041.『 長期戦に持ち込む精神力がない 』

 

息が長い戦いになることを想定したとき 何を考えますか?

何を備えて どう過ごそうと考えますか?

 

そして 実際に ・ ・ ・ どう戦い抜きますか?

『 何敗してもいい 最後に勝てば 大勝利 』 です

 

「 何敗するか分からない 負け続けたくない・・・ 」

「 最後に勝つ前に 力尽きてしまうよ ・ ・ ・ 」

 

『 長期戦・めんどくさい・かみ合わない 』

 

 自分だけの対話をして 納得がいったあと

 他人との対話をして 納得してもらえるかどうか

 

『 自分が通用するかどうか 自信が持てない 』

 

 どうすれば自分が通用するかどうかは

 試し続けないと分からない

 

『 納得がいっているのに 折れそうになる 』

 

 一つでいいのに その一つが見つからない

 

「 最後の一つが通用する頃には どこでも通用しますよ 」

「 そんなこと言われても どこも通用してないよ・・・ 」

 

 無理解な人がたくさん居る中で たまに理解者が居て

 理解者の中に 納得してくれる人が居る

 

かみ合わないから 長期戦になってしまい めんどくさくなる

グラついて 折れそうになって そのまま あきらめてしまう

 

 自信が持てると 試したくなる

 本当の自信が持てると どこにでも行きたくなる

 戦うという感覚が消え 争う気持ちがなくなる

 

この三行は これまでの文章と どう違いますか?

 

人生そのものという長期戦に対して 本当の自信が持てると

どこにでも行きたくなり 争う気持ちがなくなる

 

 焦った身内・周囲・世間が争う気持ちになり

 どこにも行かせないように 自信をつぶしてしまう

 

「 あー 理解されていないんだ・・・ 」

「 身内は長期戦に持ち込むほど精神力がないんだ・・・ 」

 

周囲や世間も同じかもしれないです

 

 周囲があなたに対して信用を持てていない( 信頼されてない )

 信頼されると 大丈夫と言ってもらえる ( これ が 通用 )

 拒絶されることなく 向き合ってもらえる( 対決から和解へ )

 

長期戦の戦は 他人ではなく 自分に向けての戦で

自分に向けての最後の戦に勝てれば 大勝利となります

 

「 最後の一つが通用する頃には どこでも通用しますよ 」

「 自分と争う気持ちが消えると 自分と和解できるのね 」

 

自分の中であらそってるから モヤモヤとか葛藤なのね・・・

 

 

【 編集後記 】

 

耐えきれなくなって よそへ ぶつけている

それに気づかれないように 上手にすり替えている

 

「 あー ストレス発散してるのかー 」

「 毎日 いつも 大変だね 」 

 

と やり過ごすことができると ラクになります

 

右から左 上から下に やり過ごす人は どこへ・・・

 

 

 

042.『 常に後ろめたい 』

 

『 フリーター 後ろめたい 』『 フリーター モヤモヤ 』

 

フリーターという肩書きを背負って

後ろめたい理由は 分かるようで分からないですよね 

 

一般的な生き方の進路があるとします

『 幼・小・中・高・大・社会人 』

 

この生き方から ズレてしまったことに対して

「 まぁまぁ そんなこともあるわな 」と

せめて親からは 言って欲しいのに 親も責めてくる

 

「 はやく ふつうに 就職して 」

 

何も悪いことをしていないのに

普通じゃないと 思わせられている

 

後ろめたい毎日が 昨日・今日・明日と続きます

ふつうじゃない毎日が 昨日・今日・明日と続く・・・

 

「 身近な環境が小さい器だったのねー 」

「 まぁまぁ そんなことも あるわな 」

 

昨日・今日・明日を変えたいなら

毎日どうしたいかを 今日・明日の二日分つくって

今日から埋めていけば 後ろめたさは 消えませんか?

 

先回りして 「 あーぁ・・・ 」を 毎日毎日消していく

 

身近な環境が小さい器だったのだから そのことは

もうしょうがないと割り切るしかありません

 

自分も他人( 身内 )も「 ない生き方 」を

認めている状態で 共感・共有化していても重くなるだけです

 

重い生き方をしろと親に言われても・・・ねぇ

ぜひ 言い放ってください

 

「 毎日をつくりかえて 生き方の延長戦してくるわ 」

 

 

【 編集後記 】

 

陰( いん )に入れる考え方が植え込まれる

・ ・ ・ なんかイヤ なんかイヤです

 

非常時への対処が日常的だった場合

対処が『 ハズレ 』になるのかもしれないです

 

敢えて断言しますけど 親も 結構後ろめたいんです

余裕ないかもしれませんが 親を助けてあげられませんか?

 

 

 

043.『 詰みたくない 』

 

『 フリーター 人生 詰んだ 』『 非正規 詰み 』

 

フリーター罪ではなく 詰み のほうです

 

 詰んでないのに 詰んだと勘違いして 硬直する

 詰んだら並べ直して また 初めからやり直せばいい

 

 詰んでないのに詰んだと感じるのは 読みが甘いから

 読みが甘いことに気付けば 次からは学習ができます

 

読みが甘いことに 気付きたくもなくて

詰んでしまったと勘違いしていれば 硬直していれば済む

( そんなこと 考えていませんよね? )

 

思考停止していても 並べ直して初めに戻すことはできます

 

「 なぜ投了しないの? 」「 なぜ 次をしないの? 」

人生の投了ではなく 今日までを投了して指し直すだけなのに

 

 詰んでないことを認めればいいのに

 詰んだことにして 勝手にやり直せばいいのに

 

誰も盤面は崩してくれないから 自分で何もしない限り

本当にそのまま 同じような一生涯を 過ごしてしまいます

 

 硬直したままの人生を延々と送り続ける・・・

 イヤなんじゃないの? そんなのさぁ

 

「 ・ ・ ・ 認めるとすべてが終わる 」

「 終わらせたらいいんじゃない? 始まるから 」

 

踏み出すことが怖いことくらい分かってます

再起する人は コワくても 踏み出しています

 

「 そんなこと言われても・・・ 」

「 詰んだままでいいの? 」

 

「 負けを認めていなくても 負けてるよ 」

「 負けの局面を さらしてる方が恥ずかしくない? 」

 

負けの局面をさらして ずっとそのままにしている

まるで『 見てください! 』と言っているかのように

 

強くなって成長すればイヤでも脱皮せざるを得なくなります

 

 あに点々を付けて叫んだり ガーーーって言って

 盤面をグシャグシャグシャーって 崩して ・ ・ ・

 何事もなかったのように 無表情で 初期図面に並べ直す

 

「 お願いしまーす 」と軽い気持ちで もう一局指してみる

 

それまでのことですか?

 

「 ん? 」 と とぼけて

何事もなかったのようにしてたら いいんです

 

 とぼけ上手 に なりましょうね

 

 

【 編集後記 】

 

強くなりたければ ひたすら対局

もちろん一局ずつ 反省が要るのですが

 

それはそれで 毎日鍛えてもらえる人が居れば

家に帰ったらその時点で 次の日はどうすれば勝てるのかを

ウジウジ考えず 淡々・沸々と 作業していると思います

 

 だって勝手に鍛えられて 勝手に強くなるから

 

お互いの得意の戦型があり お約束のように

得意形同士で全力で 一局目の対局をして

次の対局からはお互いがあらゆる戦型を試していきます

 

( 将棋の話です 県代表クラス 対 二段あたり )

 

ボクは二段で もちろん全敗 ・ ・ ・

数年間の対局で 勝ち星はいくつだと思いますか?

 

本当に星の数ほど指して 勝ち星は『 2つ 』です

思い返せば楽しく充実の日々( 日々ほどでもない? )

 

( 好きなことで 強くなりたければ )

「 自分で鍛えて 勝手に 自己修業するでしょ? 」

 

お互いがそんなことを 言うことも 考えることもなく 

超えたいカベがあれば 相手が敢えて そのカベになり

お互いで 対局中は 盤面で会話をする

 

かわいがってもらいましたけど 師と弟子でもないんです

楽しく鍛えてもらえるとうれしいですよね

 

 

 

044.『 できない社員を見て空しくなる 』

 

『 フリーター 正社員 』『 正社員になりたくない 』

 

ポンコツ社員を見て

「( あれが正社員というものか・・・ )」

「( 正社員になりたくないなぁ・・・ )」

 

会社の数だけ 『 アタリ・ハズレ 』があります

 

 スゴい社員しか居ない会社に

 アルバイトとして所属して 圧倒される

 

 ショボい社員しか居ない会社に

 アルバイトとして所属して 嫌気がさす

 

『 凄い例を見て これではいけないと 自覚する 』

『 悪い例を見て 今のままでいい と 安心する 』

( あなたは どちらですか? )

 

「 正社員になりたくない 」「 それなら何になりたい? 」

「 んーーー えーーーっと ( 出ない )」

 

「 なりたいものが ないの? 」「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

深く考えたことがないから なくて当然です

 

深く考えて物事を決めた人が居そうな会社に

ポンコツ社員が揃いにそろっていると思いますか?

 

 凄い人が 揃いにそろっている会社に行きたいですか?

 ポンコツな人が 揃いにそろっている会社に行きたいですか?

 

「( どちらも行きたくない ・ ・ ・ )」

二択じゃないです 行かなくてもいいんです 考えて欲しかっただけです

 

そういったことを考えたことがあるかどうか

凄さとポンコツのレベルがどのような比率の会社で働きたいのか

 

ものすごい悪い例でしたけど 社内バランスを見ながら

自分がどのあたりに居て どのあたりに成長したいのか

違って視点で 考えて欲しかったんですね

 

 今のままでいい と 安心したくないし

 これではいけない と 自覚もしたい

 

ところで 今のあなたは 偏り環境に居ると思いますか?

 

「 偏り環境? 」「 自己成長からの離れ具合です 」

「 ん? 」「 所属しているだけで退化しそうかどうかです 」

「 それは 何とも ・ ・ ・ ( 実は 言いたくない )」

 

( 成長機会はないけど今がいい )

 

もしかして空しい理由は 成長機会がないこと?

そう思うのなら そうかもしれないです

 

『 成長しない人は 金銭を受け取るに値しない 』

「( はずなんだけどなぁ ・ ・ ・ )」

 

 成長機会が 与えられたら どうすればいいのか?

 成長機会が 与えられないなら どうすればいいのか?

 

一度は考えてみる価値があると思いますよ

 

 

【 編集後記 】

 

これからの時代は ぜい肉のない社会になる

今までが緩すぎたので 賃金等も これが標準・・・

 

 生活水準を下げていかないと立ち行かなくなる

 

この賃金でも生きていくことができて

貯蓄もあり 余力を持って過ごすことができる

 

 理想ではなく 当たり前とできるかどうか

 

・・・とある書籍からの一節を受けて書いてみました

 

 

 

045.『 怠けてもいない 』

 

『 フリーター 怠け 』『 フリーター ダラダラ 』

 

決して怠けていないのですが 社会認知が曲がっています

まじめに働いているのですが 理解されにくいんですよね

 

 紙の上での約束事と 中での人の役割の違い

 

言いたい放談の二次論壇で当事者が被害を受けています

 

「 イヤなら出れば? 」「 出れるなら出てるわ! 」

粘着質と罵られ 来るな! なぜ来た? と 執拗に絡まれる

 

来たらひどい目に遭う / 来なくてもひどい目に遭う

・ ・ ・ 人として イヤな部分を垣間見てしまいます

 

「( 実は 無職のほうが マシかもしれない )」

 

( お金はないのですが )時間が存分にある

無職の人の方が 今後に対して日々真剣に活動できます

 

ヘンにお金も時間も余っているのが時給労働者なのですが

よくよく調べてみると ・ ・ ・ お金も時間も余ってはいない

 

怠けてはいない 怠けないように注意して生活をしてみる

・ ・ ・ おかしい お金も 時間も 何も変わらない

 

怠けて垂れ流すことを防いでいるだけでは 足りないんですね

 

フリーターからの肩書き転換は 就職ではなく転職

理解度の低い異業態への転職 と 同じ意味になります

 

「 就職はしたいけど 転職なんてする気ないよ 」

「 転職時間をつくりだして動かないと 時間は足りないよ 」

 

「 そうなの? 」「 ホントに 理解はされにくいけどね 」

 

「 私生活時間を怠けていて アンタこのままで いいのかい? 」

「 俺らはオレらで 勝手に怠けているだけだからさ 」

「 ホントにいいのかい? こんなとこに へばりついてて 」

 

「 もっともっと 考えることないの? 」

「 つるんでないで さっさと消えないと 後々タイヘンだよ 」

 

「 おー アイツ消えたな 頑張ってるのか? 」

「 また来たよ 追い払わないと まともに生きられなくなる 」

 

こんな風に 良心的にネットに書いてくれれば

動きたくなると思いますけど・・・自虐的で他虐的ですよね

( 他虐的という言葉は あるのでしょうか?  )

 

『 ヒマだから 二次だけに居るんでしょ? 』

『 忙しい人は リアル( 三次元 )だから 』

( 三次元のために 二次元を使う人のことです )

 

二次元だけに張り付くことは

怠けていると 確定させてもいいでしょうか?

 

二次に張り付くとリアルとして 足が止まる

歩きスマホしてるけど ・ ・ ・ 知らんがな

 

 自分の生き方を真剣に考えたいなら

 寸暇を惜しんで 奮起したら?

( 怠け者と言った方が動くでしょ ってこと? )

 

 

【 編集後記 】

 

名刺に 「 寸暇を惜しめ! 」と 銘打ったら

「 寸暇を惜しまず じゃないの? 」

 

寸暇を惜しまず 勤(いそ)しんでいることが

大したことではないこと ばかりだったら ・ ・ ・

 

『 寸暇を惜しめ! 』 と なりますよね

 

 秒単位で時間を抜き取られ

 お金・時間・こころの余裕をなくしていませんか?

 

気付いたのなら 寸暇を惜しまないと いけないですよね

 

 

 

046.『 逃げ腰が消えない 』

 

『 フリーター 逃げ腰 』『 フリーター 逃げ 』

 

「 逃げたくもなるよー こんな生き方なんだからさぁ 」

「 なんで? こんなって どんな? 」

 

「 だから こんなだって こんな生活 逃げたくなるじゃない 」

「 こんなを解体してください 」「 もう めんどくさいなぁ 」

 

「 なんで 逃げ腰になってるの? 」「 うるさい! 」

「 なんで逃げるの? 自分の将来から 」「 ウザいよ もう 」

 

「 もう 一生 逃げ腰の人生を 送ったらいいよ ! ! ! 」

「 うるさいし ウザいんでしょ? もう知りません さよなら 」

 

これで 本気で心配してくれる人が 一人居なくなりました

 

「 本気で心配する人が居ることが どれだけ大切か 分かる? 」

「 分かってるよ! 」「 分かってないよ!! 」

 

「 分かってないから ウザい!って 言ったんでしょ? 」

「 分かってるよ 分かってても 何も言い返せないもん 」

 

「 何で言い返すの? 怖いの? 怖くて吠えてるの? 」

「 怖いよ イヤだもん 一生こんな人生なんて・・・ 」

 

「 じゃあ 逃げずに 向き合わないとね 」

「 どうやって? 」「 それを自分で考えるんじゃないの? 」

 

「 どうやって考えたらいいの? 」「 めんどくさいなぁ 」

・ ・ ・ めんどくさいが入れ替わりました

 

 自分の生き方が 逃げるからめんどくさくなるんですけど

 逃げてやさぐれるしか 方法がないときって 逃げますよね

 

「 取り返しがつかないくらい めんどくさくなったら分かるよ 」

( 本気で嫌われたら ココまでのことを言われてしまいます )

 

「 自分の生き方を考えることから 逃げて怠けるからこうなる 」

( 時給労働生活内では 怠けてないし 逃げてもないのに・・・ )

 

『 だって どうやって考えたらいいか 誰も教えてくれてないから 』

『 教えてもらえたらできる? めんどくさいけど 教えてもいい? 』

 

「 逃げずに向き合ったらいいの 今の持ち時間の使い方と 」

「 1週間168時間の使い方を 1週間だけ 振り返ってください 」

「 振り返って すべての生活を書き残して見えるようにしてください 」

 

「 ホントに それで 逃げてるかどうかわかるようになるの? 」

「 なるよ 嫌がって疑っている時点で もう 分かってると思うけど 」

 

「( ・ ・ ・ ・ ・ ・ )」

「 1週間振り返ってみて 気付いたことを書いてみて 」

「 本気だったらできるけど クチだけの本気の人は できないと思うよ 」

 

逃げ腰な人って 試されるようなことからは どんどん逃げるのよね

自分は動かず 試すばかりなのに 試されることは そんなに嫌ですか?

 

 逃げ腰は何度も踏み割らないと 本気になってくれないんですよね

 泣きわめいても やらせる 何があっても 本気でやらせる

 

こちらがそのくらいの覚悟を決めて 向き合わないと本気になりません

もう逃げられない ・ ・ ・ と さっさと覚悟を決められますか?

 

 

【 編集後記 】

 

 

書いている文章の残酷さは 経験して先回りしているからです

お金を払ったにもかかわらず 約束を守らず逃げた人が居ました

 

「 この人なら 逃げても大丈夫だろう( 知り合いです ) 」

知り合いという甘えが 起きると思ってなかったんですよね

 

「 ナメてます? 」

こんなタイトルのメールを送ることになるとは ・ ・ ・

 

ホントは

「 本気になったら帰っておいで 」と言いたかったのですが

僕に対して本気になることはないので気持ちを切ってしまいました

 

ナメてます? への返答が 次の一行だったからです

「 ゴメンなさい 本当にゴメンなさい でも 今はムリです 」

 

 一番大切なとき ・ ・ ・ 『 今 』じゃなかったの?

 

 

 

047.『 反省材料が多くウンザリする 』

 

『 フリーター 反省 』『 フリーター 未来 』

残念ながらこのアクセスワードに出会うことは稀です

 

『 フリーター 後悔 』は たくさんあります

 

後悔したあとに 何をすれば自分の未来が見えてくるのか

反省すれば未来が見えてくるのですが 振り返る気になれない

 

気持ちが重くなるから 振り返りたくないんですね

「 あーぁ ・ ・ ・ ( どうしよう )」

 

なってしまったことは 仕方がないのですが

解決したければ 振り返って淡々と直していけばいい

 

 精神的なもの( メンタル )は不要です

 

反省材料が多いということは 切り口が多いので

材料が多く集まるほど 再起への組み立てがラクになります

 

「 イヤな自分は みたくない 」

「 イヤな自分に フタをする生活をいつまでも続けるの? 」

 

「 せっかく反省する機会を持てたのに 振り返らないの? 」

「 今振り返っておくと 後々 ラクになるかもしれないよ 」

 

多過ぎる反省材料のうち 一番大きなものを見つける

 

大きなものから順番に片付けると

小さなことを片付ける必要がなくなるかもしれません

 

「 イヤな自分の 一番嫌な部分は どこだと思う? 」

「 ・ ・ ・ 決めずに モタモタしているところ 」

 

決めることを優先して モタモタしないようにすれば

小さな問題も大きな問題も 一気に消えるかもしれませんね

 

 

 

【 編集後記 】

 

 

文章に 破壊力があり過ぎて ・ ・ ・

「( 読んでる身にもなってくれ! 気が持たない )」

 

「 キツイ? 」「 アンタ書く側だから ・ ・ ・ 」

「 緩めた方がいい? ユルユルの文章がいい? 」

 

「 イヤ もう 何とも言いにくいのですが・・・ 」

「 が? 」「 何でもありません 続けてください 」

 

「 じゃあ 遠慮なく 」「 そうじゃなくて・・・ 」

 

 

 

048.『 非正規には戻りたくない 』

 

非正規には戻りたくないという思いが影響して

採用後に自発的な無理をして体調を崩すまで頑張ってしまう

 

 頑張り過ぎたため もう正規労働者として二度と働きたくない

 

こういった感情が採用側や社会に伝わっているのでしょうか?

 

 テキトーな社員もたくさん居て 適度に手を抜けばいい

 

ホントにテキトーかどうかは分かりませんが

そういったことを言ってくれるとは限りません

 

 仕事はマラソン 頑張り過ぎないように がんばる

 

非正規労働者のような月単位での更新や

契約拒否による雇用期間満了という事態にはなりません

 

 ダラけた社員になれと言っているのではなく

 無茶な働き方をしてほしくないという意味合いです

 

選ぶ時点で 戻らなくてもいい業種・会社にすれば

余計なことを考えなくて済みますよね

 

 業種を考えていない ・ 考えたことがない

 会社を考えていない ・ 考えたことがない

 

それより何より 先に進むのが怖くて

考えたことがない というオチがあったりしませんよね?

 

 

【 編集後記 】

 

採用後の環境は 本当に入ってみないと分かりません

 

 何があっても やめない気持ちで働く

 

「 どれだけ理不尽であっても やめてはいけない 」

と がんじがらめには ならないでください

 

『 逃げてはいけないけど 逃げてもいいんです 』

 

このあたりのさじ加減まで

自分で決めることが難しいんですけどね

 

 

 

049.『 別の問題を抱えている 』

 

『 フリーター 同棲 』『 非正規同士 結婚 』

 

あまり書きたくないことなのですが ・ ・ ・

お互いの関係が崩れないように ずっとその肩書きでいたい

 

 同じ勤務地で 同じ時間帯で生活をして 毎日を過ごしている

 

勤務先も同じで 時給も同じなら 生活が筒抜けになりますが

それが安心材料となり 一緒に居て 居心地も良くなる

 

 余計な不安を感じることなく共生できて 安堵する

 

炊事・洗濯・掃除 ・ ・ ・ どっちがするの?

あなたのパートナー は 家政婦ではありませんよね?

 

『 はじまり は お弁当 』

 

「 ついでに 弁当つくってー 」「 いいよ 」

「( 一つも二つも変わらないし いっか )」

 

 ひとりで住んでても お金がかかるし

 節約にもなっていいから 一緒に住まない?

 

 実家暮らしのフリーターが 友達と住むと言って

 遠くに住むことになると 友達の性別も把握できません

 

節約のはず・・・が どこかから おかしなことになります

 

二人で一緒に今後に向けて頑張れば

解決までの時間が 半分になりますが ・ ・ ・

 

時間を余らせてくれることに気付いていないと

その余った時間をムダに消費してしまいます

 

どちらかが本当に今後・将来に向けての考え方を

しっかり持っていないと 時給労働暮らしが永続します

 

 理由ですか? どちらかが甘えるからです

 

「( もし 自分から出ていく と 言ったら・・・ )」

「( 何があっても 言わせないようにしよう・・・ )」

 

考え方が束縛に入り 自由にさせてもらえなくなります

 

 原因ですか? 嫉妬です

 

「( 自分自身を変えて ちがう世界に行ってしまう )」

「( そんなこと 何があっても させてやらない! )」

 

 別離させないと その人のためにならないのに

 別離してやらないという矛盾 ・ ・ ・

 

どうすればいいと思います?

カンタンです ( 無理やり )別離すればいいんです

 

こういうとき バッサリいけないのが オトコなんですよね

今のラクな生活に執着するのが『 オトコ 』という生き物です

 

行動の中に「 させてやらない 」という思想が入ってきたとしたら

その時点でもう離れていかないと いつまで経っても自立できないかも?

 

 

 

【 編集後記 】

 

ヒモ化しているとは気づかず ヒモ化する同棲生活

「 私がいないとダメなのよ この人 」

 

 居ても居なくても ダメかもしれない ・ ・ ・

 

 

 

050.『 マイナス思考が消えない 』

 

『 フリーター マイナス 』『 フリーター うつ 』

 

病的・病理でなくマイナス思考に酔った考え方が根底です

誤字ではなく『 酔った 』と 使っています

 

 うつでもないのに 鬱を使うマイナス思考に酔う

 

マイナス思考が消えないのではなく マイナス思考を消さない限り

自分自身がいつまでも 今のままでいい と ずっと酔っています

 

 醒めない酔っ払い ・ ・ ・ タチが悪いですよね

 

『 マイナス思考が消えない ではなく 消そうとしない 』

( 消そうとしないのだから 消えていくわけがない )

 

「 街なかで転がっている酔っ払いに どう思いますか? 」

正直にお答えください

 

「( 答えが自分に返ってくるなら 答えたくない・・・ )」

「 ん? 相手にしたくない? 」「( 言ってねーし! )」

 

「 相手にしたくない考え方をしているみたいです 」

「 もしかして ツッコまれるから答えなかった? 」

 

「 マイナス思考を消したいの? 」「( 俺じゃねーし!)」

「 自分じゃねーよ!って 言った? 」「 言ってない! 」

 

「 マイナスの未来を 毎日毎日 くっつけてるからでしょ? 」

「 どういうこと? 」

 

「 毎日 今日のままがいいと思っていたら 退化するよ 」

「 現状維持が 何で 退化なの? 」

 

「 今の雇用体系って 勝手に給料が上がるでしょ? 」

「 年功制ってやつ? 」「 そうじゃなくて 単なる昇給 」

 

 何にもないのに 勝手についてくる昇給もなく

 何にもできなくても 勝手に仕事も増やされる

 

何にもしなくても勝手に能力を付けさせようとさせられる

そういった仕組みが 時給労働には ないですよね

( 仕事が増えても 昇級や昇格がない )

 

 あ ・ ・ ・ 一部の発達したアルバイト体系は別です

( ゴールに正社員昇格選択制度があれば もっといいのに )

 

『 現状維持とかマイナス思考が消えない仕組みの中に居る 』

( 働き先ではなく 生活上の仕組みそのものを言っています )

 

 生活上の仕組みそのものが そうなっているなら

 そこから這い出るには 生活上の仕組みそのものを

 ひっくり返して 一から組み立て直す方が 遅いようで早い

 

・ ・ ・ ということで 生活上の仕組みそのものを

ひっくり返す準備をしてください

 

「 ・ ・ ・ どうやって? 」

 

 

 

【 編集後記 】

 

どうやって? って 言いたくなると思いますが

それも 訊けなくなる環境になったら どうします?

 

 酔うしかできないから 寝ても覚めても酔うのは

 マイナス思考依存症だと思いますが ・ ・ ・

 

キツいですか?

 

 依存の逆は自立 自律が自立の処方箋です

 

「 酔うなら呑むな 」「 何を? 」「 やさぐれ! 」