30代 テキパキ働く 悶々非正規くん 50の葛藤

自習のためのミニ講義-08

 

 

 

● 気付いていない実情

 

 

 

すぐにでも就職できるのに 忙し過ぎて何もできなくなっている

フリーター/非正規環境から 出させてもらえない

じっくり丁寧に自己を振り返る時間ではなく 気持ちの余裕がない

理想図面も計画も立てられない状況になっている

再挑戦するまでに 気力も自己レベルも上がっていない

 

 

 

● ここまでは見えているのに 何もできない

 

 

 

正規の求人をさがしたい

怖くて肩書きを外せない

落ち着いて 得意分野と好きなことを見直したい

やりたかったことは何か 改めて考え直して 更地で堂々と再挑戦したい

 

 

 

お金を稼ぎながらなので 焦らなくてもいいのだけど・・・

自分自身で期限を切らないといけないとは思っている

理想図面を描いて 半年・1年 計画を立てたいけど挫折する

学生時代のアルバイトも含めて これまでのすべてを棚卸して決めたい

 

 

 

 

● 葛藤の詳細 50項目

 

 

 

・ 非正規労働での仕事や作業は十分こなせる

・ 前回は非正規労働 前々回の職種も非正規労働

・ ある程度のお金は貯まっていて 3ヶ月無職くらいでも十分何とかなる

・ 親がうるさくて落ち着いてものを考えられないし じっとしていられない

・ 出口を見つけたいのに 手掛かりがない

 

 

 

・ 仕事が非正規なはずなのに 忙しくて休むことができない

・ 休日に面接なんてしてもらえないだろうから 最初からあきらめている

・ 焦ってもロクな仕事がつかめないと割り切っているが 機会だけは窺っている

・ 休みがたまたまもらえたときに「さあ就職しよう!」とは なれない

・ 何でもいいわけではないけど 何がいいのか決め切れない

 

 

 

・ 勤め先の正社員より どう見ても自分の総合能力の方が高い

・ 自己表現・アピール力に自信が持てない

・ 再離職して非正規にも戻れないかも?と考えたら身動きできない

・ いったん降りて無職にして決め切れるほどの自信は備えていない

・ このままではいけないという危機感は持っている

 

 

 

・ 自分の何がどこがいけなくて こうなっているのか分からない

・ 今の時給よりも高い給与条件が欲しい

・ 武器を備えたい

・ 自分の賞味期限が気になって仕方がない

・ 「もう終わった」とは感じていない

 

 

 

・ 非正規で今働いている同業種の作業系の正社員にはなりたくない

・ 相談する相手が居ない

・ ごく稀に「もういいか・・・」とグラつくこともある

・ 就職活動の仕方を忘れた

・ できれば一回のみの面接で決めたい

 

 

 

・ 1年以上 正規社員の求人票・情報も見ていない

・ 自分のための就職というものが分からなくなっている

・ 親に生活の全部 アタマの中まで監視されている気になってしまう

・ 自分を取り戻したい

・ 納得のいく生き方がしたい

 

 

 

・ 自分の居場所がどこにもない

・ 怠けている 甘えているわけではないのに 誤解されている

・ 24時間を上手く使い切れていない

・ 世間の方が間違っていないかと疑問を感じる

・ 現実を考えることがつら過ぎて 別のことで時間をつぶしている

 

 

 

・ そっとしておいて欲しくなる

・ 躓きの原点に戻りたい

・ 一からやり直す機会が欲しい

・ 自分だけが責められている気分になる

・ 理不尽さが消えない

 

 

 

・ 自分が居なくなった後の会社が心配

・ 非正規の中で優遇されて 優越感に浸っていたいのかもしれない

・ 自分が居なくなっても何事もなく会社が回ったとすると どこかさびしい

・ 案外 今のままでいいかも?と どこかで思っている

・ 社員になっても どうせ理不尽を味わうとしか思えない

 

 

 

・ できない社員を見て「アレになるために頑張るのか?」と空しくなる

・ 別の問題を抱えている

・ 自分の生き方に誇りを持ちたい

・ 実は 今の生活が理想に近いので気に入っている

・ これから先はコソコソせず 堂々と生きたい