【 惜し過ぎる 残念な人卒業法 】

 

( ムダ止め先回り行動を書き出し3段階仕分け実践で自分を一新する方法 )

 

・ 持っていいプライドと持つ必要がない意固地を振り分ける

・ 遠くを変えるために今を少しずつ変えていると意識する

・ 心が折れそうなときは動機を考え直す

 

・ いつでもできることをまとめて片付ける時期を決める

・ 生き直すつもりで過去を捨てる

・ 1つ1つの行動を抜けがないよう丁寧に積み上げる

 

・ 時間のムダづかいになる行動を書き尽くす

・ 必要であれば過去の出来事を全部書き出して要・不要に分けて昇華する

・ 失敗も1つの手順と考えてとらわれ過ぎない

 

・ 新しいことに挑戦し続けて過去を遠い記憶にする

・ 誘惑に流されるときの気持ちを先回りして原因を突き止める

・ やさぐれても本末転倒生活しかできないのでクサらない

 

・ 雑念が生じたときは単純な課題をこなすことに切り換える

・ 成果につなげた後の行動も始めてしまう

・ 自分を変える行動を少しずつ増やしていく

 

・ 時間を決めて気分転換する

・ 必要以上に気張らず平坦ペースで続ける

・ カンタンにできる・できる・できないと課題整理する

 

・ 課題を細かくして期限を決めておく

・ 目標を細かく砕いて一課題一単位と数値化して積み上げる

・ 勇気ある人はどのような人かをイメージしてどんどんマネしてみる

 

・ なりたい人の性格を演じて慣れてみることを続ける

・ 前に出ることだけを意識する

・ 達成したい目標を毎日目に見えるように大きく書いて貼り出す

 

・ 手を抜かず目標を大きく上回る成果を出すつもりで取り組む

・ 惜しいのではなく手を抜いていないか再確認する

・ 意志が弱いことを認めてその上で策を練る

 

・ 詰めが甘くなる理由を書き尽くす

・ 奮起したくない変わりたくない本当の気持ちを書き出してみる

・ 行動できないのではなく行動しないホンネを知ってみる

 

・ 間延び行動を書き出して整理する

・ 1週間分の全行動を書き出す

・ 思い切って徹底管理してもらう

 

・ 頼るべき人と事柄を決めておく

・ 新しいことに取り組んでいることの理解者を一人つくる

・ 自分が変わった後の人間関係づくりを重視する

 

・ 人間関係まで一新するつもりで取り組む

・ 軽い気持ちでその代わりやめないつもりで取り組む

・ 中途半端な生き方とサヨナラして生き方をまるごと変えるつもりで取り組む

 

・ 自分が閉じこもる殻をつくる原因を時間を掛けて解体する

・ グチる自分の原因を考えて向き合ってみる

・ 自分を好きになるための行動をどんどん書き出す

 

・ 今の自分を好きになることから始める

・ めんどくさいの先を信じて手をつける

・ 忙しいというのをやめる

 

・ 納得がいく理想の生き方図面を一度描いてみる

・ 自分自身が自信を持って満足できる気持ちと状況を考える

・ 変わりたいのか変わるのかをハッキリさせる

 

・ どうしても達成したい事柄を一つ決める

・ たとえ失敗しても自信を失わない取り組みごとと向き合う

 

 

01

● 絶大な自信はお持ちですか?

・ 持っていいプライドと持つ必要がない意固地を振り分ける

 

絶大な自信を持てない持てそうにない分野は思い切って捨てる

自分を信頼できそうにもない分野に気持ちだけで突っ込むのは考えものです

「 この分野なら自分らしく活動できそう 」の根元が自己信頼です

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

自分を信じる 自分を信じ抜く 自分を拠り所(よりどころ)にする

ぜひとも やってみたい 成功や失敗がどっちでもいいようなことをしてみる

他人に指摘されてグラつくようなことなら始めからしない方がよろしくないですか?

( 指摘されて壊れたことの自省も込めて 書いています )

 

 

02

● 遠くを変える日常徒歩計画

・ 遠くを変えるために今を少しずつ変えていると意識する

 

見た目に変わらなくてもいいので遠くを変えるつもりで日々の行動を変える

本当にまったく変わっていないと感じるので日々の行動も記録し続けてください

効果が出ているようにも見えないのですが そこは未来の自分を信じてみてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

自転車の運転は ハンドルが切りやすいので直前変更が可能です

自動車の場合は 遠くを見ながらでないと操縦できません(よね?)

 

自分を変えることはどちらかというと自動車の運転感覚ではないかと捉えています

自分を変える行動を毎日休まず少しずつ組み込んでくださいね

( 毎日休まずがポイントです )

 

 

03

● なぜ心が折れるのかを考える

・ 心が折れそうなときは動機を考え直す

 

無理をするから心が折れる 無理をしたから心身ともに疲れ切ってしまう

毎日毎日変化の成果を求めようとすると毎日の自分に期待し過ぎてしまいます

変えたくない自分に変わろうとしてませんよね?

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

自然体の変化なら気を張らなくても続けられます

無理がない自然体の変化をしようとする場合 別の意味で心が折れます

後で見直して「 あー 変わったんだなぁ 」と思えるように仕掛けてください

 

 

04

● 雑事を寄せ切ってしまう

・ いつでもできることをまとめて片付ける時期を決める

 

小さな時間を大きく集めるために細かい用事をまとめてしまう

まとめて片付けるための工夫を先にしてしまうと後ろ暗さを感じません

空き時間を大きくつくる練習を繰り返して慣れてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

いつでもできることを先に書き出してみてまとめて片付けてみる

時間が大きく空いたことを実感して時間を小出しに使っていることに気付きます

「 だいたいこのくらい・・・ 」と小出しの用事時間を体感することが重要です

 

 

05

● ジャマをされても生き直す

・ 生き直すつもりで過去を捨てる

 

ジャマをされても生き直すと決めると意思を強く持つことができます

あとはどのように生きていくかを決めるだけですが順番が逆ですよね?

『 何が何でもやってみたい達成したい 』ことを一つ見つけてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

周囲は変わらないことを願っています( ホント? )

関係性が崩れることを受け入れられない人も中には居ます

念のためですが関係性が壊れることも片隅に置いていてください

 

 

06

● ザル行動をすべて見直す

・ 1つ1つの行動を抜けがないよう丁寧に積み上げる

 

ザル行動を書き出し尽くすと自分自身のザル行動が浮き上がります

ザル行動のザル部分を埋め続けていくとていねいな人に変わっていきます

スキや抜けそして見落としがちな自分自身の甘さを振り返ってみてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

自分を信頼できる分野のことだけに取り組み 今までのザル行動を振り返る

理論上は一つのことだけに打ち込み徹底性も追求されています

理論と実践のギャップをどこまで埋めていくかが課題になりますよね

 

 

07

● 時間のムダづかいに自分で気付く

・ 時間のムダづかいになる行動を書き尽くす

 

秒単位での生活を意識すると秒単位での時間感覚が身に付きます

これからはヒマやスキを衝くビジネスがどんどん増えると感じています

秒単位で時間をムダづかいしていると感じることを書き出してみてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

知らないうちに持っていかれているのが自分の持ち時間

時間泥棒!と言えるうちはいいのですが犯人が分からないのも困りものです

 

「 時間泥棒の犯人が自分だったなんて・・・ 」

早く認めてしまえばラクになりますが これでは文章がチョット違う流れに 

 

 

08

● 過去整理はお済みですか?

・ 必要であれば過去の出来事を全部書き出して要・不要に分けて昇華する

 

過ぎ去らせるから過去なのですが過去に絡みつかれていませんよね?

整理するから済んだことになり過ぎ去ったことになります

書き出して 目の前に落として いる・いらないに分けてスッキリさせてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

一度きりでいいので 過去をすべて整理してみる

それだけで整理した時点までの回顧(懐古)がすべて完了します

懐かしい好い記憶を呼び起こして 好い自分を編集していきましょう

 

 

09

● 失敗してどんどん学習する

・ 失敗も1つの手順と考えてとらわれ過ぎない

 

失敗するから修正という学習ができます

修正をし続けた結果 素晴らしいものが仕上がります

どこにたどり着くか分からない楽しい冒険を繰り返しませんか?

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

動く前から結果らしきものが書いてあるヘンな時代になりました

三次元のはずなのに二次元を信じてしまう情報過多な錯誤な風潮ですね

イタイ目に遭わないと学習しない/高い授業料という言葉は死語なのでしょうか?

 

 

10

● 挑戦記録をつける

・ 新しいことに挑戦し続けて過去を遠い記憶にする

 

 

過ぎ去らせるから過去ですが古い挑戦も苦い記憶も過去ですよね

どんどん新しいことに挑戦するとどんどん今が塗り替えられていきます

完全に忘れてしまわないよう要所だけは記録帳をつくって記帳し続けてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

挑戦・チャレンジ 結果を気にしない 好い言葉だと思いませんか?

リスクを取った上で 責任を持つことができれば 何度でも失敗可能です

時間を掛ければ器用さも速度も必要としない視点転換もしてみてくださいね

 

 

11

● 流される構造をつかみに行く

・ 誘惑に流されるときの気持ちを先回りして原因を突き止める

 

誘惑に流される理由を考え先回りして封じ込めていきます

流される後悔を先に書き尽くして理解してしまうと納得がいきます

「 楽しい気分転換の間延び・・・ 」 うん 切ないかも

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

がんばる・あそぶ を 完全に切り分けると理論上流されなくなります

どうしても・・・の場合は 予定をズラして予定を上書きすると片付きます

たとえ流されたとしても 流された後 遅れを取り返す気持ちで締め直してください

 

 

12

● やさぐれを卒業して分かること

・ やさぐれても本末転倒生活しかできないのでクサらない

 

「 やさぐれ 」 が 「 やさぐれ 」をさらに引き起こします

元に戻すには 気付いた時点で元に戻すきっかけをつかむことです

本末転倒を感じた時点で元に戻す計画を練り直してください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

やさぐれた気持ちを持ち続けることが「どうなのかなぁ・・・」と感じます

行動自体は大したことだったとしても 大したことでもなかったりしません?

『 やさぐれをやめると することがなくなってしまった 』 元に戻ってきてね

 

 

13

● 気分転換のための単純作業

・ 雑念が生じたときは単純な課題をこなすことに切り換える

 

課題の中心に単純作業を据えてしまうと飽きたときに行き詰まります

煮詰まって 息が詰まって 本当に退屈になり 何もしたくなくなります 

気分転換のために単純作業を後送りして取っておいてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

大きく時間を使う取り組みは考えるのが面倒ですし結論がなかなか出ません

見た目に分かりやすい単純作業は取り組みやすく飽きやすいです

順番を逆にするだけで効率が意外とよくなるのは分かっているんですけどね

 

 

14

● 成果は通過点ですよね?

・ 成果につなげた後の行動も始めてしまう

 

成果の先も常に考えておくと次の行動がしやすくなります

これが完了したら次はこれをしてと段取りを先取りしていきます

一極集中して行き詰まったときに完全にクサらない予防策を先に講じてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

同時進行というわけではなく気分転換しながら併行作業に組み上げていく

結果的に何本も同時進行できていたら理想的な取り組みだと思いませんか?

「やってみたらできた!」を少しずつ積み上げる練習をしてみてくださいね

 

 

15

● 行動してナンボですよね?

・ 自分を変える行動を少しずつ増やしていく

 

まず変わることに慣れてみて 大丈夫そうなら次の段階へ進む

変わることに慣れてから別の行動を増やしていくと小さい負荷で済みます

大変な事態になっているのに気付かないまま大きく変わるとキツイですよね

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

大変な一年は大きく変わった一年だからと言われ この言葉が心に沁みました

大きく変わったのだからタイヘンだったね 「 あ そっか 」 と 後で気付く

変わっていなさそうで 徐々にしぶとくなっているのも 誇らしいと思いませんか?

 

 

16

● 気分転換時間を敢えてつくる

・ 時間を決めて気分転換する

 

気分転換の時間まで決めておくと毎日にメリハリが付きます

余白として残してもいいという気持ちの余裕を事前につくっておきます

ズルダラではない自由時間を自由に決めると気持ちを垂れ流さずに済みます

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

計画的に生きることは機械のようでイヤな感じもしますが無計画よりも充実します

無計画に生きてやさぐれ続けると出口も入口もどこが何だか分からなくなります

「そうは言っても・・・ 」を繰り返してた人が言うのだから説得力ありません?

 

 

17

● 平坦ペースを崩さない

・ 必要以上に気張らず平坦ペースで続ける

 

「 努力・忍耐・根性 」と 力んでも気張りすぎても意味がありません

見た目に変化がないように見せるのが無理のない自然体の変化行動です

周りから見て腹が立つほどマイペースで淡々と取り組みを続けてみませんか?

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

何一つ変わっていないように見せていて いつの間にか成長している

空いていたスキマ時間でしか変化行動していない背景が事実としてあります

波風立てずにフェードアウトできる(意味が違う)のが利点です

 

 

18

● 3段階で調整整理

・ カンタンにできる・できる・できないと課題整理する

 

課題のレベルを事前に分けておくとその後がラクになります

カンタンにできることをして 次にできることを片付けます

できないことをもう一度分解するとできるようになっているかもしれません

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

課題を片付けていくうちにできないことのできない理由が見えたりします

そのできない理由が見えると対処の仕方も徐々に分かってきます

手付かずの課題がその時点である程度仕上がっている進歩にも気付けます

 

 

19

● 期限整理はできていますか?

・ 課題を細かくして期限を決めておく

 

課題を細かくして小課題にも細かく期限を設定していきます

期限をつくると守らないといけないという気持ちが入っていきます

予定日数・予定日・期限を次々と設定してみてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

元々なかったものの枠組みがどんどん仕上がっていきます

枠組みをつくってしまうと あとは こなすだけになります

つくるとこなすの間に小休止を入れることを忘れないでくださいね

 

 

20

● 単位は一課題で一単位です

・ 目標を細かく砕いて一課題一単位と数値化して積み上げる

 

優先順位を決めて並べ替えて一課題ずつ順番にこなしていきます

カンタン・できる・できない できないを分解してできることを増やす

遠い目標も砕いていくと ただの積み上げていく課題の羅列に変化します

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

ガントチャートを知っている方なら「なるほどねー」と感じると思います

「 工程管理が目標管理と進捗管理に置き換わっただけなのね 」 です

人のややこしいところは感情があるから ということなのかもしれないですね

 

 

21

● 勇気ある人を徹底考察する

・ 勇気ある人はどのような人かをイメージしてどんどんマネしてみる

 

勇気がある人とない人の違いを考えて書き出してみる

分からないからとりあえず両方イメージして書き出してみます

違いが分かるとマネする部分としてはいけない部分が浮き上がります

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

恐怖心を超えることが課題になることが増えてきます

勇気とマヒが必要になるという別次元での機械のような感覚・・・

後ろめたくない取り組みなら どんどん前に出ていけますよね

 

 

22

● 別人になる気で取り組む

・ なりたい人の性格を演じて慣れてみることを続ける

 

日常生活をプレゼンのように変わった後の自分をどんどん演じてみる

なろうとしてなっているのだから そのうちムリはなくなります

できるかできないかはやってみないと分からないですよね?

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

できる・できない・やる・やらない どれが正解なのでしょう?

できる・できないは事前の判断 やる・やらないは事前の決断

単語ひとつで行動する・しないが浮き上がるのも怖いものですね

 

 

23

● 後ろを向き過ぎない

・ 前に出ることだけを意識する

 

過去整理を済ませて昇華していると後ろ暗いものはありません

後ろには見る必要がないものしか残っていないと割り切れます

マイナスがないことだけを再確認してゴーサインを出してください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

失うものは何もない と 勘違いではなく前向きに考える

仕組みに元々無理がないのだから 残るのは少しの恥ずかしさだけです

その恥ずかしいを超えていくのがなかなかの難所なんですけどね

 

 

24

● 毎日目標をガン見してますか?

・ 達成したい目標を毎日目に見えるように大きく書いて貼り出す

 

目標を大きく書いて貼り出して引っ込みがつかないようにします

どこをどう見てもそれが目につく毎日を過ごすことになります

書いた本人だからこそ やらないといけないと感じてしまいます

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

よく大きく貼り出しているスローガンは誰のためにあるのでしょう?

書いた人に(だけ)最も影響を及ぼすのなら意味をなすのでしょうか

「響かないのは自分が書いてないからか・・・」と妙に納得しません?

 

 

25

● 目標に大差勝ちしませんか?

・ 手を抜かず目標を大きく上回る成果を出すつもりで取り組む

 

目標を超えた上積みを乗せる考え方に入れ換えます

惜しくても足りていないことには変わりはありません

ゴール設定の見積もりが低くなっていないかどうか見直してください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

「(気付かないうちにラクをしようとしているかもしれない…)」

振り返ってみないと本当に気付けないのかもしれません

ついつい逃げ腰になってしまっていることがらを思い返してみてください

 

 

26

● 手抜きという特有のクセ

・ 惜しいのではなく手を抜いていないか再確認する

 

 

できる人ほど手を抜かず繊細に行動していると思い込んでみる

細部の徹底性やこだわりを見て自分との違いを考えてみます

「 こんなもんでいっか 」はどんなものなのでしょう?

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

惜しい人ほど残念な人で惜し過ぎる人は残念過ぎる人

そう言われると腹が立つかもしれないですが念が残り過ぎません?

達成に近すぎる未達成の人ほど求められる次元が高いかもしれないです

 

 

27

● 意思が弱いと認めましょう

・ 意思が弱いことを認めてその上で策を練る

 

 

意思が弱いからこそ周到に計画を立てて行動に励まないといけません

意思が弱いから先に全部決めて計画に管理してもらいその通りに動いてます

意思が弱いことを逆利用するために意思が弱いと認めると気が軽くなります

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

意思が強い人が羨ましいと(何もせずに)ずっと思っていました

対策を思い付いて計画を書き出して行動すると近付くことができます

何かしようと思い立ったらヘタでもダメでもやってみるものですよね

 

 

28

● 温泉気分を捨てる!

・ 詰めが甘くなる理由を書き尽くす

 

詰めが甘いのは『はじめが甘いから』なのかもしれません

惜しい認識を持つのはタメがあるという自己認識からかもしれないです

はじめのタメの余裕が引き起こす温泉気分でふやけてませんよね?

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

惜し過ぎる人卒業法ではなく温泉気分卒業法と書く・・・

刺さり過ぎる正論のために「( 合ってるけど なんか腹立つわ )」

ボクも書いてみてようやく気付きました 『 はじめが甘い 』とは…

 

 

29

● 変わりたくない人ですよね?

・ 奮起したくない変わりたくない本当の気持ちを書き出してみる

 

奮起したくないのは 自分で自分を奮い立たせないといけないから

変わりたくないのは 自分を今までと違うところに持って行くから

一気に奮い立たせて 一気に違うところに行こうと思わないでください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

本当は変わりたくないでも変わらないといけない だからつらい

大きく変わると大変 少しだけ変わるならタイヘンさも少しだけです

変わることも勇気の必要な作業 劇的に変わる劇変は何が必要なのでしょう

 

 

30

● 行動したくなることをしてますか?

・ 行動できないのではなく行動しないホンネを知ってみる

 

行動したくなることを書き出して行動したくなることを次々に実行する

それでも行動できない場合は行動したくない理由が潜んでいるかもしれません

行動したくなる書き出しリストの中の行動しないホンネをさぐってください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

突き詰めると「(ホントはこんなことしたくない…)」が入っていた

ホントはこんなことしたくない・・・が 行動しないホンネです

絶大な自信と好きだけを寸暇で詰め込む純度の高いもの(でしたよね?)

 

 

31

● 間延びをすべて取り除く

・ 間延び行動を書き出して整理する

 

間合いを全部詰めて余白をなくすために間延び行動を書き出します

計画や課題に慣れて余裕が生じたのでスキマ時間が生じているかもしれません

遊べる余裕は進捗の証ですがその余裕をもう一度振り分けてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

余裕を楽しみ後々に後悔と大きな念が残る惜し過ぎて残念過ぎる人

元々の能力が高く気付かないうちにスキマがどんどんできているかもしれません

能力が高い激辛な人になること(そして畏怖されること)の恐怖心を捨てましょう

 

 

32

● 全行動を記録してみる

・ 1週間分の全行動を書き出す

 

全行動を書き出すと記録できることだけしかやらないようになります

1週間続けると日常生活での自分自身の行動記録帳が出来上がります

予定と行動を記録する見える化で誤差と背信行動を浮き上がらせてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

レコーディングダイエットという言葉はどこへ行ったのでしょう?

食べたものを全部記録する 全部書いちゃえ! やめて何でも食べちゃえ!

ここが性格のわかれめで結果のわかれめだとしたら…ボクはやらないかも

 

 

33

● 自己管理はホントに難しい

・ 思い切って徹底管理してもらう

 

重要なところは他人に厳しく管理してもらうと決める

自分で自分を管理して統制し続けるのは至難の業です

成果のために覚悟を他人と共有するのも一つの方法と考えてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

「誰か管理してくれー」と思い「じゃあ管理してもらおう!」とはならない

自分の成果のためだけに他人に自分のイヤな部分を打ち明け晒し出すなんて…

それでも思い切って徹底管理してもらうから最高の成果が出るんですけどね

 

 

34

● 何を頼り どれを頼りますか?

・ 頼るべき人と事柄を決めておく

 

自分ですべてをやろうとするから てんやわんやで立ち往生してしまいます

何を頼りどれを頼る 誰を頼りどれを人に任せて託すのかを練り込んでください

自分ですべてをやろうとしないと思えばラクになりませんか?

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

他人を信用しないのではなく自分の能力を超えている人を信頼してお任せする

自分の能力を超えた成果を出すと信じて頼って時間をお借りしてその対価を払う

疑心暗鬼で埋め尽くされるとそういった発想も出ないのか…と過去の自分に後悔

 

 

35

● 理解者を1人ずつ増やしていく

・ 新しいことに取り組んでいることの理解者を一人つくる

 

対面でアウトプットするための相手をさがし続けて理解してもらう

理解者が居るのと居ないとではその後がまったく変わってきます

数を増やすのもキツイことには間違いないですが0と1では大違いです

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

自分がしていることや生き方を誰も理解してくれない・・・

認める気がない理解する気がない人に理解や承認を求めてませんよね?

自分も狭量の世界に居たとしたら周囲も無理解で不承認の狭量ですよね

 

 

36

● 人間関係をどんどん一新する

・ 自分が変わった後の人間関係づくりを重視する

 

 

どんどん人に会って人間関係まで一新するつもりで取り組む

今までが狭量だったかもしれないので寛大で器の大きい人と話すようにする

今の自分と合わない違和感があってもどんどん続けてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

「(自分と合わない違和感は自分自身が硬直化していたから?)」

人間関係が硬直化するとある意味コミュニケーションも硬直化するの?

真逆の行動をすると硬直が解けて頭も心も柔軟になっていくのでしょうね

 

 

37

● やめないことしかしない

・ 軽い気持ちでその代わりやめないつもりで取り組む

 

やらないことを全部捨ててしまうとやることしか残りません

長続きさせるための軽い気持ち やめないための分厚い気持ち

やめないつもりで軽い気持ちで取り組めるものを考えてみてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

10年以上続けているものはなぜ10年以上続いているのでしょう?

気合満々の入り口ではなく少しの興味が好きになって持続していた

自然体の取り組みは必死になってさがした後に見つかるかもしれませんね

 

 

38

● 変えるのは生き方そのものですか?

・ 中途半端な生き方とサヨナラして生き方をまるごと変えるつもりで取り組む

 

中途半端を全部捨てると宙ぶらりんの対象がなくなり心身ともに軽くなります

残ったものは絶大な自信の根元 何も残らなければこれからつくればいいだけです

中途半端にしておきたくないものだけを残す作業を定期的に実践しましょう

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

心中という穏やかではない言葉を使うと中途半端を超えられます

中途半端を超えるために一心不乱に打ち込みたいものではゆるく…

心中してもいいと思える打ち込む対象はないですか?

 

 

39

● 自分自身の殻は堅固です

・ 自分が閉じこもる殻をつくる原因を時間を掛けて解体する

 

自分を守りたい理由をどこまでも書き出してみると気付きます

殻をかたくすればするほど誰も突き破ろうと近寄ってこなくなります

護りが堅いということは攻め(責め)にも弱いということなんですよね?

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

どこにでも居ます みんなそう! みんな変わりたくないの

弱いから鎧や警固が必要ですが…攻めている人は強いのですか?

守っている余裕さえなくて突き進むしかないだけなのかもしれませんよ

 

 

40

● なぜグジグジするのでしょう?

・ グチる自分の原因を考えて向き合ってみる

 

今のままでいいけどそれはイヤだと愚痴を言う

変われない自分を誰かの責任にしたいと愚痴を言う

どうにかして変わる糸口をさがしていると視点を変えてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

甘えたいから意味はないけどグジグジしたい

「 よし! がんばろ!! 」の前のただのモジモジです

「 誰か背中を蹴ってください! 」とは言えないですからね

 

 

41

● 自分を好きになるための方法

・ 自分を好きになるための行動をどんどん書き出す

 

どうすれば自分を好きになれますか?

今の自分を好きになることから始めると自分を好きになれませんか?

紙と筆記具があればいくらでも自分が好きになれますよ

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

書くだけで自分がどんどん好きになれるのに書かないなんてもったいない

見えてしまうのがイヤならPCや携帯のメモ帳に書くと代用できます

自分をどんどん好きになることをめんどくさいとは言わないでくださいね

 

 

42

● めんどくさいという大きな壁

・ めんどくさいの先を信じて手をつける

 

めんどくさいは案外手こずらないですがめんどくさいですよね

先が長いし細かいし出口が見えないしすぐ終わらないですが…

本当は「めんどくさいことになったなぁ」という気持ちが大半です

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

先が長いなら分けて細かいなら枠で囲って出口を見つけて終わらせる

「ハイ 完了!」「もう 何!!」「あーもうめんどくさい!!!」

 

『やりたくないんでしょ?(やるなと言えず)』『(ウンとも言えず)』

めんどくさいことって 誰かが勝手にやってくれたらいいのにね・・・

 

 

43

● ヒマですよ!と連呼してみる

・ 忙しいと言うのをやめる

 

ヒマだと言えるほど忙しくするとイヤでも時間整理できるようになります

片付けることに慣れるから片付けることがどんどんうまくなるのと同じです

不慣れから片付かない忙しいと言ってしまう自分を呑み込んでしまいましょう

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

忙しいけど ヒマなんです( そっか じゃあ仕事を振ろう )

ヒマですけど 忙しいです( そっか じゃあそっとしておこう )

心をなくしてますけどヒマです/ヒマで心をなくしています ( なるほど )

 

 

44

● 描かないからイメージできない

・ 納得がいく理想の生き方図面を一度描いてみる

 

一気に理想図面に仕上げず一度描いてから理想図に修正していきます

理想を語れ 寝言は寝て言え 描いてみてもどうせ納得がいかない

描かせない人は無視して自分のために一度描き上げてみてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

デザインということばが嫌いなんです( 絵が残念至極過ぎる )

ヘタでいい 何度でも修正していい はじめはみんなヘタだった

と言ってくれず 何で学校の先生は絵を一面に貼り出すのかなぁ・・・

 

 

45

● 考えないから何も前に進まない

・ 自分自身が自信を持って満足できる気持ちと状況を考える

 

前に進むためだけに頭を働かせると後ろを振り向かなくて済みます

「どうなれば満足できる自分を信頼できる状況?」が常に乗せる課題です

満足だけを考えてジャマをされても余計なことをすべてカットしてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

満足が最終ゴールでやさぐれ(気持ちがクサる)が最大のジャマだとします

ジャマをされても生き直すのは満足だけを考えて余計なことを全消去となります

やさぐれも含めてどうせジャマは入ると達観しながら前に進み続けてください

 

 

46

● 変わりたいのか変わるのか

・ 変わりたいのか変わるのかをハッキリさせる

 

ハッキリ言い切れないから変われない!と断言されて困りませんか?

変わるんでしょ?と強制されて成果まで強要されると根元から折れます

ハッキリ言い切る人になるとハッキリした『いい顔立ち』になります(!?)

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

「あなたのためを想って」「(おまえのために変わるんちゃうし・・・)」

「頑張るって言ったのに」「(おねがいしたのは そっちでしょ・・・)」

人心操作が入ると偽りのコミュニケーション術に変わってしまうのでしょうか?

 

 

47

● 自分のためのノルマをつくる

・ どうしても達成したい事柄を一つ決める

 

一つだけ決めてみるそして決めたことを必ず守るために最善を尽くす

決めたのだから必ず達成して約束は守ってくださいとは言いません

どうしても達成したいことがらを一つだけ決めてみてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

白黒つけるのが大好きな人に約束を守れ!と言われるのは苦痛です

白黒理論の間にあるグレーゾーンはどこまでなのでしょう?

限りなく白に近いグレー(何もしてないやん!)でなければ・・・よし?

 

 

48

● 堂々と宣言できることをしてますか?

・ たとえ失敗しても自信を失わない取り組みごとと向き合う

 

実現困難なものや前例のない事象 誰もが挑戦して散ったもの

達成までに幾多のノウハウや知識の集積が自分だけの成果として残ります

自信を失わない結果によらない挑戦価値があるものを見つけてください

 

 

【 ちょこっと編集後記 】

実現困難を達成 前例をつくる 価値あるものに挑戦し続ける

結果がすべてな世相は過程にある知識集積に目を向けていないからです

即断で切り落とすという勘違いがこれから増えていくかもしれないですね