071.『 非正規なのに休めない 』

 

自分の生き方をつくるために 休みたいのに休めない

普段から いつ休んでもいいように 働いてますか?

 

 ふつうに来て ふつうに帰っているだけなのに

 みんな忙しくて 用事で帰るなんて 言えない

 

・ ・ ・ 謎が解けました

 

『 超・合理化抑制社会 は 贅肉のない仕組み 』

休めないのは 非正規だけではなく 全労働者なんです

 

 贅肉のない社会ということは 遊びがなくギチギチしている

 

物理的な仕事量が増えれば 時間が必要になります

・ ・ ・ もう限界を超えてない?

 

『 余力のない人から ギチギチしていきます 』

 

「 最近 しんどいのに 休めないよ 」

「 実は 休んでもいい ( でも上手にね )」

 

「 ふつーに働いてるのに 休めないんだけど 」

「 なんで? 」「 休むのが怖い ・ ・ ・ 」

 

「 休んで 批判の標的になるのが怖いってこと? 」

「 うん そう 」

 

 ムラ社会みたいな話です

 

ギチギチし過ぎると 融通もなくなり 創意工夫も生まれません

 

 自分だけがしんどい・・・そんな人がたくさん居て

 休む人が羨ましくて 文句を言いたくなり 言ってしまう

 

『 順番に休めばいいのに 不器用でそれができない 』

 

 不平不満に巻き込まれるのが怖くて

 思い切った動きを取れなくなり 埋もれていく

 

『 それでも強引に 動きを取るか 動かないか 』

( 不平不満に巻き込まれない位置に 動いてから休む )

 

世間全体が ギッチギチになっている

完全なストレスムラ社会 ・ ・ ・

 

 社会全体から斬り込むと 24時間営業が増え

 昼も夜もなくなり 即日問題解決事項が増えた

 

迅速!迅速!という『 焦らされ 』によるせっつき

 

『 ストレスを破裂させるところを求めている!? 』

( 社会全体で起こそうとしていると仮定すると・・・ )

 

 自分たちで ギチギチにさせていることに

 上が気付くかどうかですが ・ ・ ・ 共感力は低い

 

『 上の層が気付くときは 下の層が暴発した後です 』

 

「 共感させるには 暴発させればいいのか・・・ 」

「 違いますよ 」「 違いますか? 」

 

「 この層を 外れた位置で見る位置に行くこと! 」

「 どうやって? これは聞いてもいいでしょ! 」

 

「 自分で答えを見つけて欲しいんだけど ・ ・ ・ 」

「 こういう問題に対処する力がないから 変われない 」

 

「 何で そこまでヒドイこと言うの? 」

「 ヒドイかもしれないけど その次元が普通になってる 」

 

「 そこまで ヒドイ状況になってるの? 」

「 なってるよ 気付いている人が あまりにも少ない 」

 

「 世間全体が ストレスでパンパンってこと? 」

「 根拠もないけど そうかもしれないね 」

 

「 だから どうすればいいの? 」

「 気付かれないように コッソリ変わっていけば? 」

 

「 誰にも気付かれないように 力を付ける 」

「 そして 居心地のいい場所を渡り歩き続ける 」

 

「 渡り歩き続ける力のある人だけが 生き残る 」

「 変化し続けられる人になれ ってことね 」

 

「 できない人は? 」「 結局 何もしなくて・・・ 」

「 どうすればいいの? と 言い続けるだけ 」

 

「 どういうこと? 」

「 アグラかいて 両手に食べ物持って 立ち上がれる? 」

 

「 立ち上がれるわけない 」

「 毎日 そんな生活をしていると思わない? 」

 

歩くためには 立っていないといけないし

歩き続けるには 体力が必要です

 

『 自律して自立して 歩き続けられるよう 体と心の体力を鍛える 』

 

強引な動きをとっても 反動が来ないように

こころの体力は鍛えておきたいですよね

 

 

 

【 編集後記 】

 

筆が進まなくなっています

 

課題が難しいこともあるのですが

文章の整理がつかない ・ ・ ・

 

( たまには 励ましてほしいときも・・・ )

 

 

 

072.『 非正規ループに入っている 』

 

『 非正規から出られない 』『 正社員 なりたくない 』

 

書きたくないなぁ コレ・・・

 

「 社長になるか 奴隷になるか 」

この一行は 正解だと思いますか?

 

 非正規から出られないのではなく 出たくない

 正社員になれないのではなく なりたくない

 社長じゃなかったら 奴 ・ ・ ・

( 暴君的な上司が居たり ・ ・ ・ )

 

 悪い状況に飛び込むことになるから 覚悟が必要ですが

 ここまで冷徹な会社なら 淘汰されて消滅してない?

 

「 社長になるか 奴隷になるか 」

 

この一行を読んでから 20年近く経つのですが

さすがに組織も 情報社会のために整備されている気がします

 

 ブラック企業・ブラックバイト( ブラックな雇用 )

 として公表され もしくは訴訟対象として叩かれる

( 個人的な泣き寝入りも まだまだあるので 何とも… )

 

そろそろ 本題に入りますね

 

正社員になりたくないから 非正規ループで生きる

その結果 自分自身の帰属( 所属・愛着 )意識が芽生えない

 

 仕事も会社も関係なく 私生活での時間で

 受け入れてもらえるところを 自分で見つければ

 どこでどう働いていようが ・ ・ ・ よくない?

 

社会に属する時間と私生活時間を分けられる時代になりましたが

それでも 1日の大半を過ごすのだから ・ ・ ・ 選びたい

 

「 この仕事なら たとえ 隷属となっても 構わない 」

「 この人の下なら たとえ隷属となっても 構わない 」

 

 24時間年中無休で働いてもいい と 思える仕事で

 24時間年中無休で働いてもいい と 思える人の下で 働く

( 社畜思想ではないことを ここで明言・明文化しておきます )

 

『 時間を掛けて さがして・見つけて そこから始める 』

 

 その時間がないから 非正規ループなのか

 その時間をケチって 非正規ループなのか

 

労働契約期間中は 手っ取り早く

カネをつかまなくても大丈夫ですよね

 

『 ループから出るには ループの間に考えないといけない 』

 

迷子から出るために 更地の雇用条件を見つけに行ってくださいね

 

 

 

【 編集後記 】

 

検索グセのために こころのクセが定着する

知りたい単語を調べ尽くして その単語で埋め尽くされる

 

『 脳 と こころ と 行動と習慣 』

どんどん どんどん 片寄っていき 偏見脳ができ上がる

 

・ ・ ・ 結局コレ よくない世の中になってない?

 

 

 

073.『 フルタイムで働いている 』

 

『 フリーターの賢い生き方 』『 生き方上手 』

 

 土日祝が休み の 完全週休二日制

 平日休 と 日曜日が休み の 完全週休二日制

 

さらに 事務系と軽作業系とその他の労働に分かれていきます

 

 自分の未来のため の 時間繰り

 休息・静養 と ストレスの発散

 

どこでどのように時間を空けて 自分の予定をねじ込むのか

思案のしどころです

 

「 週休二日制だと時間が足りないんだけど・・・ 」

「 ん? 何で? 」「 何か知らないけど忙しい 」

 

「 出勤前 何してるの? 」「 起きて行くだけ 」

「 そんなんだから 時間が足りないんじゃない? 」

 

「 ホント ムチャクチャで キツいよね? 」

「 朝から思考停止してるから 動けない! 」

 

「 寺子みたい 」「 お寺に行けば? 」

「 ちょっとは シャッキリするでしょ 」

 

「 早朝時間を使って 自分を変えていけばいい 」

「 何にもすることないのに 朝早く起きるの? 」

 

「 時間が足りないって 言ってなかった? 」

「 言ったけど そういう意味じゃない 」

 

「 どういう意味? 」「 何となく 忙しい 」

「 時間なんて足りないものなんじゃないの? 」

 

「 無理やり増やそうとしないと 時間は増えない 」

「 増やす気がないか 増やすための事柄がないか 」

 

「 増えないよ 時間なんて ・ ・ ・ 」

「 あー そっか! 」「 なに? 」

 

「 自分の持ち時間が どん詰まりになったことある? 」

「 早朝時間しか 使うところがないくらいの詰まり方 」

 

「 ないよ 」「 だからじゃない? 」

「 ぜんぜんわからないこと 言い出した ・ ・ ・ 」

 

「 分かる人しか 分からないんだけど そういうこと 」

「 早朝時間を使ってまで したいことをつくるのが先 」

 

「 まず そこまで忙しい状態を自分でつくる 」

「 それから時間をこじ開けて 無理やり用事をねじ込む 」

 

「 忙しい状態から解放されても ユルまず 用事をねじ込む 」

「 どんどん どんどん 用事をねじ込む 」

 

「 いいよもう ねじ込まなくて ・ ・ ・ 」

「 アタマのネジ足りてる? 」「 失礼はネジ込まなくていい 」

 

 忙しいけど時間が余っていて 実は余力もある状態

 通訳すると なーんもしたくない状態 に なってる

 

足りないものは『 活力 』です( こころの体力 )

 

「 こころの体力をつけるには どうすればいいの? 」

「 こころの体力をつけて こころの体力を鍛えればいい 」

 

「 なんなのもう! 」

「 動くから動けるのに 動かないから動けない 」

 

「 体力付けるには どうすればいいと思う? 」

「 運動とか筋トレとか ・ ・ ・ あっ! 」

 

「 自分から動こうとしないと できないでしょ! 」

「 ホント 身も こころも デブになってない? 」

 

「 こころのデブかもしれないけど 太ってはない 」

「 こころのデブは 認めるんだー 」

 

「 見えない話をしてるから難しいんだけど・・・ 」

「 意味は分かってくれた? 」

 

「 分かった で ・ ・ ・ どうするの? 」

「 本屋でもネット検索でもして 新しい興味をつくれば・・・ 」

 

「 エグるよ ホントにもう! 」「 いつも すいません… 」

 

 

 

【 編集後記 】

 

贅肉のない社会に対抗するには 筋肉質になるしかない

それが これからの標準(スタンダード)社会です

 

 先に断言してしまっていいかどうかわからないですが

 時給労働社会では まだまだ余力が残っています

 

ここにストレスのはけ口を求める

間違った人たちが たくさん居ることも事実です

 

『 上手にかわせば 余力は抜かれない 』

 

一人二人と抜け出して 世相転換しないといけませんよね

 

 

 

074.『 平日夜は友達に誘われる 』

 

『 フリーター 仲間 』『 誘惑を断ちたい 』

 

「 ボールは友達 」「 それミニチュア鉄球のこと? 」

「 大体わかってるけど パチンコのこと言ってる? 」

 

「 パチンコしてるの? 」「 してないよ 」

「 現場にずっと 座ってないといけないからね 」

 

「 同じところで働いている人と遊びに行く? 」

「 労働終わりに よく行くよ 」

 

「 何のために? 」「 え? 誘われるから 」

「 断らないの? 」「 断ると悪くない? 」

 

「 誘う方が悪い 何のために誘って巻き込むか分からない 」

「 えー そこまで言うの? 同じところで働いてるのに? 」

 

「 その時間で できることが一杯あるのに しないでしょ 」

「 たまーのストレス発散なのに 付き合えないの? 」

 

「 一回誘われると ずーっと仲間と思われて 誘われるよ 」

「 ホントに そんなに悪いことなの? 」

 

「 収入細い 時間が足りない 自覚ない 最低じゃない? 」

「 でも ・ ・ ・ 付き合いだからしょうがなくない? 」

 

「 そこを上手に断らないと 何もできなくなるよ 」

「 どうやって断るの? 」「 今日は やめとくー 」

 

「 そんなカンタンじゃないでしょ 」

「 誘惑を断ちたいなら 昼休みも何かしておいたら? 」

 

「 何で 昼休みは昼休みでしょ 」

「 寸暇を惜しんで 何かをしている人を誘うと思う? 」

 

「 少しくらいいいんじゃない? って 言われない? 」

「 昼休みを使うくらいしか時間がない って 言えばよくない? 」

 

「 寸暇を惜しんでまで打ち込む 何かがない ・ ・ ・ 」

「 だったら どこまでも 誘惑に流され続ければ? 」

 

「 ホントに極端! 」「 何かをつくらないから 」

「 ちょっとくらい いいじゃない! 」「 その意識が問題 」

 

「 誘惑を断ちたくないの? 」

「 うーん そこまでのことなのかなぁ って 思ってる 」

 

「 極端かもしれないけど 自分の肩書きで悩む人って少ないよ 」

「 残りの人は 何をどう考えてるっていうの? 」

 

「 諦めてるか 流されてるか 気付いてないか その全部 」

「 そこまで言える? 」

 

「 うん 悩んで検索する人も少ないし 検索しても動かない 」

「 同じ職場で 悩んでいる人自体が 重ならないってこと? 」

 

「 一人も居ないか よくて 一人居るかどうかじゃないの? 」

「 検索しても 自分の危機感に 自信が持てない・・・ か 」

 

「 現場に危機感がある人が居なくて 検索しても居ない 」

「 これで危機感を持てと言われても 難しくない? 」

 

「 親が先に気付いても 毒を吐く親だと言われてしまう 」

「 親は感情をぶつけてくるだけで 意味がない 」

 

「 親は感情があるから 冷静に指摘してくれないだけ 」

「 そうだとしても 適切な判断って 欲しくない? 」

 

「 親に何を求めてるの? 正解? 」

「 親が正解を持っていなければ 遊びほうけるんでしょ? 」

 

「 そんなことないよ ・ ・ ・ 」

「 ホントにそういうとき 子の立場って ズルい 」

 

 親は子に まじめに生きて欲しいだけなのに

 それが感情にまみれて グチャグチャになるから

 とにかく正社員になって安心させて!って 言ってしまう

 

「 別に正社員になって欲しいわけじゃなくてもいいかもよ 」

「 正社員という生き方が 安全そうに見えるだけだからね 」

 

「 ふーん そうなの? 」

「 遊びほうけている人に 何言っても通じないよね 」

 

「 なんで グッサグサ刺してきてんの? 」

「 いつまで経っても 気付かないから! 」

 

「 安心させようとして マジメなフリ してたりしてね 」

「 どこまで 見抜いたつもりで ゲシゲシ言うつもり? 」

 

「 逃げ道が ぜーんぶ消えるまで 」「 ホント ヤな人 」

「 モラトリアムじゃなくて 完全に 全力失踪だからねー 」

 

「 失踪の漢字 間違ってるよ 」「 失踪で 合ってるよ 」

「 あー間違った 人生全力逸走だった 」「 ・ ・ ・ 」

 

「 親は心配しかできない生き物で 口ベタだからね 」

「 ホントに大事なことほど 何も言えなくなる 」

 

何も言わないこと 不適格なことを逆利用して

ズルい生き方を重ねてると 手遅れになりますからね

 

 

 

【 編集後記 】

 

かつて 寂しがりのヒマな人に毎週末に誘われて

真夜中から朝方まで ずーっと遊んでました

 

家に居るのも気まずかったので便乗してましたが 

・ ・ ・ ホントに 何もできなくなります

 

できなくなった人が言ってるのだから 間違いないです

 

 

 

075.『 もう遅いと言われてしまう 』

 

『 フリーター 再起 』『 フリーター もう遅い 』

 

 諦めたくても 諦めると終わるとしたら 諦められない

 ただ それだけのことなんだけど なぜか 諦めてしまう

 

「 もう遅いって 誰が決め付けてるの? 」

「 だって もう遅いって みんなが言うから ・ ・ ・ 」

 

「 みんなって ダレ? 一人残らず連れてきて 」

「 ホント 屁理屈ばっか言うよね 」「 どっちが? 」

 

「 もう遅いって思うくらい みんな言ってるって! 」

「 実際に言われたの? 」「 気遣って 言わないだけ! 」

 

「 気遣いがなかったら 言われてそう っていう気配だけ? 」

「 実際そうだって! 自分に価値なんて なさそうだもん! 」

 

「 あー ホント逃げてるわ だらしない ・ ・ ・ 」

「 何でよ!! 奇跡を起こすくらいしかムリだって! 」

 

「 奇跡を起こすくらいしか ・ ・ ・ 起こせば? 」

「 起こせばって アンタ アホでしょ? 」

 

「 奇跡を起こしてくれるなら 全然! アホでいいよ 」

「 もう遅い を ひっくり返すには 奇跡を起こせ! 」

 

「 これで方法が 一つ見つかったから やれってか!? 」

「 あら~ よくお分かりで 」「 承服できない!!! 」

 

「 どこかで聞いた言葉だね 承服できないの? 」

「 できるわけないじゃない! 奇跡だよ!? 奇跡!! 」

 

「 もう遅いからの軌跡だからね 奇跡の跡形をつけよー! 」

「 元気なのは アンタだけだって!! みんな 萎えてる 」

 

「 今回は ものすごい抵抗だね そんなに突っ張る? 」

「 無理なもんはムリでしょ! 無理だから抵抗してるのに 」

 

「 無理を通すと道理が引っ込むでしょ? 」

「 言ってることは間違ってないけど やるのはダレ? 」

 

「 そんなの決まってるじゃない! 目の前に他に誰が居る? 」

「 逃げ場なし? 」「 もちろん! 逃げ場なし !!!  」

 

「 再起って 倒れているところから かもしれないからね 」

「 寝てる子を起こすと タイヘンな目に遭うよ 」

 

「 いや 脅しはイイから さっさと考えなさい! 」

「 奇跡ってね 起きないから奇跡なのに ・ ・ ・ 」

 

「 いやーもう嫌いだわ… 」

「 奇跡が起きるんだから 全然! 嫌われてもいいよー 」

 

「 いったい 何を信じてるの? 」「 奇跡を起こすこと 」

「 起きるじゃなくて 起こすの? 」「 うん 自発的に 」

 

「 さて いきましょー どうやって 奇跡を起こす? 」

「 うん 無茶をするしかないねー 」「 うん それから 」

 

「 無茶をしながら 冷静に片付けていく 」

「 うんうん アタマ イイねー それで? 」

 

「 ギリギリの構図を描いて 少しずつ修正していく 」

「 ホント凄いわ やればできるじゃないのー 」

 

「 で ・ ・ ・ その構図って 誰がつくるの? 」

「 構図をつくった人しかできないから 奇跡を起こす人 」

 

「 ん? なんだって? 」

「 他人から無茶な構図を与えられたら やる? 」

 

「 やるわけないでしょ どこまでも逃げていくよ 」

「 でしょうね だから言い訳しないように 自分でつくる 」

 

「 ギリギリの構図って 描くのも タイヘンなんだけど 」

「 うん 知ってる でも 描かないと 前に進めないよ 」

 

「 フリーターからのキャリア・デザイン? 」

「 そう フリーターからの 奇跡のキャリア・デザイン 」

 

「 キレイな言葉だけど ボロボロになるよね? 」

「 骨くらい拾ってあげるから! ガッツリ行きなさい! 」

 

「 メッチャ楽しそうに 残酷なこと言ってない? 」

「 遊んで生きてきたツケだと思って やんなさいよ! 」

 

「 フリーター生活のツケ ・ ・ ・ ですか 」

「 そ! 借りた覚えのない 人生借金生活の返済 」

 

「 なんでなの? 」「 正社員安泰神話じゃない? 」

「 多数決みたいな生き方が正解なの? 」

 

「 フツー以外はみんな間違っているという安易な考え方 」

「 それでいいの? 」「 一生 時給労働は 正解? 」

 

「 何ともキツイことを ・ ・ ・ 」

「 面倒だから 無難にフツーに生きて欲しいってこと! 」

 

「 面倒なの? 」「 面接でもフツーが無難じゃない? 」

「 書類に ややこしいこと書いてたら 面倒ってことね 」

 

「 どうしようもなくない? 」「 だから奇跡を起こせ 」

「 そういう意味で言ってるのね 」「 分かった? 」

 

「 何となくね 」「 じゃあ なんで 図面がいるの? 」

「 途中でこころが 根元折れても大丈夫なように です 」

 

「 こころが折れても やらないといけないの? 」

「 こころなんて すぐ折れるよ 折れてからどうする? 」

 

「 ん? こころが折れたら 何もできなくない? 」

「 それでもやるために 図面があるんじゃない? 」

 

「 図面は正しい こころが折れるほうが間違ってる 」

「 イヤイヤ いやいや そんなのイヤ ・ ・ ・ 」

 

「 あのさー ものすごく孤独にならない? 」

「 本気は通じるから 支えてもらえばいい 」

 

「 頑張ってねー 」「 んーーーーーーー 」

 

 

 

【 編集後記 】

 

確率論というわけでもないのですが

行動する人が5%だとしたら 100人のうちに5人が検索

 

実際の実践行動に移すのは 5人の5%だから

・ ・ ・ 実践する人は 1人も居なくなってしまいます

 

 20000人のうち 1000人

 その1000人のうち 50人

 

2万人も居て 50人しか行動に移さないことになります

 

『 フリーターから奇跡を起こす人の割合 400分の1 』

周りを見渡しても 動かない人ばかりなのが 当たり前なんです

 

 確率論の歪みが起きるとしたら・・・

 歪みの中に居て 少数精鋭の中で同調すること

 

一般論という意見を持たない輪に属さないでね

 

 

 

076.『 理不尽さが消えない 』

 

『 フリーター 軽蔑 』『 フリーター つらい 』

 

フリーターという名前をつくられて

次々に断定的に論じられたこと自体が理不尽ですが・・・

 

「 理不尽な想いがずっと消えないんだけど・・・ 」

「 当事者同士でも ディスってるからしょうがない 」

 

「 ディスるって使う? 」「 たまには 使いたい 」

「 関わろうとしない人たちが ディスるだけだから 」

 

「 うーん ディスる当事者は関係あるでしょ 」

「 それがねー 問題棚上げで 文句しか言わない 」

 

「 理不尽のぶつけ合いを 当事者同士でもしてるの? 」

「 誰も抜けられないように 足の引っ張り合いしてる 」

 

「 そんなのドロッドロじゃないの? 」「 そだよ 」

「 何で 平然として認めてるの? しかもサラッと 」

 

「 そうでもしないと やってられないから じゃないの? 」

「 やってられない人を かわしたいんだけど ・ ・ ・ 」

 

「 肩書きを外すとラクになるよ ホントに それだけでね 」

「 それが難しいから 聞いてるんじゃない ・ ・ ・ 」

 

「 ん? やーめた!で 外れるよ 」「 はい? 」

「 理不尽の知恵の輪は 必ずハズれるよ 」「 へ? 」

 

「 知恵の輪だから 知恵使うんだけど 知恵の輪でしょ? 」

「 ものすごく 複雑に入り組んでるけど・・・ ハズれる 」

 

「 ぜんぜん 見当もつかないんだけど ・ ・ ・ 」

「 見ない 聞かない 知らないことにして 全部とぼける 」

 

「 今の考えで 今起点の考えで頑張るんじゃなくて・・・ 」

「 頑張った後の未来の自分が受け入れてもらえる所に行く 」

 

「 誰が何を言おうと見えない聞こえない知らないフリをする 」

「 足の引っ張り方が強烈そうで難しいんだけど ・ ・ ・ 」

 

「 そうなると思うけど 本気で未来を変えたい? 」

「 変えたいけど うーん どうかなぁ ・ ・ ・ 」

 

「 自分を信じられない? 」「 こんなだからねー 」

「 あー・・・ 自分に 自分が もたれかかると どうなる? 」

 

「 多分 倒れると思う 」「 ダメじゃん! 」

「 もたれても大丈夫になるには どうすればいいと思う? 」

 

「 自分がしっかりすればいい 」「 そう! どんなふうに? 」

「 しっかりした人を見習って 少しずつ吸収すればいい 」

 

「 そうそう! で 手本になる人は? 」「 居ない・・・ 」

「 そういうときって 調べないの? 」「 どうやって? 」

 

「 理不尽を超えた人 とか テキトーに打ち込めばいいのに 」

「 あー そういうふうに 検索を使えばいいのね 」

 

「 堕ちるような検索の仕方しかしないから 堕ちていく 」

「 ホント エグるね 」「 気付いてもらわないと困るからね 」

 

 

 

【 編集後記 】

 

フリーターという言葉がない時代に戻ったとしても

・・・戻ったとしたら 救いようがないかもしれません

 

 無業者があふれ 処置なしと断定される人が増える

 

そんなバカな話があるのかどうかですが

前世に戻るようなタラレバをしても意味ないですよね

 

 最低賃金が4ケタになると 金銭的安泰はくるけど

 精神的充足が 日本的雇用慣行の因習の影響で遠のく

 

自分だけの精神的充足のために 陰でディスる人が

どんどん増えると ・ ・ ・ ( 以下略 )

 

 

 

077.『 時間の貯め方を知りたい 』

 

『 フリーター 時間の使い方 』『 かしこいフリーター 』

 

「 賢いフリーター生活って どんなの? 」

「 フリーターという肩書きを取ったら分かるよ 」

 

「 かしこい生活? 」「 そう かしこい生活 」

「 かしこい生活がどんなものかを考えて 実践するだけ 」

 

「 ふーん 」「 考える気ないでしょ 」

「 あるよ かしこい生活でしょ? 」「 どんなの? 」

 

「 えーっと・・・ 」「 考える気ないでしょ 」

「 かしこい人が どんな生活を送っているかでしょ? 」

 

「 どんな感じ? 」「 うーん 分からない ・ ・ ・ 」

「 自信がないから 思い切って言えないだけでしょ 」

 

「 うーん 時間の使い方が ものすごくうまい 」

「 あと 要領がいい 」「 他には? 」

 

「 もう出ない・・・ 」「 2つ出たら十分? 」

「 十分じゃないけど 2つとも マネできないよ 」

 

「 どうすればマネできると思う? 」

「 ん? 要領がよくなれば 時間の使い方もうまくなる 」

 

「 それだけのことを なんでいつもできないって言うかな 」

「 要領がよくなるって 難しいことじゃないの? 」

 

「 要領よくやらないと 時間が足りなくなるとしたら? 」

「 要領よくやるしかない 」「 その通りだと思うよ 」

 

「 時間が足りないから そうならないようにしてるの? 」

「 時間が足りない状態が先に来て 対策で工夫をしてる 」

 

「 そっかー 時間が余ってる人は? 」

「 どんクサくて 間延びしてるんじゃない? 」

 

「 相変わらずヒドイ・・・ 」

「 どんクサくて間延びしていても 大丈夫だからね 」

 

「 治さなくても 誰も何も言わない 」

「 分かるけど キツいって 」

 

時間の使い方をうまくするための対象が 一つ以上あって 

時間の使い方がうまくないと 片付かない対象でないといけない

 

ただ 時間を余らせても 増えた時間をムダに使うだけなので

増えた時間を埋める対象をまず一つ つくってください

 

 

 

【 編集後記 】

 

必要に迫られるから時間を増やすしかない

 

忙しくても変わらない場合は ホントは気持ちだけが忙しくて

実質的に時間が足りているかもと疑う必要があるかもしれないですね

 

 

 

078.『 準備の仕方が分からない 』

 

『 フリーター 人生計画 』『 フリーター 人生設計 』

 

「 人生計画や人生設計を立てるとき 肩書きって必要だと思う? 」

「 今の状況を理解した上で 前に進まないといけなくない? 」

 

「 今の状況に関係なく どうしても叶えたいことがある人は? 」

「 どうしても叶えたかったら関係ないかなぁ ・ ・ ・ 」

 

「 肩書きにこだわっている人のことは どう思う? 」

「 どうしても叶えたいことを 肩書きにジャマされている 」

 

「 どうしても叶えると思ってなく 肩書きを言い訳にしている? 」

「 イヤイヤ そんなムゴい通訳 いらないって 」

 

「 今発で物事を考えると 花火みたいな勢いで終わらない? 」

「 線香花火とかロケット花火とかで 全然 打ち上がらない 」

 

「 じゃあどうすんのさ 」「 ゴールから考える 」

「 それ よく聞くけど できないから意味ないでしょ 」

 

「 できるできないじゃなくて やるかやらないかでしょ 」

「 それも よく聞くけど やれない人は やれないって 」

 

「 どうしてもやってみたくなるように 計画を立てないの? 」

「 その発想が分からないんだけど ・ ・ ・ 」

 

「 別に 失敗してもよくって 冷やかす人と 縁を切るだけ 」

「 そこまで冷徹に 計画を立てないといけないの? 」

 

「 冷徹じゃないよ 計画に感情がないだけ 」

「 ふーん で ・ ・ ・ 計画の急所は? 」

 

「 ゴールから今を必ず結ぶこと 」「 意味 わからない 」

「 ゴールと今がつながると 今しないといけないことが分かる 」

 

「 今することが遠くで意味がなくなったら 今してる意味は? 」

「 今していることの 意味がなくなると思う 」

 

「 計画に重みがない 薄っぺらい計画だから 乗り上げる 」

「 計画が重苦しかったら 気が重くなってできない 」

 

「 人生設計とか人生計画とか言ってるのに 雑だからそうなる 」

「 自分にウソつくから おかしくなってるだけなんじゃない? 」

 

「 イヤイヤ 本気で計画つくって 頑張ってる人も 絶対居るって 」

「 苦し紛れに 今から逃げたい 言い訳みたいな計画だからでしょ 」

 

「 そこまでヒドイこと言って 大丈夫なの? 」

「 本気だったら聞いた時点で 計画を練り直したり修正したりするよ 」

 

「 あまりのヒドイ言われように クサッて何もしたくなくなる人は? 」

「 本気じゃなかった ってことじゃない? 」「 ムゴ過ぎる・・・ 」

 

「 クサッてやさぐれて人のせいにしても 結局 生きていくのは誰? 」

「 言われた本人だけど そこまで エグる権利もなくない? 」

 

「 言わなくても どこかで朽ちて 立ち止まってると思うけど 」

「 本気だから 本気で怒るんじゃない? 」

 

「 怒りの力って 大事だと思うよ 」「 怒らせてどうすんの 」

「 あのとき本気で怒らなければ ここまでやる気にならなかった 」

 

「 そんないいように解釈できると思う? 」「 思う 」

「 感情と行動がセットにならないと 行動なんて続かない 」

 

「 怒ってクサる人は どうすればいいの? 」

「 いつまでも 人のせいにして生き続けて 行動しないだけ 」

 

「 さっきも言わなかった? 」「 聞いたかな? 」

「 叱って欲しい でも育てて欲しい とか聞かない? 」

 

「 それって ぜいたくだと思わない? 」

「 それを両方できる人は その人とは付き合わない気がする 」

 

「 何の話してるの? 準備の仕方が分からない対策でしょ 」

「 そうそう 準備の仕方が分からない人は どうすればいい? 」

 

「 準備も行動のうちと考えて 真剣に取り組むこと 」

「 行動の前の準備が計画だとしたら 計画も手を抜かない 」

 

準備も実際の行動のうち と 視点をずらしてみてね

 

 

 

【 編集後記 】

 

計画って ものすごい大事なんですけど

大切とは思っていない人も 多い気がします

 

 計画を何度修正してもいいって言えば

 意識も違ってくると思うのですが ・ ・ ・

 

 

 

079.『 生計の立て方が見えてこない 』

 

『 フリーター 生計 』『 フリーター 生活 ブログ 』

 

「 親の就職しろという念が入る限り 当事者の生計は成り立たない 」

「 いきなり 何てこと言うの? 」

 

「 ん? 結局 子の生き方のジャマしていることに 気付いてない 」

「 生活費を入れさせて お金を奪い取り モメて 時間をもぎ取る 」

 

「 親が念を入れ続けて 当事者に こころの余裕を与え続けない 」

「 何もかも奪い取った後に就職しないの? と呑気に言ってしまう 」

 

「 お金も必要 時間も必要 こころの余裕も必要 でもそれがない 」

「 その状況で就職活動をしなさいと言われる人はどうすればいい? 」

 

「 ナニ聞いてるの? こっちが聞きたいのに・・・ 」

「 甘えてるとも思うし 甘えてないと思う 甘えられないとも思う 」

 

「 どれだけ生計を立てようとしても親が全部つぶすと思って欲しい 」

「 どういうこと? ぜんぜん 当事者のためにならなくない? 」

 

「 フリーターという肩書きの圧力に負けた 親の常識がイタイだけ 」

「 就職活動延長戦を応援するのかジャマするのか それを知りたい 」

 

週5・週6でガッツリ働いて 大きくお金を稼いで貯金をして

その後 週4に切り換えて 就職活動をしながら生計を調節する

 

 ガッツリ働いてるときに「 いつ就職するの? 」と聞いて

 貯金の目的をグラつかせて 週4に切り換えられなくしている

 

「 降りる前提でアルバイトなんて させてもらえなくない? 」

「 うん まあ そこの社会的な間違いが 大きいんだけどね 」

 

「 二段構え・三段構えで稼ぎに来る人っているの? 」

「 居ないよ だから400分の1に なっちゃうんじゃない 」

 

「 同じ考えの人に出逢うまで さがし続けてみる? 」

「 400人のフリーターとは 出会えないと思う 」

 

「 そんな小さい世界に居ることは 自覚できてる? 」

「 生計立てることの話 してくれないの? 」

 

「 段階を踏んで 必ず肩書きが変わることを約束したら 」

「 どう説明すればいいのさ 」「 週4に変えるって 」

 

「 いつ? 」「 就職のための貯金が終わってから 」

「 今は就職活動のための貯金をしてるって言えばいいの? 」

 

「 休みの日は? 」「 好きに考えて 好きに過ごせば? 」

「 お金なくなっちゃうよ 」「 何で浪費する過ごし方するの 」

 

「 生計を立てる話をしたいんでしょ? 」

「 もう生計を立てる話の本題に入ってるの? 」

 

「 ずっとしてるよ 大きくお金を貯めて 時間も貯めろって 」

「 それそのものが 当事者が生計を立てるってこと 」

 

「 ジャマが入るから なかなか思うようにならない 」

「 それを先に 話してみただけなんだけどなぁ・・・ 」

 

「 社会的な間違いって どういうことなの? 」

「 当事者にとって 社会常識が 考え方のカベになるからね 」

 

「 親にも社会常識にも 逆らわないといけないときがある 」

「 普通の考え方じゃダメってこと? 」

 

「 普通の考え方だったら 足りないってこと 」

「 うーん ・ ・ ・ ついていけない ・ ・ ・ 」

 

常識を超えてくださいね

 

 

 

【 編集後記 】

 

普通がダメってことではなく 普通が通用しない肩書き

超・合理化抑制社会の歯車として組み込まれている当事者

 

 ココから出るには 出た人からヒントをもらう

 

内のヒトと付き合うだけでは どうしても考え方の枠を出ない

個人的に そう感じています

 

 

 

080.『 出るきっかけが分からない 』

 

『 フリーター やめたい 』『 何でもいいから正社員 』

 

「 フリーターをやめたい人は 何をすればいい? 」

「 形がないものをいじることって できないけど 」

 

「 具体的にイメージしろってこと? 」

「 具体的にイメージして そのイメージを人に話す 」

 

「 話す相手が居ないときは? 」

「 文字にして書き出して 目の前に見えるようにする 」

 

「 フリーターやめたい 何でもいいから正社員になりたい 」

「 そうやって 目の前に書き出せばいいの? 」

 

「 うーん その二行を書き出して 目の前に出してみて 」

「 その二行を見て どう思い 何を考える? 」

 

「 フリーターをやめたくて 正社員に なりたいんだなぁ… 」

「 おにぎり食べたいんだなぁ ・ ・ ・ みたいに言うね 」

 

「 本気でバカにしてる? 」「 具体性が欲しい 」

「 どんなふうにやめるの? 」「 正社員になってやめる 」

 

「 どんな会社で働きたい? 」「 何でもいい 」

「 どこでもいい 何でもいい って言う人を欲しい? 」

 

「 ココがいいって 言ってくれる人の方がいい 」

「 何がしたい? 何ができる? 」「 分からない 」

 

「 ホントにしたいことって 勝手にしてるけど 何してる? 」

「 うーん 分からないけど 何かしてると思う 」

 

「 今の状況から 出るきっかけをさがしたいんだけど・・・ 」

「 今の状況から どうしても出るしかない状況をつくったら? 」

 

「 本気でしたいことがあるから やめまーす って 宣言する 」

「 宣言したら もう元には戻れないよ 」「 できないって! 」

 

「 本気じゃないんだ 」「 そうじゃないって! 」

「 逃げ腰だから 願望ばかり言って 動かないんじゃない? 」

 

「 逃げてないよ どうにかしないといけないんだから 」

「 どうにかしないといけないのに 何もしないの? 」

 

「 何かをしようとしてるけど 何も思い付かないだって! 」

「 思い付いては自分で消してたら 結局 何もできないよね 」

 

「 何で思い付いたものを消すの? 」「 できそうにないから 」

「 できなくてもいいからやってみたら? 」「 できないって! 」

 

「 よーく 聞いてほしいんだけど 」「 ん? 何を? 」

「 できなくても  いいから  やってみたら? 」

 

「 一番大事な言葉って どれだと思う? 」「 やってみたら? 」

「 そう! やってみることが一番大事!! で? やらないの? 」

 

「 できそうにないから 思い付いたことそのものを消してしまう 」

「 書き出したでしょ? 」「 自信がないから 書き出せない… 」

 

「 モヤモヤのままだから 言葉にできなくて 文字にもならない 」

「 そのモヤモヤは ナニ? 」「 モヤモヤを形にするの? 」

 

「 分からないという言葉 そのものじゃないのかなぁ 」

「 分からないのまま 分かろうと進もうとしないことが問題 」

 

「 分からないの意味を知らないといけないの? 」

「 分からないの意味は その人のモヤモヤの中にしかないからね 」

 

「 自信がないことの意味を 書き出したらいいの? 」

「 何で 自信がないと思うの? 」「 何もできないなら 」

 

「 自分を信じ切れないから きっかけが出ないってことでイイ? 」

「 うん そう! 」「 ホントかな? まぁいいや 」

 

「 自分を信用したい? 」「 信用したい 」

「 自分を信頼したい? 」「 信頼? 」

 

「 信用って言葉 信じてないくせに 無理やりっぽくない? 」

「 あー 言われてみればそうなるかもしれない ・ ・ ・ 」

 

「 じゃあ 信頼って ナニ? 」

「 自分が自分に もたれかかっても 大丈夫な状態にすること 」

 

「 自分で自分を 支えられるようにすること になるかな 」

「 それができなかったら 今の状況を変えられないの? 」

 

「 それをできるようにしながら 今の状況を変えていくこと 」

「 今の状況を変えながら きっかけも見つければ よくない? 」

 

 自分で自分を 支えられるように

 自分のための何か を 始めてください

 

 

 

【 編集後記 】

 

答えをつかもうとして 答えが目の前にあるのに

それをつかもうとしない

 

 答えをつかむだけの握力が 自分にない

 つかんだものを 握り続けられる自力がない

 

せっかくつかんだ 正解かもしれないものを手放してしまいます

 

現金つかみ取りのような もうけもの感覚で

ガシガシつかんではポイポイ捨てて いい気もします

 

 ヘンに いい人ぶらなくてもネ