121.『 正社員なら何でもいいわけではない 』

 

「 何でもいいから働けって 言われたんだけど 」

「 じゃあ 何でもいいから 働いたら? 」

 

「 何でもいいとは思っていない 」

「 何がいい? 」「 うーん 」

 

「 どこ行く? どこでもいい と 一緒じゃないの? 」

「 あー 違わないかも? 」「 決めないの? 」

 

「 決めたいんだけど 決まらないんよね ホントに 」

「 何でもいいから 決めちゃったらいいのに 」

 

「 どういうこと? 」「 決めてから違う!を繰り返す 」

「 そんなにテキトーでいいの? 」「 テキトー? 」

 

「 一つ目さえ決められない人と どこかに行きたい? 」

「 行きたくないじゃなくて 行きようがない 」

 

「 どうしても頑張りたかったら 先に練らない? 」

「 何の話? さっきのどこ行くのヤツ? 」

 

「 そうそう しっかり先読みして練り込むでしょ 」

「 練り込み段階で 決めてから違う!を何度も繰り返す 」

 

「 それでも気に入らなかったら フラれるんだけどね 」

「 いきなりフラれるの? 」「 そんなもんじゃない? 」

 

「 実際は そうなんだろうね 」「 多分ね 」

「 無意識のうちに相手を考えながら 練り込むでしょ 」

 

「 いくら何でも 自分勝手にはできないからね 」

「 失敗したらショゲる? 」「 フラれたくないでしょ 」

 

「 でも 何度もフラれることもあるかもしれない 」

「 何度も言わなくてもいいよ 」

 

「 決めてそれに決まらなかったらどうするの? 」

「 続けるか 続けるかでしょ 」「 あきらめないの? 」

 

「 生理的にムリ 物理的に不可でなければ続けない? 」

「 続けたいけど ココロが折れない? 」

 

「 方向転換は いつでもどこでもできるよ 」「 え? 」

「 何マタでもOK! 」「 表現が不謹慎だわ! 」

 

「 選び放題で まるで天国でしょ 」

「 だから言い方が おかしいって! 」

 

「 でも結局 最終的に選ばれるのは一つだけ 」

「 浮気をしない純粋で誠実な人がイイってことね 」

 

「 なんか好き放題言ってるけど 合ってるの? 」

「 間違ってもないとは思わない? 」「 っぽいけどね 」

 

「 ここまで聞いても 何でもいいつもりで決めないの? 」

「 案外 自由に考えてみればいいものなのね 」

 

 

 思い込んだら 試練の道?

 

 

【 編集後記 】

 

選んでないようで選んでいて 選んでいるようで選んでいない 

選べないのかもしれないから ハナから自由に選ばない

 

 えり好みするほどはないかもしれないけど

 何にもないわけじゃない という複数選択肢

 

ぜーんぶ 答えを先に伝える二次化がいけないのかも?

 

 

 

122.『 茶番はもう見たくない 』

 

今の世相は 失われた20年ではなく

失わせた20年の影響を受けた 茶番風潮

 

 この過激に映る物言いの真偽は・・・

 

「 この肩書きでは 真剣勝負したいのにできないの? 」

「 急にどうした? 」「 何もかも イヤなんだけど 」

 

「 超・合理化抑制社会にずっと押し込まれてて平気? 」

「 イヤだよ 偏見・先入観ばかりで見られててさぁ 」

 

「 肩書きを外せばいいじゃない! 」

「 どうやって? 」「 それは自分で考えて 」

 

「 こういうのが嫌なんだ… 」「 イヤなこと言った? 」

「 逃げてる逃げてるって どっちが逃げてるんだよ! 」

 

「 何でもかんでもトップダウンで 下に責任とらせてさ 」

「 上は上で 都合のいい体裁のいい言い訳をして消える 」

 

「 ホントに責任取ってないと思う? 」「 取ってない 」

「 法整備が進んでるけど それでも物足りない? 」

 

「 下駄を履かせる法改正や整備じゃなくて 幸福感がね 」

「 ダメなの? 」「 先が暗い世相を何年続けてるの? 」

 

「 一般論はイイから ホンネを言えば? 」

「 どこをどう突き進めば 個人の幸せがやって来る? 」

 

「 本気で突き進めて 信じて追い求めればやってくる 」

「 またそうやって濁して ウヤムヤにしてるでしょ? 」

 

「 茶番風潮を見たくなければ 自力で奇跡を起こせば? 」

「 今度はそうやって 飛躍するでしょ 」

 

「 奇跡が起きる確率はどのくらい? 」「 知らないよ 」

「 起こすしかないとしたら 奇跡を起こしに行かない? 」

 

「 本気で言ってる? 」「 茶番に負けたくないでしょ 」

 

「 見たくなければ 見なくていいところに行け! 」

「 ちょっと言っただけで ココまで言われるの? 」

 

「 誰が見ても分かるくらい 本気でやってみたら? 」

「 本気でやってみたら 誰かが受け止めてくれるの? 」

 

「 ココまで来て まだクレクレ思想? 」

「 ・ ・ ・ 」「 言い出しっぺ 言葉を返してね 」

 

「 何を言っても否定されそう ・ ・ ・ 」

「 もう言ってしまったんだから 後には引かないでよ 」

 

「 気迫を見せなさいよ! 」「 意味を教えてよ 」

「 他に力強く働きかける精神力 って書いてたよ 」

 

 

 いろんな人をグラつかせてね

 

 

【 編集後記 】

 

挑戦! 挑戦!! 挑戦!!! 何度も言われています

言っている人は何かに挑戦しているのでしょうか?

 

 グラつかせるのは挑戦している人なのにね・・・

 

 

 

123.『 つまづきの原点に戻りたい 』

 

『 フリーター 原点 』『 戻りたい年齢 』

 

つまづいたと思ってしまうから戻りたいと感じるのですが

戻ると同じことを繰り返してしまわないのでしょうか?

 

「 時間を戻してほしいと思うことがあるんだけど 」

「 いつまで? 」「 フリーターになったときまで 」

 

「 なれないものに なろうとしても 無理があるでしょ 」

「 なれないものってナニ? 」「 フリーター 」

 

「 フリーターって ないものなの? 」

「 単なる起業準備とか就職活動の延長戦でしょ 」

 

「 でも 今では どこでも書いてるでしょ 」

「 なに無理やりな肩書きを背負って 安心してるの? 」

 

「 戻る基準となる点が欲しい 」「 戻ってどうするの? 」

「 その地点から考え直して修正する 」「 ホントに? 」

 

「 なんかマズいこと言った? 」

「 その地点から考え直して どこから始めるの? 」

 

「 今から 」「 でも設計地点は 当時からでしょ? 」

「 うん 」「 いつまで経っても 戻ってこれないよ 」

 

「 どうして? 」「 毎日を倍速とか3倍速で過ごすの? 」

「 意味が分からないよ 」「 そうしないと追い付かないよ 」

 

「 今からの修正に スライドすればいいだけでしょ? 」

「 当時の傷を掘り起こして 感傷に浸ったりしない? 」

 

「 反省は反省として しておかないといけないでしょ 」

「 義務感からなら しない方がいいんじゃない? 」

 

「 失敗があるから今があるって よく言うでしょ 」

「 後悔して立ち止まって終わるだけな気がする 」

 

「 イヤなことばかり言って ・ ・ ・ 」

「 何のために つまづきの元に戻るの? 」

 

「 つまづきが分からないと 前に進めない 」

「 今懲りていたら それで十分じゃないの? 」

 

「 懲りた後 どうすればいいのさ 」

「 懲りたなら 何をどう懲りたかを書き止めたら? 」

 

「 思い出したくないんだけど 」

「 イヤイヤ つまづきの原点に戻りたいって言ったでしょ 」

 

「 昔の想い出なら テキトーに美化してるから戻れるの? 」

「 なんてエグることを言ってしまうんだ この人は 」

 

「 つまづいてるのは 今? むかし? 」「 昔も今も 」

「 じゃあ 今を治さないと 」「 漢字 ソレなの? 」

 

ホンネは言いたくないんだけど 荒療治が必要な人も ・ ・ ・

 

 

【 編集後記 】

 

17歳に戻りたくて当時の担任に再会して

戻りたい年齢に戻りましたが 時間は戻りませんでした

 

 再会までの年数で自分がどうなったか

 

当時よりはプラスに生きていると実感でき 救われましたが

そうではなかったと感じた場合 どうなったのでしょう?

 

 

 

124.『 強気に生きたい 』

 

はじめに強気の意味を記しておきます

 

強気 )

成功する(勝つ)と見越して積極的な態度に出ること。

よくそういう態度をとる傾向

 

「 強気に生きたいと思うんだけど すぐ萎えるんだよね 」

「 弱気の意味を調べてみたら? 」

 

「 気力に欠け すぐ弱音を吐・・・ わざと言った? 」

「 強気の意味も知ってるんでしょ? ほど遠くない? 」

 

「 別にいいんだけどさぁ 希望くらい言わせてよね 」

「 強気に生きたいんだったら 思い切り生きてみたら? 」

 

「 他人事と思って ホントよく言うよね 」

「 生きたいという希望の実現なんだから 楽勝でしょ 」

 

「 うーん なんだかなぁ 」

「 願望なんだから 積極的な態度に出られるでしょ 」

 

「 でも 実際の生活態度を変えるわけでしょ? 」

「 成功するしないなんて 考えない! 」

 

「 テキトーだなぁ 」

「 見込み違いでも 何でもいい 」「 よくない! 」

 

 

積極的になればなるほど 変われるんだから

どんどんやってみた方がいいと思うんだけどね 

 

 

【 編集後記 】

 

言葉の意味を調べて 反対語になる言葉の意味も調べる

比較しながら 何がどう違うのかを考えるとヒントが出ます

 

 読む人へ書いているやら 自分のために書いているのやら…

 

 

 

125.『 できるだけ頑張ってみたい 』

 

できるだけ頑張る その言葉は触れない方がいいのだろうか

それとも目一杯つついて 本気かどうかを知った方がいいのか

 

 言葉を発した時点で 奥底が見えるとしたら

 使う言葉も考えながら発しないといけなくなります

 

「 これから できるだけ頑張ってみたいんだけど 」

「 おう! ガンバレ!! じゃーね 」

 

「 それだけ? 」「 うん それだけ 」

「 何かないの? 」「 ないよ 頑張るんでしょ 」

 

「 なんか拍子抜けだなぁ 」「 何に期待したの? 」

「 えーっと いや なんでもない 」

 

「 ハッキリ言ったら? 」「 ・・・そばに居て欲しい 」

「 はい? 」「 結果が出るまで ついててほしい 」

 

「 あのさぁ 日本語を使い間違えてない? 」「 え? 」

「 まぁいいや ひとりじゃ 何もできないの? 」

 

「 その日本語も 使い方を間違ってない? 」

「 できるの? 」「 できないかも しれないです 」

 

「 誰のために できるだけ 頑張ってみたいの? 」

「 自分のために できるだけ 頑張ってみたい 」

 

「 自分のためなら できるだけという言葉は必要? 」

「 いらないの? 」「 できなかったらしないでしょ? 」

 

「 そこまで 極端なことは考えてないよ 」

「 できるだけ頑張ってみたいけど できないかもよ 」

 

「 またそうやって 揚げ足を取る! 」

「 じゃあ 一人で頑張りなさい! 」

 

 

ひとりで頑張るって ものすごく寂しいんですよね

 

 

 

【 編集後記 】

 

「 行けたら行くわ 」 コレ行かないですよね

 

「 まぁ 行かへんわなぁ 」は 関西流

「 来る予定で心づもりをする 」は 関東流

 

行くことができそうだったら 行くけど

そこまで期待はしないでねー が 関西?

 

じゃあ 関東は?( 誰か教えて )

 

 

 

126.『 できれば1回の面接で決めたい 』

 

とにかくめんどくさいのが面接という儀式

 

選考が書類と面接の二段階 応募者多数の場合

その面接が 何度も何度も ・ ・ ・

 

できれば1回の面接で決めたいのがホンネですよね

 

「 就職したいけど 何度も面接はしたくない 」

「 ホンネなんだけど 言っちゃダメなの? 」

 

「 オーディションと思えば? 」「 楽しくないけど 」

「 いい会社には人が殺到するから 仕方なくない? 」

 

「 誰でも何でも応募するから おかしくなる気がする 」

「 ある意味正解で ある意味不正解なんじゃない? 」

 

「 必要とされる人なら すぐにでも 採用されない? 」

「 採用者の気持ちだから それはどうなんだろ 」

 

「 ふーん 納得いかないなぁ 」

「 でも どこでも選ばれるような人になるのが 大前提 」

 

「 なったとしても それでも 何度も選考があるの? 」

「 そこで働くたくさんの人を知っておいた方がよくない? 」

 

「 こっち側が 品定めしても いいってこと? 」

「 言葉が良くないけど・・・ 面接は双方向だからねー 」

 

「 ホントにいい会社で働こうとするのって難しいね 」

「 だから妥協をしてはいけないし させてもいけない 」

 

「 そこまで考えている人って居るのかな 」

「 居ないと思えばそれまでだし それまでの会社 」

 

「 居ると思えば 妥協はできなくなるってこと? 」

「 その上で 一発内定を目指すなら価値がありそうでしょ 」

 

めんどくさいから出たものではなくて

練り込んで 絞り込んでの一回きりの面接勝負なら価値あり

 

 

 一発勝負でアガらないキモにするにはどうすればいい?

 

 

【 編集後記 】

 

「 どこの馬の骨か分からない 」

とある会合で言われたのですが 上から目線を感じてました

 

「( この部類と話してもムダ? )」

バッサリ落としちゃうのが悪いところです

 

大多数の中で精鋭はそうそう見つかるものではない

だから こちらが折れることなく捜さないといけない

 

 欲しいものをさがすのではなく( 探す )

 見つからなくなったものをさがす( 捜す )

 

毎日が ・ ・ ・ 捜査?

 

 

 

127.『 納得のいく生き方がしたい 』

 

コレを決められないから 毎日が右往左往して立ち往生する

誰が納得すればいいのか? もちろん生き方を決める本人です

 

ついつい不安になって 自分以外に 訊いてしまってません?

 

「 納得がいく生き方って どういう生き方なの? 」

「 分からないなら 言葉の意味でも調べてみたら? 」

 

「 他人の考え・行為を理解し もっともだと認めること? 」

「 余計に分からなくなったけど 責任とってよ! 」

 

「 なんで責任とらないといけないの? 納得いかないわ 」

「 自己満足とは違うの? 」「 さぁ 知らなーい 」

 

「 ぜんぜん相手にする気ないよね 納得いかない・・・ 」

「 そろそろ 遊ぶのやめない? 」

 

「 意味をそのまま取るけど 基準は自分か他人 どっち? 」

「 両方だと思う まず自分が納得で 他人が納得だと思う 」

 

「 考えと行為を もっともだと思える生き方だそうですが 」

「 もっとも って ナニ? 」「 道理にかなう 」

 

「 考えと行為が 道理にかなっている生き方? 」

「 筋が通っている とでも考えたら? 」「 うーん 」

 

「 まず自分で考えて 他人に確認して 自分にもう一度戻る 」

「 とことんまでやって結論を出して 完全燃焼するとか? 」

 

「 そう言うのなら そうなんじゃない? 」

「 何で 煮え切らない返事ばかりするの? 」

 

「 決めるのは 本人だから 返事をムヤムヤにしてる 」

「 うやむや じゃなくて? 」「 どうだって いいでしょ 」

 

「 どうすりゃいいわけ? 」「 自分で決めなさいよ! 」

「 うーん・・・と 毎日を納得させて 未来も納得させる 」

 

「 うん それで? 」「 ゴールがないからゴールをつくる 」

「 ゴールをつくって 毎日の日常生活に戻してくるんでしょ 」

 

「 いや そうなんだけど ・ ・ ・ 遠すぎて 戻れない 」

「 大きい先は ボヤーっと で いいよ 」

 

「 とにかく決める どんどん決める 勝手に決め続けて 」

「 納得がいかなかったら? 」「 消せばいい 」

 

「 そんな テキトーなの? 」「 未来は分からないからね 」

「 やってみる やってみた できませんでした で 何か? 」

 

「 できてないよ 」「 何もしなかったわけじゃないでしょ 」

「 そんなんでいいの? 」「 よくないの? 」「 うーん 」

 

「 自分で決めた 納得がいく計画なんでしょ? 」「 うん 」

「 それを少しでも実行できて 進んだでしょ? 」「 うん 」

 

「 どこが納得できないの? 」「 達成できてないところ 」

「 実行する前から 達成できてないことを悩むの? 」

 

「 達成できてないことを 冷やかされるのが怖いの? 」

「 実践するだけで勇気あると思われることでもしてみたら? 」

 

「 そんな怖いことできないよ 」「 まだ 何もしてない! 」

「 あのさぁ 小さいことも 大それたことも しないの? 」

 

「 そんな小さい自分で 納得してほしくないなぁ 」

・ ・ ・ この考え・行為を理解し もっともだと認めます?

 

 

【 編集後記 】

 

よごれちまった かなしみに いたいたしくも 怖気づき

よごれちまった かなしみに なすところなく 日は暮れる

 

にほんごであそぼ で 流れていた曲と絵が

あまりにも哀しすぎて 今でも印象に残っています

 

 怖気づくのがよくない! どうする? 自分・・・

 

 

 

128.『 武器を備えたい 』

 

資格を武器に! コレで就職が有利に! それってホント?

 

「 資格でも 何でもいいから 武器を備えたいんだけど 」

「 武器なんて持って 就職活動するの? 恐ろしいね 」

 

「 え? なんで? 間違ってるの? 」

「 相手が決めることだから 間違ってるかは 分からない 」

 

「 じゃあ なんで そんなこと言ったの? 」

「 間違ってると思わないなら 何でもいいから備えたら? 」

 

「 なんか違うなぁ・・・ 」「 何が どう違うの? 」

「 武器にならないなら いらないや・・・ 」

 

「 それくらいの気持ちなら 時間ももったいないね 」

「 どういうことなの? 」「 何のために資格を取るの? 」

 

「 今後や将来に 有利になるかと思って 」

「 じゃあ 取ってみて 取ってから考えたら? 」

 

「 そんな屁理屈いらないよ 」

「 武器を備えたいんでしょ? 」「 うん 」

 

「 自分そのものを武器にしたら? 」「 は? 」

「 資格でも得意でもいいけど 資格と得意をどうするの? 」

 

「 誰のために 何のために 活かすの? 」

「 え? 就職活動じゃないの? 」

 

「 組織の中に人が居て 組織の先にも人が居る 」

「 どこのどういう会社には どんな人が居るかは分かる? 」

 

「 たとえば? 」「 食料品店 お客さん 販売士 」

「 あとは? 」「 自分で調べなさいよ! 」

 

「 ぜんっぜん 浮かばないよ 」

「 資格ガイドを時間を掛けて 辞書みたいに読んでみたら 」

 

「 自分そのものを 誰のために 活かしたい? 」

「 自分そのものを 誰のために 活かしてみたい? 」

 

「 あー そういうことなんだ 」

「 誰のために活かすと 一番 自分に負担がかからない? 」

 

「 なんかラクしてない? 」「 そう? 」

「 負担がかからなければ 多くの人にたくさん還元できる 」

 

「 負担がかからないから 得意を伸ばしやすい 」

「 長所を伸ばすとは違うんだ 」

 

面接で意地悪してもね ホントは意味ない気がするけどね

 

 

 

【 編集後記 】

 

自分そのものを 誰のために活かしたい?

 

 元当事者だから 当事者がやさぐれて

 オチていかないようにしたい

 

説得力はある?

 

 今はない でも資格を取得すれば・・・ 

 

資格を取得すれば それは武器になるの?

 

 おまえ何言ってるの? と 言われないようにしたい

 

そのために資格を取るの?

 

ハイ! と 言い切れれば それが資格取得動機で

言い切れなければ 永遠の自分迷子 ・ ・ ・

 

『 言い切って 前に進む 』『 自分で区切る 』

『 自分の領域( ドメイン )を広げる 』

 

『 他人に認めてもらう( 他人が認める )』

 

 自分と他人が上手く交差すると

 受給合致で マッチングが完了! ですよね?

 

 

 

129.『 本当のことを言って欲しい 』

 

「 フリーターって いいことなの? 悪いことなの? 」

「 本当のことを 言って欲しいんだけど! 」

 

「 日本的雇用慣行って 分かる? 」

「 終身雇用制 年功賃金 ジョブローテーション 」

 

「 新卒一括採用 賃金モデル S字型カーブ ・・・ 」

「 聞いてる方が分からなくなるから 細かくしないで 」

 

「 毎年 毎年たくさんの人が来るところは それでいい 」

「 そうじゃないところは 新卒が来ないし 人も来ない 」

 

「 それでも 賃金体系くらいあるでしょ? 」

「 船が大きい方が いろいろな危険が少なくて済む 」

 

「 ないわけじゃないの? 」「 比較的少ない 」

「 世間的にはリスクが少ない生き方の方が 損はしない 」

 

「 トクになるわけじゃないのね 」「 損はしない 」

「 選べるからね 今の立場で 自分都合で選べる? 」

 

「 選びたいけど 選びたくないくらい 極端に少ない 」

「 そういうことが起きるのが 新卒と既卒の違い 」

 

「 この制度はなくならないの? 」「 なくしたいの? 」

「 なくなってほしい 」「 なくなるとどうなる? 」

 

「 新卒特権がなくなってしまう 」

「 どこのダレだか分からない人が 応募することになる 」

 

「 組織そのものが 混濁するかもしれないよね 」

「 それって いいことなの?悪いことなの? 」

 

「 企業体として 年々で流れがあるけど どうなんだろね 」

「 で フリーターって いいことなの? 悪いことなの? 」

 

「 年々での流れに乗れる方が 損はしない 」

「 あえて なる必要はないと思うって こと? 」

 

「 うん 余計なリスクは 背負わない方がいい 」

「 そういう解釈? 」「 想像を絶する苦しさだからね 」

 

「 なってしまった人は どうしたらいいの? 」

「 就職活動を続けて なったと思わなければいい 」

 

「 でも どこかで誰かが区切っちゃうでしょ? 」

「 自分とか 親とかでしょ? 」

 

「 4月1日付で 何もかもが変わってしまう認識がヘン! 」

「 でも 実際そうじゃない! 」

 

「 そのまま就職活動をやめなければいい なぜ辞めた? 」

「 就職をしない人も居るよ 何が問題? 」

 

「 人生空白を許さない 社会風潮をどう考える? 」

「 割り込めないの? 」「 ん? 角度の違う質問? 」

 

「 採用されれば 割り込めるよ 」

「 今じゃなくても 力を付けて遠い先とかね 」

 

「 何がよくないの? 」

「 人生空白を許さない社会風潮を呑み込んで へこむこと 」

 

「 へこまなければいいの? 」「 感情があることが問題 」

「 へこむ感覚を抱えて 何で就職活動なんてしてるの? 」

 

「 へ? 」「 就職活動前にメンタルフリーにしないの? 」

「 え? どういうこと? 」

 

「 就職活動前に 何で 全部仕上げないの? 」

「 全部? 」「 組織の中でどう生き抜くかの想定図 」

 

「 小手先で生きようとしていると 堕ちるよ 」

「 真剣だから怖いんじゃないの! 」

 

「 怖くても・・・ コワくても それでもしたいことは? 」

 

「 本当のことを言って欲しいって 言っただけなのに… 」

「 本当にしたいことを 言って欲しいだけなのに… 」

 

なかったらなかったで ないならないでいい これからつくれば

 

 

 

【 編集後記 】

 

本当のことなんて 知らない方がいい

でも 本当のことは 知っておいた方がいい

 

知らないよりは知っておいた方がいい

 

 求職者のホンネ フリーターのホンネ 

 元当事者のホンネ 採用担当者のホンネ

 親のホンネ キャリア・コンサルタントのホンネ

 

本当のことを知りたいのか ホンネを知りたいのか

それとも両方を知りたいのか・・・

 

突き詰めてみると他人のホンネじゃなくて

自分のホンネ 自分の本心を知りたくないですか?

 

 

 

130.『 レールを敷いてほしい 』

 

『 フリーター 歯車 』『 フリーター 社会復帰 生き方 』

 

終身雇用制での 年功賃金制やジョブローテーションを

レールと仮定すると フリーターの雇用環境は まるで歯車

 

居続けるも 降りるも 外れたければ自分の意思で

別のところをさがし歩いてください と 言わんばかりです

 

「 時給労働と言われる非正規労働者に レールはないの? 」

「 各組織で 賃金体系がつくり上げられていればあるよ 」

 

「 昇給や昇格 正社員登用有りとかあるでしょ? 」

「 実際はないでしょ? 」「 年一回の昇給はあるよ 」

 

「 ほかは? 」「 国内全組織をさがさないと分からない 」

「 でも昇給って言っても 年10円とかそんな程度だけど 」

 

「 それが不満なら 歯車から降りたらってことじゃない? 」

「 それが当たり前ってことなの? 」

 

「 パートさんのところに 割り込んだとは思えない? 」

「 だって 雇用もポストも ないでしょ! 」

 

「 フルタイムの一人分で 午前と午後の二人も雇えるよ 」

「 ワークシェアリングをすれば 二人が助かる 」

 

「 随分な話だね 」「 夜も昼も働けば一人分くらい稼げる 」

「 苦労人の次元じゃない! 」「 食べさせるのは大変です 」

 

「 どっちの味方なの? 」「 敵も味方もないよ 」

「 自分勝手にならず 事実と背景を知って 働き方を考えて 」

 

「 レールを敷いてほしいんだけど 」「 さすがにムリでしょ 」

「 人生にレールがないほうが普通だけど あった方がいい? 」

 

「 ないよりはあったほうが 気が重くならなくていい 」

「 正規労働者の仕組みは ホントに長いレールに見えるよね 」

 

「 うらやましくて しょうがないんだけど 」

「 派閥とか出世競争とか 言えないこともたくさんあるけど 」

 

「 ヒトの表とウラもよくない意味で見えるのは 覚悟できる? 」

「 そんなこと就職する前から考えたくないし 分からない 」

 

「 考える必要もないくらい 自分が働く軸を しっかりさせて 」

「 どういうことをしたくて どう生き抜きたいのか 」

 

「 同じことを なんで 何度も言ってるの? 」

「 何度も言わないとブレるし すぐ忘れるでしょ 」

 

「 ピンと来ないなぁ 」

「 人に尽くしたい? 仕事に尽くしたい? 」

 

「 分からない 言ってることが 」

「 人に惚れたい? 仕事に惚れたい? それともレール? 」

 

「 レールのことは もういいわ! 」

「 レールに乗ると すべてを忘れられそうだからね 」

 

「 ?! 」「 ん? どしたの? 」

「 浪人中の方が 不安だけど ものすごく悩むし 考える 」

 

「 ものすごく悩んで考えるから 伸びるし味も幅も出るかもね 」

「 悪いことばかりじゃないんだね 」

 

「 レールがない生き方の方が 速度規制がないから面白いかも 」

「 レールというか 既成概念という考え方の枠だと思う 」

 

「 その枠を外して 枠の外から自分なりに世の中を見直せば? 」

「 社会復帰なんて考え方をしているのが よくないのかもね 」

 

「 社会には学生の前 生まれたときから ずっと属しているよ 」

「 どういう肩書きを背負っても 社会には居ると思っていい? 」

 

「 社会から捨てられたと自己防衛で勝手に言ってるだけだから 」

 

「 今まで書いてきたハナシって いったいどういうこと? 」

「 新定義とかフリーターも ぜーんぶ 机上の空論じゃない? 」

 

ヒトと仕組みが ヒトをダメにしているなら

ヒトが 仕組みをつくりかえないといけないですし

 

ヒトが ヒトをダメにしているなら

ヒトそのものが変わらないと ダメなのかもしれません

 

 良くも悪くも ヒトが家庭をつくり 家庭がヒトをつくる

 良くも悪くも ヒトが組織をつくり 組織がヒトをつくる

 良くも悪くも ヒトが社会をつくり 社会がヒトをつくる

 

 

 個の自律が持続可能な社会への処方箋になるのかもしれませんね

 

 

 

【 編集後記 】

 

書いてきたことすべてを忘れないといけないのは少々哀しいですが

元々から フリーター問題も 問題提起もなかったですからね

 

失わせた20年のツケを払うのは

次世代 次世代と継がれてきたことに憤りを感じますが

 

社会貢献して逃げ切られたと思われる終身雇用世代の方々が

還元のために社会再挑戦される好ましい風潮づくりも散見されます

 

 『 野心・勇気・挑戦 』

 

いくつになっても どのような環境に居ても

忘れないようにしたいですね