絶縁恐怖の晴らし方 フリーターの親学-11.

 突っ張り続けると疲れると理解して適度に息抜きしているか観察する

 

 

 

「 毎日 自分の居場所のことでしんどい? 」

「 たまには 息抜きしたら? 」

 

 

 こんなこと言われたら ひっくり返ります

 

 

「( あー 先回りされてるよなぁ ・ ・ ・ )」

「( 分かってもらえてる でも どうしよう ・ ・ ・ )」

 

 

 やさぐれるしかないから やさぐれるのですが

 そればかりにならないように 観察もしてください

 

 

「 家は あなたのココロの居場所です でも奮起してね 」

「 親が 奮起することを信じなくて どうするのよねー 」

 

 

 逃げて コッソリ うろたえるかもしれません

 会話をしてくれなくなるかもしれません

 

 

自分が向き合えていないことに 理解が追いつかなくて

どう感情を表していいか分からず 反発するかもしれません

 

 

 それでも 許してあげてください

 

 

親だからとは言いません 親らしくとも言いません

( あなたの器を大きくするきっかけ と 感じ取ってください )

 

 

「 どれだけ やさぐれてもいい でも 戻ってきてね 」

「 親に向かって は 突っ張らなくていいよ 」

 

 

 無意識で 世の中に対して 十二分に突っ張って

 全力を超える毎日を過ごしています

 

 

それを理解してあげてくださいね

 

 

 

【 編集後記 】

 

 

書いていて 書きながら号泣しそうになりました

 

 

「( あのとき 言って欲しかった ・ ・ ・ )」

 

 

そこまで つらかったのか ・ ・ ・ と 思い出しました

 

 

 本人が 甘えてるわけではないのに

 ストイックにならないと打ち勝てない 超・合理化抑制社会

 

 

親世代・それ以前の世代が 見て見ぬフリをし続けたから

我が子の世代に ツケが回ってきたんです

 

 

 

 責任を取ってあげないとね

 

 

 

絶縁恐怖の晴らし方 フリーターの親学-12.

 就職活動心配日記というタイトルで個人日記をつけておく

 

 

 

「 ホントに 迷惑です 」

 

 

あなたの心配は 直接相手に伝えず

どこにも知らないところに 吐き出してください

 

 

 ホントに 我が子が 生き方に迷って 戸惑っています

 そこに 火やら油を注いで どうなるのでしょう?

 

 

 『 クヨクヨするのは 家でやれ 』

 

 

これは 20年くらい前に 知り合いに言われて

いまだに 忘れられない言葉です

 

 

 ずっと家に居て抱え込んでいると

 今日こそ 言ってやろう! が どんどん膨らんできます

 

 

『 他人が言っても 何も変わらない 』

( 耳を澄ます余裕がないのに 言ってもねー )

 

 

 できたら 外で共有してほしいなぁ

( フリーターの親 連合会 みたいなの ない? )

 

 

 別に 案がなくても いいんです

 

 

親としての気持ちを 分かってもらえるだけで

今までの息苦しさから 解放されると思いませんか?

 

 

 一気解決が迷惑だったら 徐々に・・・しかないし

 相手のペースに合わせないと 相手を壊してしまいます

 

 

『 私のペースに 合わせてくれる人 』

( そんなこと 言ってた時代 ありませんでした? )

 

 

 なんで我が子に そんなことをしないといけないの?

( 迷惑・・・じゃなくて 迷って 惑っているからです )

 

 

どこに行くにも うろたえて 生き場を失っている

( 行き場じゃないです 生きる場所です )

 

 

 そんな人に 自分の心配を全部ぶつけたら

 何度 考えても 壊れるとしか言いようが ・ ・ ・

 

 

見られてもいいように わざとらしく

我が子の心配日記 と 銘打ってもいいかも?

( 読ませる前提 が あざとい? )

 

 

 

【 編集後記 】

 

 

 

「 あんな人 やめといたら? 」

「 何を知っていて そんなこと 言ってるの? 」

 

 

 1対1で 本人だけにしか見せない 素顔

 

 

コレがねー 冷静な判断力を失わせるんですよね

 

 

 

絶縁恐怖の晴らし方 フリーターの親学-13.

 向き合わないから精神的に疲れる

 

 

 

「 ホントに 我が子の未来と 向き合ってます? 」

 

 

我が子の未来と 向き合ってるつもり の

私の気持ち を 押し付けていませんか?

 

 

 だから 向き合ってくれないんです

( 厳しすぎましたか? )

 

 

向き合っても 相手に逃げられるから 苦しいですけど

自分自身は向き合ってるから 後ろめたさはないですよね?

 

 

『 何をされても受け入れる と ハラをくくる 』

( ホントに 何が飛んでくるか 分かりません )

 

 

 コレが原因で毛嫌いされると ホントに泣きたくなります

( ホンネ・本気で 毛嫌いなのかが 分からないから )

 

 

未来が決まれば 昇華できるのに してくれない ・ ・ ・

折れていることを認めているのに 折れてくれない ・ ・ ・

( 向き合うのが怖いのは お互い同じでしょ? )

 

 

 怖いの反対語はないし 怖いの先も コワいし・・・

 

 

悪いようには しないと言っても

悪いようにしか ならない気がしてならない

 

 

「( 親の意のままの就職先しか 認めてもらえない )」

 

 

そんなことを考えていなかったとしても

そんなことになってしまった場合 一生 恨まれます

 

 

「( 自分の未来を 親に操作された ・ ・ ・ )」

 

 

 悪いようには ならないにしても 良いようには ならない

 

 

「 何が どうイヤなの?! もどかしい !! 」

( 自分の未来に 他人の想いを 乗せたくないだけ )

 

 

 乗せようなんて 思ってないのに ・ ・ ・

( でも 勝手に乗っちゃうんです 訊かれたら )

 

 

「 どんな生き方を して欲しいと 思ってるの? 」

「 あなたの幸せを一番に考えてほしい それだけ 」

 

 

 

間違っても 具体的な意見を言ってはいけないですよ

( アレ や ドコ や とか 言わないでね )

 

 

 

【 編集後記 】

 

 

 

 意見を聞きたくなくても 聞いて従ってしまいます

 聞いておかないと 怖いから ・ ・ ・

 

 

  怖いの先 は もっとコワいから

 

 

 もっともっと イヤなこと が 起きる ・ ・ ・

 もっともっと イヤなこと を 言われる ・ ・ ・

 

 

 自立してほしいのに 依存させようとしている

 自律してほしいのに 何も できなくしている

 

 

 あなたがラクになると あなた以外が苦しみます

( こう言われると 何も言わないのが正解? )

 

 

 

絶縁恐怖の晴らし方 フリーターの親学-14.

 個人の生計上で最重要なことを世相が軽々と飛ばしたと気付く

 

 

 

「 なんで こんなことにも 気付けないの? 」

「 お金がない と 働けないでしょ? 」

 

 

 活動資金をあなたが奪い取っています

 

 

 労働するための意欲 労働するための時間 

 コレを得るためのお金と時間を奪い取っています

 

 

モメることで・・・ 感情をぶつけることで・・・

 

 

『 なってほしくない肩書きに 我が子がなっている 』

『 どうにかしてほしい ( 私の気持ちを・・・ )』

 

 

 そして 我が子の意欲を奪い取ります

「 どうにかしなさいよ! あなたのことでしょ? 」

「 何でもいいから 就職してくれない? 」

 

 

「 今日 何 食べたい? 」「 何でもいい 」

「 何がいいか 聞いてるの!? 」 「 もう いい! 」

 

 

 ごはん と 就職 が いっしょ?

( イイものを つくってあげる気は なくなりますよね? )

 

 

 活動するためには 時間とお金と気持ち が 必要です

( 活発に動くために いちばん必要なものは ナニ? )

 

 

 社会が 親子の気持ちを奪ってしまって

 親が 子の気持ちを奪ってしまって

 ・ ・ ・ そこから話が始まっています

 

 

「 気持ちを取り返す方 が 先なんじゃない? 」

( 誰の? 親自身が自分の気持ちを取り戻すことでしょ )

 

 

 一般論 が 各家庭に通じるものなのでしょうか?

 

 

 『 ウチ は ウチ! ヨソ は ヨソ! 』

( 都合のいいときだけ 使っていませんよね? )

 

 

 自信がなくなると安心を求めて 普通の家庭と同じような

 生き方をしてほしいと思い 不安を投げ隠そうとする

 

 

 世相( 世の中そのもの )に安全を飛ばされているのに

 いまさら 我が子に 親としての安心を求めても ・ ・ ・

 

 

 我が子は 屋根がない空間で過ごしています

 雨が降っても 槍が降っても 護ってくれません

 その状況で 親は子に 護ってくれと言います

 

 

  居なくなりたい ・ ・ ・

 

 

 活発に動く力 を 与えなければならないのに

 消えて居なくなりたい と 思わせてしまっています

 

 

  どうすれば活力を与えられると思いますか?

 

 

 

【 編集後記 】

 

 

 オトコが絡むと オンナは 執念深くなる

( 男にとって こういうことって 新鮮です )

 

 

 目の当たりにすると 露骨でエグいと感じますが

 ・ ・ ・ 巻き込まれると 精神的にエグられます

 

 

 嫉妬で 話がどんどん変わっていき

 事実でないことが 事実とすり替わっていく

 

 

 こころがない人 が こころがある人 を 傷つけ

 こころがある人 が 心苦しくなり 締め付けられていく

 

 

 ・ ・ ・ こころがある人 が 消えてしまう

 

 

『 あの子は あの人に ふさわしくない 』

( どこの ダレの どの口が 言っている? )

 

 

 

絶縁恐怖の晴らし方 フリーターの親学-15.

 親が諦めの入り口で感情論を噴出させている

 

 

 

『 あきらめる 踏ん張る どうしよう ・ ・ ・ 』

( だいぶ あきらめる寄りなんですけど ・ ・ ・ )

 

 

「 これから どうするの? 」

「( 監視下で 踏ん張る自信ないなぁ ・ ・ ・ )」

 

 

「 聞いてる? 」「 うん ・ ・ ・ 」

「 どうするの? 」「( こんなのムリ・・・ )」

 

 

『 踏ん張りたいのに 踏ん張りが利かない 』

( ムリ もうダメ 誰も助けてくれない ・ ・ ・ )

 

 

 敵が敵で 味方も敵に見えてきて・・・

( もう 誰も信じられない! そっとしておいて )

 

 

「 どうしたの? 」「( 空気 読めよ! )」

( おかしいな 味方が来たはずなんだけど・・・ )

 

 

 脱線気味に 始めてみましたが

 何のことか 分からないですよね?

 

 

 生き直しを 考えようとして あきらめて

 生き直しを 考えたくて あきらめて

 生き直しを 考えることを あきらめて

 

 

 『 何があっても 諦めさせないよ !!! 』

( 我が子に 全力で 惚れ直しなさいよ !!! )

 

 

 あきらめの入り口で 感情論を噴出させたら

 その入り口に 入ってしまう と 思いません?

( 怖いし 逃げたいし そこに 穴があるから )

 

 

 『 執念ないの? あなたの子ですよ 』

( 放っておくと 怖がって 逃げて入っていきます )

 

 

 生き直すことより 遥かに あなたが怖いんです

 生き直すことより あなたの方が 怖いんです

( 二回 書きましたけど 何回でも書きたい )

 

 

 就職させたい想い は 必要ないです!

 生き直しをさせる 執念が 必要なんです

( 想いなんて 重いだけで 届かないでしょ )

 

 

 何があっても あなたの味方です!

 執念を持って あなたを 生き直させます!

 私の子だから・・・

 

 

  想うだけじゃ届かないので 言ってくださいね

 

 

 

【 編集後記 】

 

 

「 どうするの? 」「 どうしたの? 」

言われたい言葉 は どちらだと思いますか?

 

 

『 あなたが言われたい言葉は どちらですか? 』

 

 

 相手の感情を噴出させないといけない

 こんなことも 忘れちゃってるのよねー

 

 

 

絶縁恐怖の晴らし方 フリーターの親学-16.

 低賃金長時間労働のシステムを熟知して、話の続きからを話題の入り口にする

 

 

 

「 親にもジャマされない 自分の時間 持ってる? 」

「 多分 親が 就職のジャマしてるような気がする 」

 

 

 『 私が毒親なのか 親毒を持っているかもしれない 』

 

 

 ぜんぜん違っていたとしても

 我が子は ビックリした反応をすると思います

 

 

「( そうじゃない そうじゃないんだけど・・・ )」

「( どう 気持ちと生き方を立て直したいか分からない )」

 

 

「 気持ちと生き方の立て直し方が分からないの? 」

「 ジャマはしないけど ジャマだったら言って 」

 

 

「( ジャマとかじゃなくて 何も言い返せない ) 」

「( 泣くか困るかしかできないから 何も言うな! ) 」

 

 

「 親を相手に突っ張らなくていいからね 」

「 泣くな!! とか 言わないからさ 」

 

 

「( 優しくされたら 逃げ出したくなる・・・ ) 」

「( 逆ギレしたい・・・ ぶち壊したい・・・ ) 」

 

 

「 キレていいよ でも 受け止められなかったらゴメン 」

「 でも 全部受け止める気でいるし 親だから 頑張る 」

 

 

「( もうムリ 壊される ・ ・ ・ )」

「 壊れていいよ ナイショにしておくから 」

 

 

 お父さんには ナイショですよ

 

 

 

【 編集後記 】

 

 

 優しくされたら 溶けますか?

「 溶けるーーー 」( いくつだよ! )

 

 

「 溶けたあと 何もできなくなるけど? 」

「 もう どうなってもいい! 」( どうか冷静に )

 

 

 『 息子は 最後の恋人 』

 

 

 うーん ・ ・ ・ 胃袋をつかんで

 溶かしてしまえば 自立できなくなるし

 できることなら息子に 溶かされたいんだけど・・・

 

 

 

絶縁恐怖の晴らし方 フリーターの親学-17.

 我が子がしっかりしているほど基幹化フリーターとして入り込むことを知っておく

 

 

 

 我が子が 残酷なくらい 低賃金長時間労働で

 基幹化フリーターとして こき使われてます

 

 

「 仕事ができる人って 都合よく使いたいよねー 」

「 だって 安くて 美味しいんだもん 」

( 語弊ありありの表現ですが 間違ってないですよね )

 

 

『 なぜ 長時間労働を断らないのか? 』

『 限りなく 黒に近い グレーだからです 』

( グレーゾーンって ものすごーく 広く大きい )

 

 

『 なぜ 辞めないのか? 』『 少数精鋭だからです 』

( 非正規労働者なのに? バイト・パートなのに? )

 

 

 同じところで働く人に気を遣って 辞められない

「 私が辞めると もう一人がしんどいから ・ ・ ・ 」

「 でもね リストラされたら 強制的に 一人減るよ 」

 

 

『 逃げたもん勝ち なのよねー 』

( まじめで働く人ほど 他人のことを考えて 逃げない )

 

 

 うーん ・ ・ ・

 まじめに働かない人ほど 他人のことを考えない?

 

 

 『 まじめに 働く 非正規社員 』

 『 まじめに 働かない 正規社員 』

 

 

 

前置き長いなぁ・・・ では 本題 !

 

 

 

「 忙しすぎる会社で 働いてない? 」

「 自分のために 働いてるかもしれないけど 」

「 もっと奮起するために 何をしたらいいと思う? 」

 

 

「 え? まだ 頑張らないといけないの? 」

「 努力の方向性が おかしくない? 」

 

 

「 まじめにしっかり働くことが いいことじゃないの? 」

「 悪いことじゃないけど いいことなの? 」

 

 

「 日常生活が 何もできなくなる 時間割でしょ? 」

「 非正規労働という仕組みに 括り付けられてるけど 」

 

 

「 磔( はりつけ )に 遭ってるけどいいの? 」

「 そこまで ヒドイこと言う? 」

 

 

「 親が遠慮なく言わないと ダレが言うの? 」

「 組み込まれて そこで生きていくしか なくなるよ 」

 

 

「 えーーー どうやって 逃げたらいいの? 」

「 じっくり準備してから 辞める! 」

 

 

「 逃げろ逃げろー 仕組みから逃げろー 」

「 自分自身からは 逃げるなよ! 」

 

 

「 今 クギ刺した? 」「 うん バッチリ 」

「 自分自身から逃げるのが 一番後悔するからね 」

 

 

「 後悔のすべてを 公開するっての どう? 」

「 おもろないわ!! 」

 

 

「 でも 後悔を全暴露されたら 本気にならない? 」

「 うーん 逃げも隠れも できなくなるかも? 」

 

 

「 何に 後悔してる? 」「 うわーー 」

「 ハイハイ 共有しますよ 」

 

 

 

 親としての後悔を まず先に吐いてね

 

 

 

【 編集後記 】

 

 

 口説きの全容を全暴露される

 うわさをすべて ぶちまけられ 仲間と共有化

 

 

  ・ ・ ・ コレって あり? なし?

 

 

 

絶縁恐怖の晴らし方 フリーターの親学-18.

 何年も同じところで居続けさせる仕組みであることを理解しておく

 

 

 

「 ウチの子は大丈夫! しっかりしてるから 」

「 しっかりしてるから 頼りにされて 縛られるんです 」

 

 

「 居心地って そんなにイイの? 」

「 仕事ができて 後輩ばかりで 悪いことって ある? 」

 

 

「 うーん 社員との関係性は? 」

「 そんなの 長年居たら いろいろ見抜けるでしょ 」

 

 

「 人のクセと社員のクセね ・ ・ ・ 」

「 勘所を分かってくれてたら どちらも使いやすいでしょ 」

 

 

 『 アホは 華麗に スルー 』

( コレ 本文に関係ないですね )

 

 

 ところで 出られない理由って 何だと思います?

 

 

「 低賃金長時間労働で 自分の時間を持てない 」

「 自分の時間を最大利用する人が 周りにいない 」

「 自分だけ頑張って 抜け駆けしようと思っていない 」

 

 

「 抜け駆けするための時間が長すぎて 折れてしまう 」

( たぶん コレかなぁ・・・ )

 

 

 『 親が焦って 壊すから 』『 子が 自滅するから 』

 

 

「 再起は 数年から 十年以上かかりますよ 」

「 ウソでしょ? 」「 ウソですよ 」

 

 

「 なんで そんなこと 言ったんですか? 」

「 そのくらいの気持ちを 持っていないからです 」

 

 

「 人の再起についてを ナメているからです 」

「 本気で我が子を 再起させようと してないからです 」

 

 

 同じところに 何年を居させる仕組みから

 引きずり出して 放り投げる力をつけてください

 

 

『 できる できないではなく そういう仕組みです 』

 

 

 現場潜入すると分かります

 自信がない環境に どんどん感化されます

 

 

『 自信を失わせる仕組みに 浸からせる環境 』

「( あー もうここから 出られないや )」

 

 

 我が子をこの環境から出すために

 自信を回復させるのですが どうします?

 

 

 

【 編集後記 】

 

 

 あきらめた恋 あります?

 

 

 過去でもいいし 今でもいいです

( え? 今でもいいの? )

 

 

 なんで あきらめたですか?

 なんで あきらめるのですか?

 

 

「 もう いいの・・・ 」「 よくないよ! 」

「 もういいって! 」「 よくないって! 」

 

 

「 もう・・・ 」( なんだコレ? )

 

 

 ジャマをされても ギリギリまで粘った?

 後悔しないくらい 踏ん張った?

 最善策を考え尽くして 実行した?

 

 

 みっともなくても やり切ってみると

 同じことを繰り返さなくて 済む気がしません?

 

 

 

絶縁恐怖の晴らし方 フリーターの親学-19.

 話し合うのではなく時給労働生活のストレスを吐き出してもらう

 

 

 

「 時給労働のストレスって ナニ? 」

 

 

『 あなたの意見は必要ないです 聞くだけです 』

 

 

 仕事のつもりで 本気で やってください

 意見をすることは 甘えていることになります

( 甘えた仕事をすることは できませんよね? )

 

 

 事情聴取でもありません

 ただただ 優しく 接してあげてください

 

 

 これまでの 信頼関係がなければ

 そこまでのことは できないですよね?

 

 

『 そういう接し方 を してきてましたよね? 』

( 自信を持って 信頼関係があると言えます? )

 

 

 そうでなければ 親が 甘えていたことになります

( あなたが 我が子に 甘えていたことになります )

 

 

『 育て方 が 間違っていたのでしょうか? 』

 

 

 接し方が 間違っていただけだと思います

 

 

「 我が子のために 厳しくしていただけなのに 」

「 我が子のために ・・・ 我が子の・・・ 」

( ホント? 自分のためだったでしょ? )

 

 

『 育て方 が 間違っていたのでしょうか? 』

 

 

 そんなことないよ と 言って欲しい 言われたい

 間違っていたと言われても 激怒しますよね?

 

 

 子育てを 終わらせようとしていますよね?

( 親子の関係性は 一生涯 続くのに )

 

 

 育て方が 合っている 間違っている ではなく

 接し方が 合っている 間違っている と 思いません?

 

 

『 親子だから 一生涯 接しますよね? 』

 

 

 このあたりの自覚を間違えると 学卒時点で

 「 終わったー 」「 ホッとしたー 」 となれず

 自分勝手に 感情が どんどん あふれてきます

 

 

 「 何なの この子? 」( あなたの子 )

 「 もう この子の生き方 そのものがストレス 」

 

 

 『 あなたの意見 は 必要ないです 』

 

 

 「 私に対して ストレスって ある? 」

 このくらいのことを訊くだけの 器にならないとね

 

 

 

【 編集後記 】

 

 

 

 ガラスの信頼関係で 人の相談に乗るなんて

 あり得ませんよね?

 

 

 相談するフリをして

 ビックリした内容は すべてをまき散らす

 

 

 人を傷つけて 平気なのではなく

 ビックリしすぎて 自分では収めきれず

 

 

 みんなで共有した後 事の大きさに気づき

 後悔しても もう戻れなくなる ・ ・ ・

 

 

 

 『 そして 私は 貝になります 』

( 初めから 何も言わなければ 何もないのに )

 

 

 

絶縁恐怖の晴らし方 フリーターの親学-20.

 わざわざ話はしなくていい

 

 

 

『 見守るだけでは不満ですか? 』

( 不満ではなく 不安なんですよね? )

 

 

 十分に分かっていますけど 何を話す必要があるのですか?

 何を話しても 今すぐ 解決できないですよね?

 

 

『 話せば話すほど こじれます 』

 

 

 無言で いいわけではないですけど

 黙っているしかないなら 見守るしかない

 

 

 ものすごーく しんどいです

 つらいです 苦しいです 悶絶します

 

 

 こらえ切れず 口から 出てきそうですけど

 何度も何度も 呑み込んでください

( 最後の最後に 爆発したら ダメですよ )

 

 

「 なんで? なんでそこまで我慢しないとダメなの? 」

「 あなたの人生 では ないからです 」

 

 

「 大事な 大事な 私の子なのに? 」

「 本当に 大事に 大切に してましたか? 」

 

 

「 なんで 他人のあなたに そんなことを! 」

「 ぶつけるところがなくて こちらにぶつけないで 」

 

 

『 それなら 代わってあげてください 』

『 我が子の立場・気持ちで 考えてください 』

( どれだけ キツいか 分かりますか? )

 

 

 本当に なった立場で 考え尽してください

 話なんて したくないんですよ

( 話したところで 余計 つらくなるだけ )

 

 

「 どうしたらいいのよ!! 」

「 話をしたらいいんです  」

 

 

「 わざわざ 話さなくていい わざわざ 」

「 どういうこと? 」「 話をしてほしい 」

 

 

『 あなたと 話がしたいの ・ ・ ・ 』

 

 

 コレが 我が子に言うフレーズ?

 こんなの 口が裂けても言えないわ

 

 

『 あなたを 年上の彼女のつもりで見守ってます 』

( コレも 口が裂けても 言えないなぁ )

 

 

 どう? 息子が最後の恋人なんでしょ?

 それなら ホントに そのつもりになってみたら?

 

 

 つらくて 何も言えないと思います

 親だから言ってしまうけど 夫だったら・・・言う?

 

 

『 夫ではなく 好きな人には 言える? 』

( それで嫌われて 絶縁って イヤでしょ? )

 

 

 このくらい 気を遣って欲しいなぁ・・・

 

 

 

【 編集後記 】

 

 

 女性がチラ見を終わるころ

 それに気づいた男性が顔を上げる

 

 

 「 ? 」

 

 

 そして 別のチラ見の女性と目が合う

 その女性を オトコが ガン見 ・ ・ ・

 

 

 チラ見の応酬 ・・・ その答えで 合ってる?