【 単勝馬券で利益構築-勝ち続けるための利益計画書 】

単勝馬券で利益構築-勝ち続けるための利益計画書 <序文>

 

 

この計画書には、勝ち馬の定義から購入のポイント、

そして、計画的に勝ちを積み上げて収支を安定・上昇させるための資金計画が収められています。

 

まず、第1に・・・

なぜ、単勝馬券なのかですよね?

 

競馬の大原則に則っている馬券だからです。

 

大原則?

 

競馬は、「勝ち馬」を中心に回っています。

これに逆らって馬券を購入しても苦労するだけです。

 

ごく自然に当たり前のように購入して的中する。

「単勝」とは、そのような馬券です。

ほかの式別も存在していますが、慣れていくと「単勝」で的中させることが最もカンタンになります。

 

読みに妥協が入った時点で「不的中」になるという最も分かりやすい式別の馬券だからです。

そして、的中率がそのまま自分の実力になります。

 

この「単勝」馬券を主体におくことにより、

勝つことは何かということを徐々に知っていただきたいのです。

 

「単勝」馬券は的中しないものと思われがちですよね?

実際に私もそう思っていました。

 

狙って的中させるまで、多少の時間・期間を要しました。

どこをどう狙っていいのかまったく分からないのです。

 

そこで、その「どこをどう狙えばいいのか?」を詳しく解説し、

できるだけ分かりやすい文章に仕上げたのがこの計画書です。

 

難しいことは書いていません。

オカルト・出目等の根拠の薄いものではないです。

多点購入というリスクの高いものでもありません。

 

単勝=1点購入という固定観念を利用しています。

 

<読み切れないときは購入しない>という、

正しい「馬」の選択の仕方を身に付けるための方法を書いています。

 

小手先のテクニックではなく、

しっかりこの計画書の中に書いてあることを身に付けると

勝ち続けることができるようになります。

 

・勝つことができなくて、手持ちの資金がいつも消えてなくなってしまう。

・たまに勝つことがあっても、安定性がなく結果的に収支がマイナスになってしまっている。

・プラスマイナスゼロあたりの収支で、馬券で遊ぶことはできてもいま一つお金が増えていない。

 

そんな方々のために、勝つためのスタイルを身に付けていただいて、

少しでもお役に立てればという想いで書き上げています。

 

・「単勝」馬券的中という<答え>は、購入前にすべて出ています。

・前日までにすべての作業が終わります。

・すべての作業は、出馬表さえあればしっかり確認できます。

 

第2に・・・

勝ち続けるためには、「視点」をずらすことが必要です。

ずれた視点を矯正すると述べたほうが正しいのかもしれません。

 

<「負け組」の視点>

的中しない、回収できない。

的中しないために購入点数を増やす。

2頭以上選択。(連での購入)

資金計画を持っていない。

自分の的中率を把握できない。(把握していない)

レースを読んでいない。

オッズ(お金)を中心に予想をしていて、「馬」を中心に考えていない。

購入するすべての馬券が的中すると考えている。

 

<「勝ち組」の視点>

勝負馬券は的中させる。

購入点数は常に一定。(1点購入)

1頭選択。(単勝・複勝)

しっかりとした資金計画・購入計画を持っている。

自分の的中率を知っての上で算段して回収の計画を立てている。

「馬」をきっちり診て、レースを読み切ってから金額設定・式別選択をする。

外れたときのことを事前に頭に入れておいて「その後」のことまで考えている。

 

どこが違いましたか?

そして、どこの部分が欠落していましたか?

 

普通に勝ちたい方は、サラッと読んで実践するだけで大丈夫です。

今までの「負け組」からは脱出できます。

チョイ勝ちのところにいる人もこの1冊を読み込んでいただくだけで十分です。

 

 

「ここまで書いて大丈夫なの?」と思われました?

大丈夫です。

 

実際、ある程度の技術が身に付けば、

馬券を的中させることなんてカンタンなことです。

そうですよね?

 

「的中」させることと「資金を殖やす」ことは、まったくの別物だからです。

 

第3に・・・

「資金を殖やす」ためにどうすればいいのかですよね?

 

購入前に事前に計画を立てればいいのです。

それだけ?

 

それだけです。それだけでいいのですが、どのレベルで計画を立てればいいのかにかかってきます。

 

ここがしっかりしていないと、勝ち続けて利益を積み上げることができないからです。

カンタンなことですが、なかなか実践できません。

 

ホントにカンタンです。

このカンタンなことに「気付いて」それを「実行」するだけでいいのです。

 

「コマ」の上げ下げ

という言葉のカラクリを使うのですが・・・

 

この「コマ」の上げ下げという言葉を

ご存じの方も多いと思いますが、意識してできないですよね?

 

この概念をひっくり返せばいいのです。

どうひっくり返せばいいのかですよね?

 

受け取る額を一定にすればいいのです。

こうすると、自動的に賭ける額が変動します。

 

これが「コマ」の上げ下げという作業の一例です。

このことに「気付く」か「気付かない」かです。

 

詳しくは資金管理のところで後述します。



● 的中脳鍛錬 ●
【 単勝馬券で利益構築 - 勝ち続けるための利益計画書 】
もくじ 序文  01-04  05-13  14-20  21-30  31-40  41-47  48-50  51-60
付録1  付録2  付録3  最終章