ち時間を増やしたくて 肩書きを降ろすと 一瞬で枯れます

 

一瞬で枯れてしまうのに

「 ( 肩書きを降ろしてから・・・ ) 」

と 律儀に考えているのは なぜ ですか?

 

 ケジメ・区切りが ある方が分かりやすいですが

 枯れたくなければ 今のまま 業を起こしてください

 

『 どうせ 時間は足りなくなる 』

( 就職・転職・起業どれも同じです )

 

就職・転職・起業どれも同じと言い切るのは

すべて 活発に動くことを求められている 活動だからです

 

 お金ではなく 本当は時間が足りない

 にもかかわらず お金が足りないというのは

 

お金に困っていて お金に支配されていることだけが見えて

時間に困っているのに 時間に支配されているとは思えていない

 

 そこまで お金に支配されている度合いが高いからです

 

一瞬で枯れるかもしれないのに 律儀に考えているのも

『 肩書きに支配されている可能性 』 が 高くないですか?

 

 支配されている状況なのに 律儀に待つということは

 支配されている状況に居続けて 最適と思っている

 

そのような状態で のんきに 過ごしていることになります

 

 生活が回っていなくても 生活が回っていないなりに

 お金・時間・気持ち を 組み合わせた生活が回ってますよね

 

「( どれもカツカツだから どうにかしたいんですが・・・ )」

 

 お金・時間・気持ち と 出てきましたが

 後ろから解決すると 打開策が出てきませんか?

 

・ 気持ちが足りない ・ 時間が足りない ・ お金が足りない

 

お金が一番最初に見えやすい問題なのに

片付けないといけないのは 気持ち だって?

 

・ 気持ちが足りないなら どうすればいい?

・ 時間が足りないなら どうすればいい?

・ お金が足りないなら どうすればいい?

 

( 努力・忍耐・根性 が 死語ではなかったりします )

 

『 気持ちが貯まるのを待つまで 起業しない 』

そう言っている人に あなたは 何と言い どう思われますか?

 

 

【 編集後記 】

 

お金の支配 と 打ち込もうとして

オカンの支配 と 打ち間違えたのですが

 

 オカンの支配 ・ ・ ・ できるかなぁ

 

 

 

38.収入源を細かくして本数を増やし太くしてから本数を減らす

 

今の生活を続けながら 業を起こして 細い収入を得る

業を起こして 細い収入を得る生活を維持して 実践実績を上乗せする

 

 今の薄い収入の生活を維持したまま

 お金 ・ 時間 ・ 気持ちを 組み合わせた

 自分だけのワーク・ライフ・バランス を 成立させて

 

 生き方上手として生活を維持しながら

 時給労働者から起業家へ と 脱皮していく

 

これで 『 脱・フリーター 完了 ! 』です

 

 文章で書くのは 本当にカンタンなのですが

 増やす・削る( 選択する )に どれだけの

 期間と労力が必要なのか は 書き切れていません

 

まず増やすこと 増やすことができるから減らすこともできます

 

 増やす・増やしたものを 降ろすかどうか考える

 増やしたものを 太いものに変化できるかどうか考える

 降ろす場合は 収入源が途絶えることも考えておく

 

まず増やすことから 考えてみてくださいね

 

 

【 編集後記 】

 

『 脱・フリーター 』の 脱って なに?

 

脱皮の場合 成長し過ぎて 脱ぎ捨てない限り

新しい自分自身には変われなくて 失敗すれば絶命・・・

 

 変化 と リスク そのものですよね

 

「( 成長しているのに 脱皮できない・・・ )」

「( 成長させてもらえないので 脱皮できない・・・ )」

「( 成長していないから 何もできない・・・ )」

 

どれですか?

 

『 成長しているかどうか分からない 』

というのも ホントは選択肢に入っているんですね

 

 成長していることの証明をしたところで

 何をどうやっても 世間が認めようとしない

 

そんなもんやろねー

だから 社員として 組織所属しないんでしょ?

 

 こういうことを 世相が禁句としているのだからねぇ

( 大きな 大きな 独りごとです ・ ・ ・ )

 

 

 

39.組織で過ごすよりも謙虚さと感謝のこころを持つ

 

誰に対しても腰を低くしていないと 人の上には立てません

 

 肩書きに対する反発心だけで 起業しても

 誰よりも 頭を下げられないと生き残れません

 

知っていることを 自分より幾つも幾つも下の人に指摘される

分かっていて当たり前のこと を ていねいに教えられる

 

 目の前の人は知らないと思って 善意で教えてくれています

( 口調はもちろん アタリもキツイですよ )

 

ココで不愛想にすると 愛想を尽かされ 孤独になり 孤立します

・ ・ ・ 年長フリーターの悲哀みたいに書いています

 

『 相手してほしければ アタマ 下げなさいよ! 』

この一行を残酷と解釈するのであれば 先々苦しいかもしれません

 

 フリーター / 時給労働者 / 非正規労働者での

 所属だとしても 謙虚であればあるほど の方がいいです(よね?)

 

給料が安くて文句を言っている人も居ると思いますが

『 何もしなくても お金をもらえている 』わけです

( 一生懸命 営業活動をしなくても もらえますよね? )

 

 そこまで思わなくてもいい と 感じるかもしれませんが

 他人 は 他人 、 自分 は 自分 です

 

とても感謝できそうにもないくらい 劣悪な環境であったり

人間関係が最悪で ストレス過多な毎日かもしれません

 

 それでも・・・ですか? と 言いたくなるかもしれませんが

 個人的には それでも 謙虚で感謝の心を持っていた方がいいです

 

人当たりが悪くて 鈍い人だと

ホントに 成り立たないんです

 

 この言葉の意味が分からなくても 修行のつもりで

 謙虚と感謝について自主的に学ぼうと実践してください

 

 

【 編集後記 】

 

ホントに自分の腰を折ることは難しいです

どれだけ曲げようとしても曲がりません

 

「 なにを !? 」

ということが 次々に起こるんですね

 

「 おばチャンって アタマ下げる? 」

「 人による 」

 

「 おっチャンって アタマ下げる? 」

「 下げヘン ! 」

 

歩くパワハラみたいな言われ方です ・ ・ ・

 

組織に属する壮年もそうなのですが

中高年フリーター アタマ下げているのでしょうか?

 

 

 

40.批判とクレームは大切な問題点であり解決すべき課題

 

批判やクレームが来ることが異常事態なのですが

批判やクレームが来ないことは正常なのでしょうか?

 

 批判されることがなければ批判はされない

 クレームが来ないということはクレーム事態になっていない

 

では 『 無言のサイン 』は どのように捉えればいいのでしょう?

 

 批判したくなるお店を批判するのは 跡形が残る

 クレームを入れたことで目を付けられる

 

批判する・クレームを入れる方にも ホントはリスクがあります

だから このお店には二度と行かない と 無言のサインを送ります

 

 情報発信する人にとっても 同じことが起きていますよね

 おもしろくない・つまらないから もう 見ない・読まない

( あまりに刺さり過ぎるから もう耐えられない・・・も あります )

 

書く側は 反応を見ながら 書き続けて変化しないといけないのですが

過剰反応し過ぎて 媚びたものになっても よろしくないです

 

 火のない所に煙は立たないわけですが

 煙たいことをされているだけ のときもあります

 

どちらにせよ 自分の立ち位置が変わるかもしれない

分岐点に居ること を 自覚しないといけないですよね

 

 そのままでいいとしても 『 今のままではいけない 』

 と いったん検証して 自己を かえりみる 必要があります

 

振り返るでの顧みる

浅い薄いかどうかを考え直すでの省みる

 

 どちらになるか分からないですが かえりみることで

 大切な問題点や解決する課題が浮き上がるかもしれません

 

ときどき自己批判や自己にクレームを入れることを

冷静な立場で行わないといけないですよね

 

 

【 編集後記 】

 

『 強い記事 』という言い方を見掛けることがあるのですが

『( 偏りの )強い記事 』と 個人的に考えています

 

 偏りの強い記事ばかり書いていると 偏りの強い人が集まり

 偏りのない中庸な人が居なくなり バランスが悪くなっている

 

完全にマヒしてしまい 自分のズレに 気付かなくなっていきます

 

 いいね!があれば それで安心・賛同されている( ・ ・ ・ )

 

仕方なく付き合いでの いいね! であったり

もう少し頑張って 偏りをなくしてほしいなぁ・・・

の 想いを込めての いいね! でも あったりします

 

 情報発信している側は 自覚して自己矯正しないといけないのですが

 マヒする前に 気付かないといけないですよね

 

( 完全にアウェーの場所では 堂々と 立てなくなるかも・・・ )