キャリアコンサルタント オフ会メイキング

◎ キャリコン休憩処 ◎

 

【 キーワード 】 少人数 濃厚 つながる

 

 

 

( 方向性 )

 

 

 満足感をおみやげに持参し 満足感をおみやげに帰路につく

 毎回絶対参加したくなる未来のキャリア教育実践者のための成長し続けるオフ会

 

 

 純度を上げるために取って置きを初めから拡散して

 行動実践主義に変わるため 気軽に理想郷を共有しながら

 四名・六名での持ち回り形式にして 大切な人を呼び大切な人と参加する

 

 

 各自のイチオシ店での二次会で 他士業の方も呼べる会に発展

 

 

 

● 少人数 濃厚 つながる

● 満足持参で満足をおみやげにとっておきを毎回共有

● 未来のキャリア教育実践オフ会

( 二次会は各自のイチオシ店で )

● 四名・六名での持ち回り形式

● 他士業の方も呼べる会に発展

 

 

 

( 想い )

 

 

・ 参加しなかった人が絶対に後悔するオフ会をつくりたい

 

 

・ キャリア教育に関心があるキャリア・コンサルタントに来てほしい

 

 

なんかいいね! と感じた方は ご一報を

ご連絡をお待ちしております

 

 

 ( 想いの詳細 )

 

 

・ オフ会をしたことがない

・ 昼の部/夜の部も決めていない

・ 日取りと時間が決まらない

・ 参加者が決まらない

・ 何を話していいか分からない

 

・ 存在を知られていない

・ 参加者ゼロだったらどうしようと考えて行動できない

・ 不要な人が来たらどうしようと考えている

・ オフ会なのに敷居が高いと感じられたらと考えている

・ 仕切れるかどうか不安

 

・ その後を考えられない

・ 役に立たないかも?とよぎる

・ 粗相が心配

・ 当日の采配を危惧

・ 議題がなく沈黙が続かないか心配

 

・ 当日のキャンセルが気掛かり

・ 誰やねん!で拡散しない

・ 想定した人だけを集めたい

・ 来てよかったと思って欲しい

・ 自分だけが話す展開にならないようにしたい

 

・ ワークショップも練り込みたい

・ 2回・3回と続けていきたい

・ 有資格者以外への報告会も実践したい

・ プチオフ会を随時折り込むようにしたい

・ 少人数で濃い話をしたい

 

・ 敷居を高くしてそれでも入りやすくしたい

・ 講義形式のようなことはしたくない

・ 個々のつながりを大切にする人で集まって欲しい

・ 時間を損したとは言って欲しくない

・ この日を境に真剣に取り組む人が増えてほしい

 

○ 絶対参加したくなる要素を入れ込みたい

○ 前に進みたい想いを共有する会にしたい

○ あくまでこの場は非営利にする

○ 四名会プラス六名館プラスのようなこじんまりでもいい

○ 参加者各自が持ち回りで仕切れるようになってほしい

 

○ 行動したいのにできない人が『変わる』を主題にする会にしたい

○ 「想い+行動実践」が主題になるようにしたい

○ カジュアルとフォーマルの中間会にしたい

○ 毎回参加したくなる完成度にしたい

○ 純度を上げたい

 

● どうしても連れてきたい人と一緒に来てもいい会にする

● 「取って置き」を初めから拡散する会にする

● 各自がイチオシのお気に入りのお店で二次会(夜の部)を行う会をしたい

● 行動主義に入れ替わるきっかけをつくりたい

● 理想や目指すことを打ち明ける会にしたい

 

● プレッシャーのない達成報告会にしたい

● 気軽さはなくしたくない

● 成長した自分自身が参加時・帰宅時のおみやげになる会をしたい

● 実践者たちのキャリア相談会に仕上げたい

● 他士業の方も呼べる会に仕上げたい

 

 

 

 

とっておきの相互共有で 特濃につながる

静かなキャリア教育実践者たちの理想郷実現化報告会

 

 

 

  ひつじなキャリア教育実践者たちの特濃とっておき報告会

  - 特濃ひつじ会 -

 

 

【 根回し 】

01 つくってきた過程と言葉をまとめておく

02 議題とテーマ、話したいことを先に練り込んでおく

03 オフ会前に議題公表して興味を集めておく

04 つなげたい人をつなげるために参加してほしい人を考えておく

05 昼の部、夜の部ともに気心の知れた人に事前に参加承諾を得ておく

 

06 参加承諾を得た日取りと時間で予定を決めておく

07 誘致者、参加想定者が抱えるどうしても話したい、訊いてみたいことを事前に聴取

08 プレオフ会を用意して話す内容を整理する

09 イチオシの店、どうしても行ってみたい店を決めておく

10 ごく少数でのお茶会を知り合いを交えて公開で行ってみる

 

11 どうしても来たい人への門戸はいつでも開けておく

12 誘われていなくても来た人は歓待!というような一文を告知文に入れる

13 行動支援家として自らも実践者の誇りを持ってもらう

 

 

【 日常行動 】

14 存在を知られていない状態の時期には顔見知りを増やす活動をする

15 常に自分を知ってもらい興味を持ってもらえるように振る舞う

16 個別で濃い話を積み重ねておく

 

 

【 事前の心得 】

17 参加者ゼロが予見されるときはオフ会をしようとも考えない

18 機が熟した時でないと開会しない

19 四名で1度目、六名で2度目の仕切りをつくり練り込み直す

20 肩書きや表面上の威光のみで招待しようとしない

21 次を用意した状況で実践する

22 まき散らすような勧誘はしない

 

 

【 企画 】

23 自分が絶対参加したくなる会を練り込んで仕上げてまとめてみる

24 報告会の概略とアウトラインを公開して詳細のツメは報告会として行う

25 仮の式次第を作成しておいて進行調整する

26 議題を元に自由に話すディベート形式をとる

 

 

【 区分け 】

27 クローズなオフ会と目的を持たないオープンなオフ会に分ける

 

 

【 当日 】

28 信頼のおける方を同伴可能にする

29 役回りは幹事であくまで黒子として我を消すことに徹する

30 あくまで司会進行役に徹する

31 つかみのためのミニワークショップで和んでもらう

32 基本はオフ会で進行が心配であれば議題を提供する

 

33 相互講義形式を最低限とする

34 個々のつながりをおすそ分けする会にする

35 自然に行動主義に入れ替わるよう進行する

36 成長報告と成長共有を主題にして義務感は背負わせない

37 理想郷や目指す先を遠慮なく打ち明けられる雰囲気をつくる

 

38 前に進みたい想いを打ち明けてもらう

39 とっておきの構図・構想をもったいぶらずに拡散する

40 何かを達成して報告したい時だけ報告する

41 心理系の人に売り込む覚悟を決めて売り込んでもらう

42 次回の日取りを当日公表して先約を取っておく

 

43 小さな行動約束をして解散することを恒例化する

44 この日を境に始めてみたいことが見つかったか毎回訊いてみる

45 有料で実際に目標を預かる

 

 

【 事後の心得 】

46 議題を預かることで十分と心得ておく

47 役に立ってもらうことがゴールで、役に立たなくてもオフ会と割り切る

48 地味で静かなオフ会を継続させる

49 定例会化して受け入れ体制をつくる

50 キャリア発で他士業を巻き込むように仕上げる

51 最終目標は実践者たちのキャリア相談会に仕上げる