【 時間貯金通信 】

 

 

時間貯金通信 0151.

毎日考えるから少しずつ考えていることが前に進む

 

 

 毎日記事を書くことも

 当てはまるんですけど

 

 

 毎日考えて記事を書くから

 ずっと向き合っている課題に対して

 少しずつ考え方がいい方に変わってくる

 

 

 答えが出そうにもない課題に対して

 一気に答えを出そうとしても出ない 

 

 

 今の自分のアタマの中では お手上げ

 今日も明日も明後日も お手上げ

 そこで終わらせると お手上げで終了

 

 

 そこで終わらせたくなければ

 考え続けるしかないんですけど

 本格的に考えればいいんです

 

 

 やめない あきらめない こだわる

 どうすれば前に進む?

 

 

 冷静に 書き出すつもりで

 課題を書いて 考えを目の前に落とす

 

 

 ホントに書き出そうとしないから

 モヤモヤして 面倒になってしまう

 

 

 今 考え出した最善がコレ

 次の日に 考え出した最善がコレ

 翌々日に 考え出した最善がコレ

 

 

 毎日の最善を書き止めます

 最善が出ないときは日付を残す

 考えた跡を残して 見える化します

 

 

 『 見える化が最重要 』

 

 

 一気に決まる大技は

 地味な小技の連携から

 

 

 毎日見える化させた

 考察の蓄積が考えを進ませます

 

 

【 編集後記 】

 

 

 編集後記を練り直す

 

 

 書いては消して 書いては消して

 ココで労力を費やすと本文はどうなる?

 

 

 何でも書けるから 楽しくて 意外と

 記事本文への発想影響力もあります

 

 

 また誤字を打ったり ・ ・ ・

 影響力 盛ります ( 盛ってません )

 

 

 

時間貯金通信 0152.

ためらいながら行動しない

 

 

 行動するなら 行動する

 行動しないなら 行動しない

 

 

 行動すると決めたからには

 行動前の状態に 戻そうとしない

 

 

 ためらうと その一瞬から

 すべてが うまくいかなかくなります

 

 

 「 あっ やっぱり ・ ・ ・ 」

 その一瞬を 見抜かれたり

 その一瞬に 自分が後悔したり

 

 

 何事もなかったとしても

 自分自身が引きずることになります

 

 

 迷いって 怖いんですよね

 どんどん 大きくなるから

 

 

 ためらうくらいの行動なので

 先に いろいろと考え尽くして

 それでも ためらうんですけど

 

 

 迷って悩んで 結局GOなら

 最終的に どう転んでもGOで

 何があっても 受け入れるしかない

 

 

 結果を受け入れられないなら

 何があっても 行動しない

 

 

 考えてない以上

 ガマンするしかありません

 

 

 ためらう一瞬の中身を

 考えてられないうちは行動をガマン

 前に出た分 後悔します

 

 

 後悔の中身を考えれば解決しません?

 

 

【 編集後記 】

 

 

 変化の過程で気づくこと

 

 

 変化に気付かれていないので

 周囲は 違和感しか感じません

 

 

 手加減している と 思われたり

 手加減していた と 思われたり

 ナメられている と 感じられたり

 

 

 奥が深いとか懐が深いとか

 いいように解釈されることも少なく

 「 今までの アレはダレ? 」

 

 

 遊ばれてるとか 転がされてるとか

 当事者解釈だから 仕方ないのかも?

 

 

 

時間貯金通信 0153.

毎日大きな時間を取る計画を強引につくってみる

 

 

 何事も計画から始まる

 

 

 強引に PDCA的に書き始めましたが

 物事も 強引に始めないと始まらないので

 こんな感じで いいのかも?

 

 

 大きな時間が欲しければ

 大きな時間を獲れるように仕組む

 

 

 毎日大きな時間が欲しい

 それなら毎日大きな時間が取れるように

 日用行事を 組み換えないといけない

 

 

 強引な計画を立てて

 脳内を強引に仕組むから

 強引な日常行動が成り立つ

 

 

 結構 強引に律しないと

 毎日 ダダ漏れに流されますからね

 

 

 大きな時間を獲得した後

 小さく細かく割り振りしないと

 また流されちゃうんで 面倒なんです

 

 

 でも大きく時間を獲得しないと

 こころの余裕が生まれないし

 寝たいときに ガッツリ寝れない

 

 

 大きな時間を獲得した後

 昼寝時間も もぎ取ろうと・・・

 ( だって 欲張りたいので )

 

 

 強引のレベルも ここまで

 強引に引き上げます

 ( 寝る時間まで 計画に入るなんて )

 

 

 細かい時間の割り振りを

 カンタンにしたければ 昼寝時間まで

 もぎ取れる計画を強引に立てよう

 

 

【 編集後記 】

 

 

 毎日の記事を書くのが難しいです

 

 

 出なくても強引にひねり出すから

 前に進むんですけど 前に出た後悔?

 

 

 後悔するなら 行動しない

 出した以上は 後悔しない

 

 

 考えを押し出すことに 後悔しない理由?

 ほとんどの人が読んでなくて 気楽だから

 

 

 

時間貯金通信 0154.

冷やかしとの交流を断絶する

 

 

 幼稚な人は好きですか?

 ( 愛ある いじり・からかい とは別 )

 

 

 冷やかす人を幼稚と置き換えて

 はじめてみましたが コレが結論です

 

 

 冷やかしても 冷やかされても

 何の得にもならず 時間がムダです

 ( 絶妙な冷やかしができる人は稀 )

 

 

 相当 人を見ている人でないと

 絶妙な冷やかし は できないので

 そんな人以外との交流はハッキリ無駄です

 

 

 もうね 断絶でいいんです

 話をしてもムダだから

 

 

 どれだけ疎んじられても

 相手にされなくても

 

 

 自分の領域だけで物事を考えて

 自分のことに専念する

 

 

 接触をしなければいいし

 接点を持つ必要もない

 

 

 ココまで徹底しないと

 断絶されていることにも

 気づかれないです

 

 

 冷やかしそのものが悪意で

 何も生み出さない 建設的でない

 

 

 わたしは建設的でない人です!

 と 自分から言い切ってます

 

 

 そこまでイヤ?くらい書いてますけど

 イヤです 嫌いです 接触したくないです

 

 

 時間を取られるし 不快だし

 不愉快がずっと続くし 繰り返される

 冷やかす人って されたことないのかなぁ

 

 

 あ ・ ・ ・ コレ 恋愛とかでなくて

 自分が本気で取り組みたいことに対して

 ムリ・ダメ・高望みとか そういうヤツです

 

 

 相手にしなくていいのは

 恋愛でも 生涯の取り組みでも

 結局は同じ に なっちゃいますよね

 

 

 幼稚な冷やかしには

 こころに耳栓をして 敢えて孤独になる

 意味ないムダな洗礼は洗い流しましょう

 

 

【 編集後記 】

 

 

 冷やかす を 検索してみて

 同時に上がった いじる・からかう

 

 

 サラッと読んでいたのですが

 うーん・・・ 一般論って 好きじゃない

 

 

 ポジショントークだから

 展開も独尊的で まで言うと

 言い過ぎなんですけど

 

 

 ポジショントークをするその人の

 ポジションが見えてしまうのも

 なんか問題あるよな~と 思いつつ

 

 

 悪意のある いじり ・ からかい

 悪意のない いじり ・ からかい

 

 

 しかも 男女別 年齢・上下関係

 微妙な男女間の駆け引き ほか

 編集後記では書き切れない ・ ・ ・

 ( 本文でも 書き切れないです )

 

 

 

時間貯金通信 0155.

日常の中に変化につながる非日常を組み込む

 

 

 うーん 似たような記事を

 書いたことあるかも ・ ・ ・

 

 

 ルーチンワークは つまらない

 変化がないし 慣れ過ぎて飽きる

 

 

 日常生活の中に

 新しいことを取り入れるためには

 大きな時間を 強引につくればいい

 

 

 毎日大きな時間を強引につくる

 という課題が クリアできれば

 取り込むことがらは 何でもよくて 

 

 

 という次元から

 もう一段上に行きます

 

 

 日常ではなく 非日常を

 しかも 変化につながる非日常

 

 

 変化につながる非日常に

 毎日 取り組み続けると

 いつの間にか 変化できています

 

 

 『 変遷支援 承ります 』

 ( かつての 名刺文言です )

 

 

 急には 変われないとしたら

 少しずつ 徐々に 気づかれないように

 ・・・そして いつの間にか 変わっていた

 

 

 こうなっていれば 理想だと思いませんか?

 

 

 周りは誰も気づいてないけど

 自分自身だけは 確実に変化している

 でも 自分でも 変化にも気付けない

 

 

 そんな生活を続けていると

 そのうち 変化していますが

 非常に大きな問題点が出てきます

 

 

 身近な人でさえも変化に気付かない

 

 

 オレ 本気出すからとか

 今回は 絶対 頑張る

 もう遠慮しないし 失敗しない

 

 

 こんなことを一切言わなくて

 特に変わったこともなく変異して

 周囲には 突然変異に映ってしまう

 

 

 タイミングよく打ち明けておかないと

 別人のような振舞いを不審に思われます

 

 

 周囲が同じように成長してはくれない

 ココを完全理解しないとショックを受けます

 ( 周りを 置いてきぼりに してしまいます )

 

 

 ちょっとした虚しさを味わうのが

 変化した人として 難儀なところかも?

 

 

 毎日 強引につくった大きな時間に

 非日常を組み込み続けると突然変化します

 差がつく意味も自然理解 ・ ・ ・

 

 

【 編集後記 】

 

 

 『 うわさ 』 そのものについて

 調べる機会があったのですが

 おもしろい見解を拾ってきました

 

 

 『 信じたいように 信じる 』

 

 

 もう こうあって欲しいのよね

 

 

 あるわけないか と

 ちょっと考えれば 分かるんですけど

 その ちょっと を 考える前に

 

 

 ・ ・ ・ 次の人に 伝え 広まる

 だって そのままの方が面白いから

 

 

 行き過ぎると 噂そのものが持つ

 制裁機能も機能しなくなります

 ( チョットだけイヤな想いをさせたい )

 

 

 行き過ぎた行為者はダレ? と

 吊るし上げられるので 注意しましょうね

 ( 噂を立てることが間違ってます )

 

 

 

時間貯金通信 0156.

整理後の空き時間だけで自己再発掘・再形成する

 

 

 ご利用は計画的に

 

 

 借金返済みたいですけど

 自分で獲得した大きな時間なのに

 時間借金返済 コレで合ってる?

 

 

 ギャンブルで勝てる人ってどんな人?

 

 

 そんなの知らんがな ・ ・ ・ ですけど

 緻密で計画的 超・自律 建設的思考

 こんな感じになるでしょうか

 

 

 自己再発掘・自己再形成って

 ギャンブルと同じなの?

 

 

 整理後の空き時間だけしか使えない

 余ったお金で趣味を楽しむのと同じ?

 

 

 同じでしょ?( 何で? )

 

 

 自力で獲得 / 緻密に計画立案

 建設的に超・自律しないと垂れ流す

 整理を繰り返し 余力を拡大し続ける

 

 

 同じでしょ!( 何で? )

 

 

 お金を削ることは 自分を削ること

 時間を削ることも 自分を削ること

 ココが同じと感じると 同じになります

 

 

 日常生活を削り落としてまで

 自己再発掘にムキにならない

 建設的で緻密に自律できれば充分

 

 

 ココまでできれば

 勝手に仕上がります

 

 

【 編集後記 】

 

 

 干しシイタケをもらう

 さあ どうする?

 

 

 分からなくなって クックパッドで

 干し椎茸 の 炊き込みご飯

 なるものを ( 文字にて ) 発見

 

 

 初めに想像したものが

 丸々の干し椎茸が炊飯器から

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ インスタ映え?

 

 

 

時間貯金通信 0157.

初めに二歩目の想定を踏み込んで考える

 

 

 一歩踏み出すと

 「 これで踏み出せたー 」と安心して

 以後 何もしなくなる

 

 

 踏み出した足をそっと元に

 ・ ・ ・ そして 何もなかったことに

 

 

 別のところに着地しないと

 結局 何もしなかったことになります

 

 

 どれだけ小さい幅でもいいので

 以前居たところからは違うところに

 必ず 着地をして欲しいんですよね

 

 

 どれだけ怖くても 前に進んで

 元の位置には 戻らないように

 何があっても 戻れないようにする

 

 

 一歩前の景色が見えていても

 全然 振り返ると届く位置に居ても

 前に出た以上 何かが変わっています

 

 

 戻れない位置に来ることが大事 

 戻れない覚悟を決めることが大事

 怖ければ踏み出す幅を限りなく小さくする

 

 

 一歩踏み出すことは大事ですけど

 もっと大事なことは もう一歩踏み出すこと

 

 

  二歩踏み出すとどうなる?

 

 

 一歩でも大変ですけど 同じ労力で

 もう少し 進ませてみるとどうなるのか?

 

 

 「 あー 戻れなくなるのか ・ ・ ・ 」

 戻らないと決めたら ラクになれます

 

 

 まずは アタマで考えてみる

 もう一歩 踏み出す ・ ・ ・ と

 アタマの中を もう少し進ませてみる

 

 

 分からないことを考えることに慣れてね

 

 

 まず脳内で二歩踏み出すから前に進む

 戻れない位置へ来る覚悟を決めて

 振り返らないから変化できるんですよね

 

 

【 編集後記 】

 

 

 とある犯罪の加害と被害について

 サイトを読んでいたのですが

 

 

 加害者は自分の加害者性は

 すっぽり抜け落ちている

 

 

 加害者は想像力がないわけではない

 加害行為をする前には 計画的に

 シミュレーションをしているくらいですから

 

 

 ただ、被害者の気持ちを

 想像する領域だけが足りていない

 

 

 淡々と説くと あるとき一気に

 気が付き ハッとする

 ( 被害者でなく 加害者だったんだ )

 

 

 ハラスメント行為者の( 飛躍した )

 論理のすり替えと 同じじゃないか

 

 

 ・ ・ ・ ん?

 ハラスメントは犯罪なのか?

 いじめは犯罪です!のポスターもあるか

 

 

 

時間貯金通信 0158.

一歩目を踏み出す勉強に慣れ過ぎない

 

 

 編集後記から書いていたら

 編集後記が 長くなり過ぎました

 

 

 一歩 踏み出したよー

 また 一歩 踏み出したよー

 またまた 一歩 踏み出したよー

 

 

 股が裂けるよ

 どうせ同じ足しか出してないでしょ

 

 

 気づかないうちに しれっと戻す

 そして もう一度踏み出してみる

 そしてまた 踏み出してみることにした

 

 

 聞く方が飽きちゃうんです

 また? 何も変わる気ないでしょ!

 

 

 どげんとせんといかん! と言いつつ

 どうにもならん! 助けてー! を 繰り返す

 

 

 変わろうとしているのは 分かるんです

 だから 周りも 手を貸すし 手伝うんです

 大事なところで 同じことを繰り返すのは なぜ?

 

 

 ポーズなんて必要なくて

 後のことを考えて 尻込みするなら

 初めから周りを巻き込んで 前に出ない

 

 

 大半の人は それで満足したり

 そこで 力尽きたりするので

 他責にしちゃうんですけど それで満足?

 

 

 自分だけは分かるんです

 何も変わっていない 踏み込みが足りない

 

 

 勇気が足りないのではなくて

 勇気は あり過ぎるほどかもしれない

 ( 脳みそが足りない? 言ってない! )

 

 

 想定が足りないのは

 二歩目を踏み出した人と比べれば

 理解できますよね

 

 

 一歩踏み出した人の周りに居るのは

 一歩踏み出したことの経験がある人と

 一歩も踏み出したことがない人

 

 

 ゼロ歩の人と一歩の人が居るんですけど

 なぜか二歩の人は居ない

 ( 二歩踏み出した人は そこには居ない )

 

 

 一歩踏み出した人に 頑張って!

 と言われても 安心できないです

 ( 何でココに居るの?とも訊けない )

 

 

 じゃあ大きな一歩を踏み出して

 ・ ・ ・ 危険過ぎて引き戻される

 ( 二歩踏み出して欲しくないかも )

 

 

 二歩踏み出すと 一歩の踏み出し慣れ

 した人とは 訣別の関係に

 精神的に突き放される覚悟は先に決めよう

 

 

【 編集後記 】

 

 

 『 優しい人 』 調査報告!

 ( 唐突なタイトルですが )

 

 

 ちょっと分かりにくいところから

 引き抜いていきますが

 

 

 - ここから -

 

 

 優しい人は約束を破られても それを咎めませんよね

 ・ ・ ・ ・ ・ ・

 『 どうぞご自由に、でも約束を破った結果が

 どんなことになろうと文句は言うなよ 』

 という意味が込められている優しさなんです

 

 

 免罪されたと思ってその優しさに甘えていると

 静かに音も立てずに信頼を失っていき

 最後はバッサリと斬り捨てられてしまうということ

 

 

 その覚悟があってこその優しさであって

 優しい人というのは肝の座った怖い人でもある

 ってことです

 

 

 いざとなったら非情になれるのが優しい人

 優しい人の信頼は裏切らない方がいい

 

 

 - ここまで -

 

 優しい人は怖い人

 ( DJあおいさんのブログ記事より )

 

 

 何が起こったか理解できないまま

 信頼関係が壊れ 見捨てられて

 「 甘え過ぎてない? 」

 

 

 ココで気付いても 取り返しがつかないし

 背負った傷の回復の見通しも立ちません

 

 

 - ここから -

 

 他人の優しさに甘えているから苦しくなる

 他人の優しさに敏感にならないから困難が来る

 

 他人の優しさに甘えてはいけない

 一番怖いのは「優しい人」だと忘れると

 痛い目に合うのは己だと

 

 - ここまで -

 

 

  優しい人が一番怖い

 ( ゲッターズ飯田さん の過去記事 )

 

 

 ヒドイことをして 逃げ隠れして

 ゴメンなさい も 言えなくなっても

 どれだけ怖くても 責任は持たないとね

 

 

 - ここから -

 

 『 静かに怒る人は恐ろしい 』

 貉菊さんのブログより

 

 普段の性格は穏やかだが、怒らすと非常に怖い人というのがいる。

 

 しかしそういう人は怒っていても外見上は分からないことが多く、

 怒りの原因となった人が見誤ってついつい失礼な態度を加速することに

 なりがちである

 

 

 大抵の場合その場で怒鳴ることなどはないのだが、

 後々に真綿で首を絞めるような手段を駆使してくるのである。

 

 「怒りはゆっくり煮詰めると美味い」などと言うが、手練手管を駆使して

 相手が逃げられぬ状態にしてから一気に畳みかけてくるので、

 本性を知ったときには既に遅いという。

 

 

 そもそも怒りのエネルギーをコントロールできるという能力だけを見ても

 只者ではないので、一見相手がおとなしく見えても油断はならぬ。

 静かに見えても、その瞬間に相手の態度や言動を記憶することで、

 見返すためのモチベーションを高めているからである

 

 

 - ここまで -

 

 

 半年間怒りを溜めこんで

 半年分の怒りを一瞬に集めて 一気に沈める

 その一瞬が去った後は もう普段通りに ・ ・ ・

 

 

 温厚な人が怒ったキレたのではなく

 図に乗った人が 冷酷に一瞬で沈められた

 

 

 そんなのに居合わせた人は

 怖さ云々を通り過ぎて そうそう 近寄れない

 

 

 気配も醸し出す空気も

 完全に変わっているはずなのに

 表面的には 何も変わっていない

 

 

 怒りをコントロールなんて

 できないもんね ・ ・ ・ ふつう

 

 

 もし優しさに甘えた状況に居るなら

 恵まれているうちに 何とかしないとね

 

 

 

時間貯金通信 0159.

未来の自分に合う機会をつかむ

 

 

 よくやってしまい よく飽きて

 失敗を繰り返すのが コレ

 

 今(過去)の自分に合う

 機会をつかもうとしてしまう

 

 

 自分らしくは

 未来の自分にふさわしいこと

 

 

 頑張った自分に合う機会をつかまないと

 ずっとずっと 楽しく なくなっちゃいます

 

 

 頑張り続けないといけないのではなく

 成長した自分に合う機会を見つけて

 成長した後に また別の機会をつかむ

 

 

 この作業の繰り返し なんだろうなぁ

 

 

 自分のことを退化著しいと思えるなら

 今(過去)に合う機会をつかみ続ければ

 イイと思うんですけど ・ ・ ・ 退化したい?

 

 

  ですよね

 

 

 考え方を変えるだけなんですけど

 未来の自分を想定という考え方が難しい

 

 

 頑張った自分に合わせ続けること

 になるので 頑張り続けないといけない

 

 

 楽しくないといけないので

 進歩が見える自分の速度に合わせる

 

 

 成長に合わせて短期間で

 機会を変えないといけない

 

 

 結構 めんどくさくて細かいです

 未来の自分が ブレ動くなんて

 ( 未来が見えなくて当たり前ですけど )

 

 

 ココを分解するのも面倒なのですが ・ ・ ・

 ( アンタが書いて説明するんでしょ )

 

 

 毎日の自分の成長度合いを知る

 成長したら つかむ機会を変える ( 上げる )

 退化しても つかむ機会を変える ( 落とす )

 

 

 毎日 自分を経過観察しろ!

 の一行で 済んでしまいました

 

 

 成長したければ 頑張りではなく

 自分に合うべきつかむ機会を毎日微調整

 細かく厳しく自己観察してみて

 

 

【 編集後記 】

 

 

 喚き散らす人を調べようとして

 上がって出てきた単語が 『 怒鳴る人 』

 感覚的に同じだから 出てきたんでしょうね

 

 

 気になるところを拾い上げていきます

 

 ・ 急に穏やかになり冷静になることはない

 ・ 不安を怒鳴ることでごまかす

 ・ 予測や期待の通り との 差が大きい

 ・ 人間としての器が小さい

 ・ 恐れているのは怒鳴っている方

 ・ 怒鳴った相手が都合よく動いた成功例がある

 ・ 自制心が弱い

 ( 余談 → 自制心は習慣によって身に付いていく )

 

 

 重要なところは 怒鳴っているほうが

 恐怖心を持っていて 器が小さいということ

 

 

 思い通りにいかなくて 目一杯

 動揺しているのを隠すために

 怒鳴ったり 喚き散らす 

 

 

 知ってしまうと( 不愉快ですけど )

 別に なんてことないですよね

 

 

 相手にされなくて喚き散らすけど

 まったく 相手にしなくていいとは ねぇ

 

 

 ( 補足 ・ ・ ・ 編集後記に補足? )

 キレる行為がハラスメントと認定されると

 会社が損害賠償を負う可能性もあるので

 キレる社員には解雇が得策 ・ ・ ・ 云々 納得!

 

 

 

時間貯金通信 0160.

強制的に勉強を諦めてみる

 

 

 思い切って 何もかも

 捨ててみると分かる

 何が大事大切だったのか

 

 

 無理やり抑え込んで 今まで

 何となくしていたことを すべて忘れる

 

 

 ルーチンワークのうち

 外せるものは 全部外してみる

 

 

 自己啓発関連で

 自発的にしていた勉強を

 全部忘れて 敢えて何もしない

 

 

 何もしないようにして

 何に一番気掛かりなのか

 自分で自分を振り返ってみる

 

 

 一番気掛かりだったものを

 2週間外して 1年外す意識をする

 

 

 1年取り組まないとどうなのか?

 意識しないなら 一生外すとどうなのか

 

 

 あー 何の問題もないなぁ

 今までの蓄積を捨てることになるけど

 ・ ・ ・ もったいないなぁ

 

 

 もったいない で 済むなら

 もったいない で 済むものです

 

 

 もったいないで済まないと感じたときは

 もったいないで済まされない理由を考えてみる

 

 

 何で 本腰を入れられないのか

 何で 中途半端だったのか

 何で ウヤムヤで平気だったのか

 

 

 ウヤムヤでよくないのに

 ウヤムヤでよくない理由を考えていない

 考える前に取り組んでしまうから そうなる

 

 

 本腰を入れる前に

 本腰を入れる理由を考えると

 

 

 乗り上げて座礁する前に

 踏ん張り切ることもできますよね

 

 

 座礁する前に強制的に諦めてみると

 本腰が入らない本当の理由に気付く

 折れる前に中途半端から卒業しよう

 

 

【 編集後記 】

 

 

 文章を書きながら クルクル

 入れ換える作業を繰り返してます

 

 

 書きながら考えて

 文節を取り外して 付け直す

 全消し ・ ・ ・ 段落換え

 

 

 時間がかかって仕方がないし

 不完全で公開に後悔もしますけど

 これも公開処刑的成長でいいのかも

 

 

 

【 時間貯金通信 】 
01-10  11-20  21-30  31-40  41-50  51-60  61-70  71-80