11.方向を固めていないと迷って乗り上げる

 

あれもしたい これもしたい もっともっとしたい

( 懐かしのCMからのフレーズです )

いろいろしたくても 案外できないですよねー

 

右に行くこと と 左に行くことを同時にする

歩くときにはしないですけど こんなことをしていたりします

 

 右に行くこと と 左に行くことを 同時にする

 アクセルとブレーキ を 同じ力で 同時に踏む

 

 右に曲がりたいのに ハンドルを左に切る

 アクセルを踏むところで ブレーキを踏む

 

 きちんと進んでいないよーと 言われて

 パニックを起こし よく分からないまま 乗り上げる

 

 乗り上げたまま 冷静になれず 恥ずかしい想いをして

 それで 何もかもがイヤになり 出てこなくなる

 

 

自分の脳が 混乱( 自分で 迷子 )

他人の脳で 混乱( 間違い地図で 迷子 )

( 理解不足で 迷子 も ありますよね )

 

 

どちらも迷子になります

 

 

一個のことを決めて それだけを

確実に 間違えないようにする

 

間違っているかどうかわからないけど

行く方向を決めたら 決めた方向に まっすぐ進む

 

 

『 間違ったら 戻る 』

 

 

決めた道を戻るだけでいいので 迷わなくてもいいし

確実に 元の位置に 戻ることができます

 

 

『 確実に 元の位置に 戻る 』

 

 

自分の脳が混乱しないように

自分で決めて動く 間違ったら戻る

 

 

 決めて 動く 誰に何を言われても 変えない

 間違えた 誰に何を言われても 元の位置に戻る

 

 

動く前 を 含めて

自分と他人の感情 は

入れないようにしてください

 

 

 

【 編集後記 】

 

『 船頭多くして 船山に上る 』

 

感情を入れたり 選択肢を2つ以上残したまま

取り組んでしまったりすると ややこしくなりそうです

 

やまたのおろち ・ ・ ・

アタマいっぱいですけど 歩くとき どうしてるんでしょ?

 

 

 

12.反対されて当たり前のところを突き抜けていくつもりで取り組む

 

『 有り難い 』 からありがたい その反対語が 『 当たり前 』

 

ありふれている ありふれ過ぎていることは

『 常識 』として 考えられることなくスルーされる

 

考えたことのないことに対して

最初の反応は 『 拒否 ・ 拒絶 』

 

考えるのがめんどくさいことはとりあえず『 否定 』

 

分からないことを押し通される・押し通されたとき

こぼれ出てくるものは『 不満 そして 不安 』

 

思い通りに意見が通らないやり取りをされた相手側 の

気持ちが治まらないときの最後の対決姿勢として『 反対 』

 

 

 ここまでを事前学習として書き出しておきますね

 

 

 起業 は ふつうではないことで

 就業 は ありふれ過ぎていて スルーされる

 

 組織での就業は『 当たり前 』『 常識 』『 スルー 』

 起業は 『 有り難い 』『 非常識 』『 ひっかかる 』

 

 組織での就業は 『 考えることがない 』

 起業は 『 考えたことがない 』『 考えるのがめんどくさい 』

 

 組織での就業は 『 分かること 』 起業は 『 分からないこと 』

 

 組織での就業は 『 安心 』『 賛成 』

 起業は 『 不安 』『 不満 』『 反対 』『 拒否 』『 拒絶 』

 

 

見やすくなるように ならべ直しますね

 

 

 組織での就業は

 『 当たり前 』『 常識 』『 スルー 』

 『 考えることがない 』『 分かること 』『 安心 』『 賛成 』

 

 起業は

 『 有り難い 』『 非常識 』『 ひっかかる 』『 考えたことがない 』

 『 考えるのがめんどくさい 』『 分からないこと 』

 『 不安 』『 不満 』『 反対 』『 拒否 』『 拒絶 』

 

 

敢えて言い切る形にしますが 起業する という言葉に対して

まだ何もしていないのに これだけの事前反応が出てきます

 

 

 『 有り難い 』『 非常識 』『 ひっかかる 』『 考えたことがない 』

 『 考えるのがめんどくさい 』『 分からないこと 』

 『 不安 』『 不満 』『 反対 』『 拒否 』『 拒絶 』

 

 

これだけの相手を突き抜けていく必要が出てきます

 

 

ただ単に 反対と言っているわけではない

ということを理解して 先回りしないといけないですね

 

 

 

【 編集後記 】

 

本文を続けて書きたかったのですが

ものすごく長くなるので とめました

 

 

 ふつうの人 と 思い切ったことをする人

 

 

一般的な図式を書き比べただけでも

ここまで出てきてラッキーと感じませんか?

 

 

 ここまでの反応が 自分だけの場合でなく

 どこでもフツーの 当たり前のことだった

 

 

 

有り難い(奇異)・非常識・ひっかかる・考えたことがない

考えるのがめんどくさい(生き方)・分からないこと

周囲は 不安・不満・反対・拒否・拒絶 ・ ・ ・

 

 

何となく『 フリーター 』という

言葉そのものに対しても 同じ気がしませんか?

 

 

 地位の高い人は共感力が低いらしいので

 分からないところを 一般論的に切り込むとしたら

 ・ ・ ・ それはそれは 上のように なりますわねぇ

 

 

 

13.好きなことを全部壊されても耐えられる心を持つ

 

 

起業すると言った相手 全員に

 

 『 有り難い 』『 非常識 』『 ひっかかる 』

 『 考えたことがない 』『 考えるのがめんどくさい 』

 『 分からないこと 』『 不安 』『 不満 』

 『 反対 』『 拒否 』『 拒絶 』

 

毎回 全部の反応をされたとします

 

 

『 自分が大好きなこと 』 で 『 いいこと 』

を 自分がこれからやっていこうと思っているのに です

 

 

どれだけしっかりとした取り組みをしていたとしても

感情論込みのやり取りで グラングランにされてしまうので

壊されなくても 自滅寸前まで 追い込まれそうですよね

 

 

 自滅することもあり 全部壊れることもある

 そして 無理やり 壊されることもある

 

 極端な言い方をすると もったいぶらないで

 全部壊れた方が いいくらいに思っていた方がいい

 

 

「 え? 」ですよね

 

とっておき は 取って置くから とっておき なのですが

鮮度の高いものを持ち続けて クサり・枯れても とっておき?

 

 

 壊れなければ 耐えられる丈夫なもの

 壊そうとしても残った 頑丈なもの

 

 

とっておきから認知が変わることになり

鍛え込まれて『 価値 』が 出てくることになります

 

 

全部壊れたら ・ ・ ・ 耐えられないですか?

 

 

壊す課程を耐え得る『 鍛え抜かれたこころ 』が 手に入ります

 

 

 鍛え抜かれたこころを手に入れるために

 とっておき を どんどん壊してください

 

 

 

【 編集後記 】

 

「 あー このレベル・次元では ムリなのか・・・ 」

 

早く分かった方が すぐに

次に向けて 手を打てますよね

 

 

 鍛え抜かれたこころは

 自分そのものが鍛えられた成果

 

 とっておきの鍛錬は

 価値そのもの の 叩き上げ

 

 

「 自信がないから 勿体ぶっているの? 」

・ ・ ・ もったいぶるって 悪い意味なの?

 

 

 何をもったいぶっとんねん!!

 たいした価値も あらへんやないかい!

( なんてタチの悪い言葉なんでしょ・・・ )

 

 

この3行から解釈すれば悪い意味ですよね

 

 

 

14.考え続けることをやめない

 

考え続けることをやめると悩み始めてしまいます

 

「 なんで? 」

 

「 あー このままでいいのか・・・? 」

( 止まってしまうと こうなりますでしょ? )

 

 

止まらないようにするには

考え続けることをやめなければいい

のですが ・ ・ ・

 

 

どうすれば考え続けることを

やめない状態になるのでしょう?

 

 

『 このままでは よくない どうする? 』

いつもいつも この状態に しておきます

 

 

ということは ・ ・ ・

 

 

このままでいいと思ったものは

すぐにでも やめてしまえばいい

という 強引な結論も出てきます

 

 

 このままでいい と 思ったものごとは

 やめてもいいものごと で 捨てるものごと

 

 このままではよくない と 思ったものごとは

 やめてはいけない ずっと考え続けるものごと

 

 

考え続けることを やめないようにするには

自分の中で やめてはいけないことだけをすれば

いいですよね

 

 

 

【 編集後記 】

 

とんち な 文章をつくる気はないのですが

目の前に見える形の文章に落とし込んでみると

 

自分がアタマの中で設定した 順番が逆だっただけで

 

並んだ文字を入れ替えただけで 解決するなんて

文字にして 目の前に置くまでは 思ってもいませんよね?

 

 

 ムダなことをやめるには

 していることを全部書き出せばいい

 

 

・ ・ ・ だそうです

 

 

 

15.気を抜くとすぐ埋もれるのが起業、それが就職との違い

 

『 自分自身の力は 組織に所属するときの3分の1以下である 』

 

この一文を見たときに「 そんなわけ は ない 」と思ったのですが

無名のときの自分ひとりの力を考えてみると「 そんな ・ ・ ・ 」

と なってしまいます

 

・ 無名のところから 自分そのものを覚えてもらうまでの労力

・ 自分そのものを覚えてもらってから お金を受け取るまでの労力

・ お金を受け取るだけでなく お金を受け取り続けるまでの労力

 

 『 一回限りではなく 業として 対価を受け取り続ける 』

 『 対価を受け取り続ける業を起こす 』ことが起業

 

 ここまでを まず覚えておいてください

 

 

・ 無名のところから 自分そのものを覚えてもらうまでの労力

 

 やっとの思いで名前を覚えてもらったとして

 今度は 名前を覚えてもらうときのイメージの付き方が

 重要になってきます

 

 

・ 自分そのものを覚えてもらってから お金を受け取るまでの労力

 

どのようなことで 自分がお金を受け取るのか

という自分発の考え方ではでなく

 

どのようなことで 自分がお金を受け取っている人なのか

という自分着の考え方に変えることが必要になります

 

 

・ お金を受け取るだけでなく お金を受け取り続けるまでの労力

 

『 一回限りで 』の繰り返しで 業として成り立つのですが

繰り返しということは その一回限りまでの苦労がずっと続きます

 

 一回限りで やっと受け取った お金を受け取るまでの行為

 この苦労の 繰り返しが 『 毎回 』 やってきます

 

 

 

これを ・ ・ ・ 降りて 無収入・無名の段階になって

『 どのようなことをして 名前を覚えてもらえばいいのだろう? 』

となると 気を抜いていなくても 埋もれてしまいます

 

 

 ここで 埋もれてしまう状態が先に来てしまうと

 何をしてでも 名前を覚えてもらおう とは思っていなくても

 はたから見ると 『 何をしてでも 名前を覚えてもらおうとしている 』

 

 

 業としてお金を受け取り続けることは

 どこへ行ってしまったのでしょうか?

 

 

◎ 対価を受け取り続ける業を起こすこと が 起業

 

これを考えるのは 『 無名の段階で 』です

 

誰にも知られていない 何も始めていない時期から

業として お金を受け取り続けられることは何か? を 考える

 

 

 起業していないのに 気を抜くとすぐ埋もれるのが起業です

 気を抜かなくてもすぐ埋もれる ・ ・ ・ それが就職との違い

( 職に就いている状態が続いていることも『 就職 』です )

 

 

 気を抜かなくても すぐ埋もれるのですから

 気を抜くと 間違いなく埋もれてしまいます(よね?)

 

 

【 編集後記 】

 

時給労働者として 時給1020円で働くとします

 

所属を外すと自分の本来労働課値は

時給1020円の3分の1 ・ ・ ・

 

時給340円でこれで生計を成り立たせるには

3倍働くので 週120時間労働 ですよね

 

 

 120時間を7で割ると17時間

 

 

 1日17時間働いても

 ぜんぜん疲れない分野って ・ ・ ・ なに?

 

 

切り口を変えると このようになります

( 芽が出て 実がなるまでは 無給です おぉぉ・・・ )

 

 

 

16.確信あるものと確信のある自分を売る

 

売れるものを売り 売れ続けるものを 売り続ける

「 んなもん 分かっとるわい!!! 」 な 大原則ですよね 

 

したくないし 見つからないし

できないから 困っている ( 怒られてる? )

 

買い手としては 『 確かなものが欲しい 』

物を買うときはそう思いますよね?

 

なんで 売るときになると

分からなくなるのでしょう?

 

 自分自身が借金してでも

 今すぐほしくなるものって なに?

 

一生遊んで暮らしても

十二分に生きていけるだけのお金

( いやいや まぁまあ そうなんですけども )

 

自分にとって それくらい

価値のあるものってなんでしょ?

 

 これさえあれば ・ ・ ・

 これさえあれば 大満足! なもの

 

自分がもらって 飛び上がるほど

うれしかったモノって ない?

 

さかのぼって 過去をヒントにしてください

出てきませんか? 出てきませんよね?

 

じっくり時間を掛けて 書き出して考えてください

( 出てきましたか? )

 

ない? ない? ないですよね( 答えの強制・・・ )

 

 モノじゃなくて『 満足感 』

 という感情だったら思い出せます?

 

自分が( して )もらって 飛び上がるほど

うれしかったことって ない?

 

出てきました? 出てきませんよね?( また強制・・・ )

 

出てこないのが 普通のことで

出てこないところから じっくり考えて

 

じっくり考えて絞り出した 少ない選択肢から

ふわふわしたもの を 落とし込んでいきます

 

うん ・ ・ ・

文章が微妙なんですけど

 

自分の中で確信があるものやことって

たくさん たくさん ありますか?

 

 こういうことをされたら 間違いなくうれしい

 こういうことをされたら どうなってもいい

 

自分がされたら

間違いなく どうにかなるような

ものやことが目の前に落ちている

 

残念ながら有料 ・ ・ ・ なのですが

こういうときって 無料の方がアヤしくないですか?

 

 アヤしいからお金を取って

 きちんとしたものを売ってますよー

 

って アピールすると

良くも悪くも印象付けられます

 

さて 本題に戻りますね

 

そういうものをアタマの中で右往左往して

自分の過去や他人の過去を いじり倒してさがしてみる

 

 さがしてみて 見つかれば

 それ( 確信あるもの )が ウリ

 

・ ・ ・ 見つからなければ

『 それまで 』の気がしますけど

 

手抜きをせず 捏造せずに 何とかして 形にしてつくりあげると

つくりあげたもの( 工程・行程 )が ウリになります

 

 手抜き と 捏造のない

 ( ウソのない )丁寧なつくり込み

 

昔の言葉でいう『 誠意 』なんでしょうね

 

 確信あるものを見つけて ウリをつくる

 確信あるものをつくり上げて 誠意を持って『 売る 』

 

確信のある自分自身で

間違いなく『 ウって 』ますよね

 

 

【 編集後記 】

 

超・合理化抑制社会になる以前の 昔の人は

ホントに 誠意を売っていたのかもしれませんね

 

最近マウスが絶好調です

 

『 二度押し ・ 位置飛び 何でもやります! 』

 

使い手が思う通りに

動いてもらうだけで十分です ・ ・ ・

( マウスに 誠意を教えてあげてください )

 

 

 

17.一生涯のテーマを何本もつくり続ける

 

喰う・喰わないにかかわらず

一生涯のテーマを何本もつくり上げていく

 

『 自分は このテーマに 一生涯を費やしたい 』

 

一生涯のテーマが ある人 と ない人

どちらの方が 魅力ある人だと感じますか?

 

 取り組んでみて 本気で頑張って そのあと

 「 あら 違ったわ・・・ 」でもいいんです

 

真剣に取り組んだ実績 が 自分の心の中に残ります

成果がなくても お金にならなくても いいんです

 

 つくってから お金を受け取るに 見合うかどうか

 つくってから お金を受け取るレベルまで 磨くかどうか

 

つくってから お金を得ることを考えればいいんです

 

つくる前からお金を得ようとしてしまうから

お金に支配された ・ お金の空気や息が入った

仕組みができ上がり スキや虚を衝かれてしまうんです

 

『 お金を得ることがあなたの一生涯のテーマですか? 』

改めて訊かれてみると いい気分には ならないですよね

 

『 でも やっていることは そうなっていますよね? 』

改めて断定されてしまうと 気分も悪くなります

 

 スキや虚を衝く人は いつまでも どこまでも

 スキを見つけては そこばかり 突っついてきます

( 悪気のない こころのクセですので 治りません )

 

一回つくっただけで テーマづくりをやめてしまうと

スキや虚を衝く人が気になって 気持ちを持って行かれます

 

 せっかく 必死になって仕上げたものなのに

 スキができてしまい 虚を衝かれてしまう

 

こんなことにも なりかねません

 

で ・ ・ ・ なぜ

一生涯のテーマなのかですよね?

 

 一生涯のテーマがあること

 つくり仕上げたものがあること

 

必死になってつくり上げたものがある 自信

一生涯のテーマがあることによる 献身の気持ち

 

 自信と献身の気持ちがあれば お金を得ることだけに

 気持ちを持って行かれませんよね

 

つくり続けないといけないのは

止まってしまった後 気を抜かないためです

 

一つ見つける 一つつくり上げるだけでも

大変なのですが 気を抜かないようにしてください

 

 

【 編集後記 】

 

どういう生き方をしていきたいのか を つくりなさい

という考え方を 学生のときから植え付けるのが キャリア教育

と 誤解されそうでコワいです

 

 考える力が身に付いていない 大人に ならないでね

 考える力について学んでいない 社会人に ならないでね

 

という解釈と思うのですが

大事なところをはぶいてどうするの?

 

 素直過ぎるのも なんかね と 感じてほしい( 身勝手? )

 

 

 

18.起業動機につながる怨念の吹き溜まりをさがす

 

起業0年生フリーター通信なので

働きながら起業したい方とは 視点が違う書き方になります

 

『 なんで起業なの? 』『 就職じゃないの? 』

どうしても ココも スルーできないところになります

 

「 就職しようと思ったって できないし・・・ 」

「 起業するしか 逆転する方法なんてないよ。。。」

 

結構 ホンネで話すと わんさか 出てくるんですよね

 

『 就職させない世の中のクセに 就職しろ!ってさ 』

 

意味が分からない人が大半なんですけど

当事者には通じますよね

 

 残酷過ぎる超・合理化抑制社会に押し込んでいるクセに

 無責任にそこから出ろ! と 無理難題を言い放つ 学識者たち

 

『 そんなことはどうでもいいんだけど 何がしたいの? 』

( どうでもよくないんですけど・・・ )

 

本気で意味を考えてくださいね

外野の声・雑音なんて どうでもいいんです

 

 そんなん どうでもいいから

 何やって生きていきたいの?

 

『 どうせ言ったところでムダだし・・・ 』

 

超・合理化抑制社会の強烈なフタが どっか行って

自由に何でも決めて 何でもしていいよ って言ったら 何する?

 

『 だから言ったって そうならないし・・・ 』

「 一生 言っとけよ! そうやって!! このボケ!!! 」

( どう? 本気でムカつきました? それとも あきらめました? )

 

 

フタを飛ばすには このくらいの力が必要です

ひとりの力では 全然足りません

 

ホントは いろいろ言い放った学識論者の方に

フタが飛んで行ってくれるのが 一番ありがたいのですが

逃げ隠れして どっか見えないところに 行っちゃうんでしょうね

 

抑圧のフタを粉々に砕くのが 世の中のためには

一番いいことなんでしょうけど 自分たちで開かないようにしたり

押し込もうとする世間心理が さらに押し込んだりしますからねー

 

 超・合理化抑制社会から脱皮しようとすると

 ものすごーくお金がかかる世の中になりますから

( だれか 維新してくれるのかしら? )

 

 脱線しましたが 何となく分かっていただけました?

 

『 誰が何を言おうと どうしてもしたいことって ないの? 』

( 誰にも分かってもらえなくてもいい とにかくしたいこと )

 

 世の中が 逆進したことに 本気で気付き

 世の中が 本気で後悔するのは もっともっと先です

 

戻すのではなく 新しいものが仕上がらない限り

世相全体が転換するのは ムリかもしれない と 勝手に思ってます

 

 『 野心・勇気・挑戦 』に関することを

 ようやく世間が言い始めましたが まだまだです

 

女性躍進 と シルバー世代の再活用がメインで

若者支援は ・ ・ ・ その次な気がします

 

 イイことしてます!!! と 言いやすい方が注目もされやすい

 若者支援もそうなりますが 目立ちにくい( 主観 )です

 

でね 何だったっけ? に なるんですけど

『 なんで 今 こんな生き方になっちゃってるの? 』

正直に ウソをつかずに 包み隠さず 答えられます?

 

『 で 今の自分に 本気で 腹が立ってません? 』

『 どういうところに 腹が立ってます? 』

 

ウソもつけますし 逃げていくこともできますよ

( そうして どんどん 逃げて 逃げていってください )

 

「( 就職できてたら こんなことしてないわ・・・ )」

『 そうやろね で・・・ 何がしたいの? 』

 

『 フリーターの出口はないから 入り口に戻りなさいよ 』

「( え? 脱フリーターとか・・・ )」

 

『 あ~ 入り口まで戻って考え直すとヒントが見つかるよ 』

「( え? 脱け出すって 出口じゃないの )」

 

『 入ったあと みんな迷路に入ったみたいになってない? 』

「( そういえば・・・ )」

 

『 どんどん逃げると どんどん迷路の奥に入っていくよ 』

「( ・ ・ ・ ・ ・ ・ ) 」

 

『 フリーターになる前は何してたの? 何でなったの? 』

『 どんな気持ちを抱えて フリーターになったの? 』

『 そこに戻って そこで抱えていた気持ちは どうだったの? 』

 

起業する人って 超・合理化抑制社会って

関係あるようで ホントは関係ないんですよね

 

 

【 編集後記 】

 

安心してください 毒 吐いてますよ( もう古い? )

 

自分以外は ぜーんぶ 外野です

誰も 何も 関係ない!

 

 感情を隠すために ゴミで隠したり

 スキができたときに 大量のゴミが降ってきたり

 

抵抗できない状況にされてから

フリーター世論を捏造されたんです

 

で・・・20年を経て定着化して

ないものが あるものに代わり 当たり前になった

 

社保完備フルタイム・フリーターは

昔でいう 臨時工 と 同じでしょ?

 

もっと言ってしまえば 生計を成り立たせることも

ホントは可能で 可能だから なくならないし 継続している

 

 社保完備・節制生活を定年まで続けると

 厚生年金と国民年金で老後が暮らせる可能性も高い

 

 節制生活の貯金と年金による定収入と

 社会保障のセーフティネットの底上げ

 

冷静に考えさせれば どうにでもなることを

どうにもならないように 言い広げて焦らせる

 

 開き直られると困るから風潮として ・・・ではなく

 弱者叩きの陰湿な国内風土・風潮が ねー

 

 

 

19.資格とその上に積み上げる得意分野を用意する

 

『 その資格取って どうするの? 』

「 いや 就職とか起業に 有利かなと思って・・・ 」

 

『 ふーん 有利不利で 生きていくの? 』

「( ・ ・ ・ ・ ・ ・ )」

 

いきなりエグり込んでますが

取った資格に上積みさせられるものを持っていますか?

 

 取った資格に 誰にも負けない 自分だけの

 オリジナル要素を付け加えられますか?

 

資格を深掘りさせているように見える資格商法に

引っ掛からないで考えて欲しいんですが ・ ・ ・

 

自分が持っている資格に全然関係のないことを

その資格におりまぜて 人の役に立つことを考えてみませんか?

 

 テーマを決めて 得意分野を用意して 資格を取って

 そこから お金を受け取る次元に仕上げる でしたよね?

 

だまされてるのも わからないなんて かわいそう・・・

( 検索すると この一行に関する歌が出てきます )

 

自分の気持ちにウソをついて 浮ついたことをしようとするから

足元をすくわれて 高いお金をつぎ込まないといけなくなるんです

 

 一生懸命がんばったのに つり合いなんて全然取れない・・・

 

本心・ホンネと違うところに目を向けて それで

何とかならないかと考えると おかしくなりますよね

 

 自信がなくなると自信があるもの

 自信が ある・ない と 関係ない

 無機質なものに流されません?

 

民間のどうみても役に立ちそうもない

1日で取れてしまうような資格に流されて

 

必死にがんばりさえすれば 大丈夫ですよと言われ

よく分からない方向に向かって 突き進んでいく

 

必死にがんばっているから 周りも言いにくくて

本人も 出ていったお金の分だけでも回収したくてムキになる

 

・ ・ ・ 順番を逆にすれば

順番を逆にすることに 気が付けば

こんなヒドイことにならないはずですよね?

 

もしかしたら 上手くいかないのは

自分が考えて実行している順番 と 上手くいく順番が

反対になっていないか 振り返ってみてください

 

 

【 編集後記 】

 

アンケート結果を見ながら

ホンネはどこにあるのだろうか?

と 考えてみたことがあるのですが

 

順番を逆にしてみるとホンネの部分が

見えてくることがあります

 

誰もそんなことしないから 信用はしてくれないですけど

アンケート結果の資料がないところで 意地悪く発言すると

なぜか 信じてもらえます

 

『 フリーターは働かない 』と言っている人に

中小企業白書のフリーターに関する項目を見せると

『 フリーターは働く 』 と ひっくり返ります

 

・ ・ ・ 理論上は ひっくり返りますが

思い込みという世相 が 上司や採用決済者にブレーキをかけます

 

「( 元フリーターを雇う責任の重さも考えてくれよ・・・ )」

 

学説論者・有識者の方は このあたりの

根拠のなさそうな一文の通訳をして欲しいなぁと思います

 

 

 

20.もう一人を助ける課題ビジネスをつくり上げる

 

まず もう一人の自分を助ける

これが一番最初の仕事です

 

自分自身が悩んでいる・困っている状態で 人助けなんてねー

 

自分自身のウイークポイントをそのままにして

コンサルティングなんて できないですよね

 

できないことはないですけど 自分の中のモヤモヤとして

そこをつつかれては 困るよなぁ・・・ が ずっと残ります

 

できないことはないから やってみればいいのですが

どうすればいいか ですよね

 

 自分自身が悩んで困っていることを

 こと細かく書き出してみる

 

 書き出してみて 困り果てたもう一人の自分への

 解決策も こと細かく 書き出してみる

 

 一つずつ順番に片付けていき

 全部片付いた時点で 問題が解決します

 

これで自分と同じような悩みを 解決することが

できる ・ ・ ・ ようになるかもしれません

 

 実行できるかどうかは

 解決策の実践のときに分かります

 

『 策を立てること と 実践することの違い 』

 

先に実践して タイヘンな思いをして

どれだけキツイ状態になるか を 知っておく

 

そうすることで ビジネスとして

成り立つのかどうかも 見えてきます

 

お金をもらうことの考察は まだまだ先でいいので

一つ目の課題解決策 を つくりあげてみてください

 

 

【 編集後記 】

 

せっかくつくったものに対して

お金を受け取れないのは なぜ?

 

 実践するときのつらさが

 分からないからじゃない?

 

つくった苦労ではなく 嫌われる覚悟で

尻を叩いて実行させる お互いの決断料の見積もり

責任分担ができないからじゃない?

 

『 実践することが どれだけタイヘンか 』

『 分からない人には 価値は 見せなくてもいい 』

 

なんて優しくない人なんだ と 思われるかもしれないですが

その場合の優しさは 困った人を惰性に突き落とす 甘さ ですよね