こころのフリーター化 チェック項目 134

自習のためのミニ講義-11

 

 

 

【 フリーターが家に居ることで感じる 自分勝手なメリット 】

 

 

・ お金がかからない

・ 住む場所に困らない

・ 金欠でも何とかなる

・ じっとしていても状況がさほど悪くならない

・ 自由にお金を使える

 

 

 

・ ふつうに3食にありつける

・ 「ときどき」の仕事でも生活が回る

・ 厚かましく居ればいつまでも家に居座れる

・ 「ボチボチ生きればいい」と呑気でいられる

・ 自分の部屋があれば居心地は抜群

 

 

 

・ 家族内の約束事を守れば自由に振舞える

・ 家に居る・居ない(帰る・帰らない)を自由に選べる

・ 危機感を持たなくても平気

・ 「めし・ふろ・ねる」でも大丈夫と感じる

・ 収入が細くても頼る先(親)がある

 

 

 

・ 貯金しなくてもいいかなと考えがちになる

・ 家の(留守時の)心配をしなくてもいい

・ ON/OFFの切り替えをしやすい

・ 何となく安心

・ 家財道具のメンテナンスは親任せ

 

 

 

・ 家庭内の光熱費を考えなくてもいい

・ 将来について考えなくても大丈夫と感じてしまう

・ 冷蔵庫が空にならず何か入っている

 

 

 

● 浪費もある程度許される

● 自分のためだけの暮らしで十分と考えることができる

● 生活苦・困窮と縁遠い

● 自分の人生を「ゆっくり考えればいい」と棚上げする

● 有職・無職を自己選択できる

 

 

 

● 家事全般に目をつぶることができる

● 身内(親)にお金を借りられる

● ずっとこのまま居られたら・・・と思い始める

● 話し相手が居る

● 病気の世話をしてくれる

 

 

 

【 フリーターが家に居て感じる自分勝手な不都合 】

 

 

 

・ 親にヤイヤイ言われる

・ 何となく落ち着かない

・ 焦りを感じているのかどうかも分からなくなる

・ いつ何を言われるのかとビクビクしている

・ 家族と過ごすことに気を揉む

 

 

 

・ 平日の昼間はソワソワする

・ 家族と顔を会わせづらい

・ 父親と話し辛くなる

・ 心を据えて ものを考えられない

・ 小言を言われていると感じるようになる

 

 

 

・ すぐストレスがたまる

・ 家に帰りたくなくなる

・ 家に帰らなくなる

・ 親・家族と生活サイクルが逆になる

・ 部屋にこもりがちになる

 

 

 

・ 気まずい

・ 家族とは話をしたくなくなる

・ 心の居場所がないと感じる

・ 親のために就職しようかと思い始める

・ 家族が「敵」になる

・ 家なのによそよそしくなる

 

 

 

● 実は案外身入りがなく お金が回っていない

 

 

 

● ムダな付き合いが増える

● 家庭内ストレスですべてがイヤになる

● フリーター否定か全人格否定かを区別できなくなる

● 生活の設計がしにくくなる

● 自分の今後の人生について不安になる

 

 

 

● ときどき空虚感に包まれる

● いけないことをしているかも?とどこかで反省している

● 解決策がなかなか出ず行き詰まっている

● 現状変わらぬまま時だけが過ぎていく

● 他責の「先」(ストレスのぶつけ先)をさがし始める

 

 

 

【 フリーターが家を出ることで感じる自分勝手なメリット 】

 

 

 

・ 『 しがらみ 』 から解放される

・ 文句を言われなくなる

・ 制約が消える

・ 自由になった気がする

・ 自分の部屋(棲家)ができる

 

 

 

・ 気分を一新できる

・ 気の向くままに生活できる

・ 気兼ねが要らなくなる

・ 新しい土地を空気に触れる

・ 何事も自分で決めることができる

 

 

 

・ 安堵する空間を持つことに満足できる

・ 気を抜く場所が見つかったと感じる

・ 気を遣わないで済む

・ 家具・家財を自分で決めて揃えられる

・ 「決める」機会が増え、決断力が付く

 

 

 

・ 遅起き・夜更かしもOK!

・ 外食三昧・自炊三昧

・ 食の楽しみが増える

・ 自分の城を持った気になる

・ 趣味に明け暮れることを責められない

 

 

 

● 落ち着いてものを考えることができる

● 家族にジャマされない

● 「自分」のことだけで脳を埋め尽くすことができる

● 自立・自活のきっかけをつかむことができる

● 親との心の距離が縮まる

 

 

 

● 新しい・好い付き合いの期待が生まれる

● 気分転換を図ることができる

● すべてを忘れることができる・・・気になれる

● 叱責されない

● ビクビクしなくて済む

 

 

 

【 フリーターが家を出て感じる自分勝手な不都合 】

 

 

 

・ 一人でいることがさびしい

・ 話し相手が居ない

・ いろいろ面倒である

・ 何でも一人でこなさないといけない

・ 孤独を感じるときがある

 

 

 

・ 何を備えたらいいのか分からなくなる

・ 結構もの入りである

・ 貯金の必要性が出てくる

・ お金がない

・ 自制心がなくなるときがある

 

 

 

・ ムダ遣いをしてしまう

・ 何かとお金がかかる

・ 手間を掛けなくなる

・ 自堕落になる

・ だらしなくなる

 

 

 

・ 目先のことを考えがちになる

・ 意味なく焦りを感じる

・ 生活が不規則になる

・ 情報が偏る・遮断される

・ 誰かに「抑制・制止して欲しい」と頼みたくなる

 

 

 

・ 目標を見失いそうになる

・ 人に精神的に寄り掛かりそうになる

・ 依存心が出ることがある

・ 感情の安定・不安定のバランスが崩れる

・ 人脈が細くなる

 

 

 

・ 病気の時に困る

・ 不摂生で病気になりやすくなる

・ 暇つぶしで公営競技に精を出しがちになる

・ 振る舞いが荒くなる

・ 視野が狭くなる

 

 

 

● 変化を起こせず現状維持で手一杯になる

● つまらない仕事なのに不安で辞められない

● 生活維持が精一杯で精神的な余裕が生まれない

● 家族問題が片付いていないことに気付く

● 取り残された気分になる

 

 

 

● 家を出た後悔・自責の念にかられることがある

● いくら貯めたら次のステップに進めるかが見えない

● 「 ずっとこのままかも・・・ 」 と思い始める

● 妥協しがちになって小さくまとまってしまう

● 家に帰りたい・帰れない・・・とジレンマが生じる